学びの内容

スズキ タダシ

鈴木 忠 教授

専門分野

認知心理学の視点から、人間の思考、知識、イメージとその発達的変化を研究しています。現在は高齢期の加齢変化の研究に力をいれています。また、子どもの絵とその発達的変化にも関心があり、幼児の描いたさまざまな絵を集めたり実験をしたりしています。

自己紹介・学生へのメッセージ

大学時代の学部は教育学部、大学院も教育学研究科でした。学部生の頃は、心理学をどこかうさんくさいものと感じて敬遠していましたが、大学院で指導をうけた先生や先輩に認知心理学や発達心理学を専門にしている人たちがいて、気がついたら心理学を専門にしていました。はじめは違和感があったにもかかわらずそれほど無理なく心理学の道に進んだのは、当時から関心のあった子どもの絵を、心理学の研究として扱えることを知ったからです。子どもの絵は、かわいいという以上に、一つ一つがとてもユニークで面白いものです。大人は、いくら子どものように描こうとしても、あのような突き抜けた感じの奔放な絵になりません。どこか整った、いわゆるヘタウマの絵にしかならないのです。そういった子どもの絵独特の面白さを、実験や観察によって学問的にアプローチできることを知り、心理学はけっこう懐(ふところ)が深くて面白いと思うようになりました。現在は、高齢期の認知的加齢研究とともに、子どもの絵の発達を、芸術的視点を取り入れて(アール・ブリュット/アウトサイダー・アートを勉強しながら)まとめています。
ところで、ひとつ問題。下にある子どもの絵は、何人の子どもが描いたものでしょうか。(答は本ページ「経歴」欄)
 

子どもの絵

大学院生のときに幼児の空間認知の発達で博士論文を書き、学位を得ました。それと前後してドイツのマックスプランク研究所に留学し、ポール・バルテスのグループで生涯発達心理学を学びました。生涯発達心理学では、発達の可塑性(学習可能性)を明らかにすることが重要なテーマです。単に子どもから高齢者まで長いスパンで発達をみればよいというわけではなく、さまざまな時期を通して人間がどれだけ「変わり得るか」を明らかにしようとします。可塑性が特に問題になるのは人生後半——高齢期です。高齢期の認知研究は脳科学と強く結びついて、世界的にとてもホットな研究分野なのですが、日本ではもう一つ活発でないようです。若い世代の人たちには、子どもの発達だけでなく、ぜひ加齢研究に関心をもってほしいと思います。

担当科目
■人間総合学部 発達心理学科
発達心理学基礎演習A
発達心理学基礎演習B
発達心理学概論B
心理学実験観察演習Ⅰ

大学院文学研究科 発達心理学専攻
認知心理学特論
心理学実験観察指導法B
 
担当科目の内容
■人間総合学部 発達心理学科
◇発達心理学概論B◇
 
発達心理学は、かつては乳幼児心理学、児童心理学、青年心理学、老年心理学などと各発達段階に分かれて研究されていた。それに対して、さまざまな発達時期を貫く発達の原理を探求することが必要であるとして成立したのが生涯発達心理学である。人間の発達を乳幼児期から老年期に至るまで、成人期以降に重きをおきながら、人間がどのように発達し歳をとっていくのかについて基本的な考え方(方法論)と重要な知見(研究成果)を学ぶ。
 
■大学院文学研究科 発達心理学専攻
◇認知心理学特論◇
本年度の授業は、認知の生涯発達についての英語文献を読むことと、A.クラークの認知科学論の翻訳書を読むことの二本立てとする。前者はLifespan cognition:Mechanisms of change (E.Bialyistok&F.I.M.Craik,Eds.)である。次の欄に紹介するように、認知心理学の11の基礎領域について、子どもの発達の研究者と成人期および高齢期の加齢研究者とが、それぞれレビューをした論集である。受講者の多くは子どもの発達の方がなじみが深いと推測するが、同じ領域の加齢研究でどのような知見が蓄積されているかを知ることは、生涯発達および認知発達のプロセスへの理解を深めるだろう。2つ目のテキストは『現れる存在:脳と身体と世界の再統合』(A.クラーク著)である。(原書はBeing there:Putting brain, body, and world together again, MIT Press, 1997)。「身体化された認知」、環境やモノの世界へと「拡張された心」という新しい認知へのアプローチが生まれつつあるが、著者のクラークはその第一人者である。訳書を味読しながら、新しい認知科学の枠組みを理解する。
 
業績
■おもな著書・論文
•「美術教育」『児童心理学の進歩』(2000年版、日本児童研究所編、金子書房)所収
子どもの描画の発達をレビューしたものです。頭足画が発達心理学にとっていかに興味深いテーマかなどについて論じました。
•『生涯発達のダイナミクス:知の多様性 生きかたの可塑性』(東京大学出版会、2008年)
生涯発達の研究は高齢化社会にあって非常に重要であるにもかかわらず、生涯発達心理学のきちんとしたレビューは日本ではなされてきませんでした。生涯発達の原理として「可塑性」を掲げ検討することが生涯発達心理学の中心的テーマであり、脳科学や進化生物学などとつながる接点です。知能、熟達化、実践的知識、感情、記憶、英知などの研究を詳細にレビューしました。
•「自己を越える/現実を越える:アイデンティティー概念再考」(生涯発達心理学研究第1号、2009)
エリクソンの発達論に足場をおきながら、従来の発達論(特に人生後半)の代案となる見方を探るべく、心理学外の概念——T.W.アドルノやE.W.サイードの晩年性(lateness)、詩人ジョン・キーツの「何者でもなくいられる力(negative capability)」——に光をあてて議論をしました。 
•「<希望>の原理と生涯発達:E.ブロッホとE.H.エリクソンをもとに」(白百合女子大学研究紀要第46号、2010)
上と同じ問題意識から、エルンスト・ブロッホの希望哲学に拠りながら、子どものファンタジーと生涯発達について議論しました。
•「遊び(ファンタジー)と幼児の発達:E.H.エリクソンの発達論とV.G.ベイリーの教育実践から」(生涯発達心理学研究3号、2011)
エリクソンの遊び心(playfulness)や儀式化(ritualization)の概念を用いながら、アメリカの幼稚園教師ペイリーの実践を分析し、ファンタジーと発達の関係について論じました。
•「生涯発達」高橋惠子・湯川良三、安藤寿康、秋山弘子(編)『発達科学入門.第1巻 理論と方法』(東京大学出版会、2012年)
•「生涯発達心理学の考え方:発達の可塑性」日本発達心理学会(編)『発達科学ハンドブック.第1巻 発達心理学と隣接領域の理論・方法論』(新曜社、2013年)
•『生涯発達とライフサイクル』(西平直と共著、東京大学出版会、2014年)
 E.H.エリクソンの理論を共通の土俵にしながら、心理学の歴史を文脈主義の観点から捉え直し、発達研究に関する基本概念(危機やジェネラティヴィティ)とともに、今後関係するであろう新しい概念(晩年性、何者でもなくいられる力、希望)について論じました。
 
『生涯発達心理学:認知・対人関係・自己から読み解く』(飯牟礼悦子・滝口のぞみと共著 有斐閣、2016年)
生涯を見通して発達と加齢を理解するための枠組みを示しながら初学者向けに解説したテキスト。
 
 
 
経歴
(問題の答は「ひとり」。ひとりの子どもが3歳から5歳までに描いた絵です。1・2が3歳,3・4が4歳,5が5歳。)
Page Top