学びの内容

発達心理学専攻

長きに渡る歴史と実績

本専攻では、乳幼児期から児童期、青年期、成人期、老年期にわたる人間の心と行動を、生涯発達的および比較文化的視点、また臨床的観点から研究・指導しています。
修士課程(2年)・博士課程(3年)で、高度な研究能力と専門的職業能力の育成をめざしています。 とくに発達臨床の実践的・教育的フィールドとして、発達臨床センターが設置されており、理論的実証的な研究を基礎に、さまざまな障害の相談・診断・治療教育・親のカウンセリングなどに実績をあげています。
院生は臨床実習の場としてセンターの活動に参加します。また生涯発達研究教育センターは生涯発達心理学に関する基礎研究の拠点として設置され、活発に研究交流および実践活動が行われています。院生もセンターの活動に参加することを通して、発達心理学研究・実践の方法を身につけることが期待されています。

「臨床心理士」「臨床発達心理士」資格に対応し専門家を育成

修士課程は「発達心理学コース」と「発達臨床心理学コース」の2コース制となっています。
「発達臨床心理学コース」は日本臨床心理士資格認定協会より第一種大学院の指定を受けている臨床心理学に特化したコースです。修士課程修了と同時に臨床心理士受験資格が得られます。
「発達心理学コース」は研究ばかりでなく発達臨床の実習の機会も与えられており、臨床発達心理士などの受験資格が得られるようなカリキュラムが組まれております。 修士課程での学習・研究を博士課程でさらに深め、学位を取得して大学や短大で教育・研究職として活躍している卒業生が数多く出ています。
なお、上智大学、聖心女子大学、清泉女子大学、日本女子大学などと心理学関係の講義の単位互換制度も整っており、さらに幅広く学ぶこともできます。

教育研究上の目的

【修士課程】

発達心理学専攻(修士課程)は、人間の生涯にわたる心と行動の発達とその臨床的な対応について、発達心理学および発達臨床心理学の立場から専門的に研究・教育を行い、専門的な知識、理論および技能を備え、他の領域の専門家とも連携しつつ幅広い分野で発達支援を行うことのできる人材の養成を目的とする。

【博士(後期)課程】

発達心理学専攻(博士課程)は、人間の生涯にわたる心と行動の発達とその臨床的な対応について、発達心理学および発達臨床心理学の立場から専門的に研究・教育を行い、高度に専門的な知識、理論および技能を備え、他の領域の専門家とも連携しつつ幅広い分野で発達支援を行うことができる人材、またこの領域に関する理論と知識の創生に寄与しうる人材の養成を目的とする。

入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)

【修士課程】

発達心理学および発達臨床心理学に関する研究・教育の場や、発達臨床または発達支援の現場において、専門的な活動をすることを望む人で、学士課程レベルの心理学および発達心理学の知識や理論を学習し、心理学研究の基本的な方法を習得した人を求めます。

【博士(後期)課程】

発達心理学および発達臨床心理学に関する研究・教育に従事することを望む人や、発達臨床または発達支援の現場において高度の専門的力量を活かして活動をすることを望む人で、修士課程レベルの心理学および発達心理学の知識や理論を修得し、心理学研究の方法によって論文を作成した経験を持つ人を求めます。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

【修士課程】

発達心理学・発達障害および臨床心理学、さらには隣接諸領域に関する専門的な理論や知識、また研究方法や臨床的な技能を身につけるために、発達心理学を中心に心理学および臨床心理学の各領域にわたる講義科目・演習科目を設置するとともに、付属の発達臨床センターや学外の医療機関・学校等における実習科目を開設している。加えて、生涯発達研究教育センターが開催する研究会に参加することを求め、学内外の研究者の研究発表と討論の場に参加して学ぶ機会を設けている。
これらの学修の集大成として修士論文研究を課しているが、「修士論文指導」科目において指導教員から「論文審査基準」について指導を受けつつ研究を進めるとともに、その成果を「修士論文(中間)発表会」で口頭発表したり、『発達臨床センター紀要』・『生涯発達心理学研究(生涯発達研究教育センター紀要)』に投稿したりすることを通じて、研究発表の仕方についても学ぶことを期している。

【博士(後期)課程】

「研究指導」科目においては、「論文審査基準」に掲げる各項目の内容に沿って指導教員とともに検討しながら、博士論文作成の過程を進めていく。あわせてこの科目では、国内外での学会発表におけるポスターや発表原稿の作成、口頭発表の行い方、ジャーナル・ペーパーの作成、そして最新の研究動向の把握など、研究者として必要な資質の育成も期している。
「心理学実験観察指導法」科目では、将来教育職に就く可能性を見通して、学部学生を対象として心理学の方法(実験法・調査法等の研究方法全般、データ分析と心理統計、レポート作成と発表)を指導する経験を通じて、この面での力量形成を期している。
さらに、必要に応じて修士課程科目を履修することを認めており、研究を発展させる上での知識基盤の拡充を図る。
本専攻のカリキュラムではないが、他の研究機関等でのプロジェクトへの参加や臨床現場での実務経験、非常勤講師の経験などを通じて、研究者・臨床家・教育者としての実践的な力量形成を図ることも奨励している。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

1.学生が修了時に身につけておくべき能力=教育目標、学修・研究目標

発達心理学専攻は、教育研究上の目的を達成するために、学生が修了する時点において、修士課程・博士課程のそれぞれの教育・研究の深まりに応じて、以下のような力を身につけることを教育目標および学修・研究目標として定める。これらの力を身につけ、課程修了の要件を満たした者に、それぞれ修士(心理学)、博士(心理学)の学位を授与する。

  1. 発達心理学および発達臨床心理学に関する専門的な理論や知識、技能を修得し、自らの研究関心に応じて必要なデータを収集・分析するための方法を身につけ、そこから得られた知見を専門的な論文によって発表することができること。
  2. 発達支援に関する社会的な要請を理解し、実践の場において、または研究の場において、専門的な貢献ができること。
  3. 発達心理学および発達臨床心理学、さらには隣接する諸領域の研究動向に関心を持ち、新たな学問的あるいは現実的問題に対応できる柔軟な姿勢を持つこと。

2.論文審査基準

以上の目標を達成するために展開される教育活動および学修・研究活動の成果として提出される修士論文・博士論文については、以下の基準によって評価される。

【修士論文】

  1. 発達心理学または発達臨床心理学の研究における学術的寄与、および知見の社会的意義
  2. 研究テーマの学問的意義の適切性
  3. 先行研究のレビューの適切性
  4. 研究方法の適切性
  5. 収集されたデータの質および量と、その分析の適切性
  6. 論文の構成の適切性
  7. 論旨の明確性と一貫性
  8. 文章の表現・表記や、図表等の書式の適切性
  9. 研究の倫理的適切性

【博士論文】

  1. 発達心理学または発達臨床心理学の研究における高度の学術的寄与、および知見の社会的意義と具体的な貢献の可能性
  2. 研究テーマの学問的意義の適切性
  3. 先行研究のレビューの適切性
  4. 研究方法の適切性
  5. 収集されたデータの質および量と、その分析の適切性
  6. 論文の構成の適切性
  7. 論旨の明確性と一貫性
  8. 文章の表現・表記や、図表等の書式の適切性
  9. 研究の倫理的適切性
Page Top