ウェルネスセンター


ウェルネスセンターのご紹介

【センター長あいさつ】
ウェルネスセンターは、2016年度の準備期間を経て2017年4月に正式発足しました。
既存の健康相談室・学生相談室・学生寮を、センターが統括すると同時に連携を深め、学生及び教職員の心身の健康の維持・増進と、ご家庭から離れて学業に取り組む学生の生活を支えるとともに、特別な教育的ニーズを抱える学生への対応を拡充していきます。
その結果として、本学の教育活動におけるダイバーシティの幅を広げ、それを支える業務の質を高めていくことを主な目的としています。
今後、特別な支援や配慮を要する学生に対し、本センターが主体的にまた専門的に対応すると同時に、各学部学科及び各事務部門と連携しながら、日常的な学習・研究及び学生生活を円滑にし、学業成就を図るための施策を構築していく所存です。
本センターに関しまして、皆様の益々のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。
白百合女子大学 ウェルネスセンター長 宮下孝広
(※人間総合学部長 教授)

【ウェルネスセンターの役割】
ウェルネスセンター(※以下センター)は、全学生及び全教職員のこころと体の健康を司り、本学の建学の精神であるカトリック教育理念に基づき、全ての人に生き生きと本学での生活を送ってもらうため、人間の尊厳を守り、支援や配慮が必要な人に対し適切な支援体制を整えることがセンターの最も大きな役割と考えています。
センターは統括組織として機能し、それ以外の組織は、その役割により、健康相談室、学生相談室、学生寮という3つの組織に分かれています。
センターは、全教職員や全学生に対する研修会をはじめとした全学に関わること、規程・規約の整備といったインフラ整備を主な活動としていると同時に、健康相談室と学生相談室の情報を集約し、各学科のアドヴァイザー教員との連携窓口として機能しています。常にきめ細かな情報連携を心がけ、充実した学生サポートを行っていきます。
健康相談室は、学生の定期健康診断とそのフォローを中心とした体への対応を司ります。2018年度からは予防医学事業や初等教育学科と連携した救命救急講習会の充実といった新しい事業にも取り組んでいきます。
学生相談室は、臨床心理士による相談業務やそのフォローといったこころの問題への対応を司ります。センターやアドヴァイザー教員を含めた情報連携により、これまで以上にきめ細やかな支援・配慮体制の構築に取り組んでいきます。
学生寮では、1人暮らしをする学生への生活支援をしています。恒久的な施設の維持管理施策や独自イベントなど、充実した学生サービスの提供はもちろんのこと、規程や規約の遵守や、共同生活でのルールを通じた社会教育を実施する場として、本学の教育理念でもある、知性と感性との調和のとれた女性の育成をめざします。

健康相談室のページはこちら     学生相談室のページはこちら    学生寮のページはこちら

Page Top