ホーム > 白百合の魅力 > 人間総合学部 発達心理学科
 

白百合の魅力

人間総合学部 発達心理学科

受験生のみなさん、こんにちは!

今回は発達心理学科についてお伝えしようと思います。

 

みなさんは心理学と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?

カウンセラーや心理テストなどを思い浮かべる方が多いかと思います。

中学校や高校では学ぶ機会がほとんどない学問ですので、勉強としてイメージすることは少し難しいかもしれませんね。

 

発達心理学科では、人の生涯における「心」の変化について学びます。

発達心理学を中心に専門性を高めるための理論についてはもちろん、臨床心理学、認知心理学、人格心理学、社会心理学、教育心理学など幅広い分野を学ぶことで、社会における「人」について理解していきます。

心の問題にも向き合うことができ、多様性への理解や支援についても学ぶことができます。

 

また、カウンセリングの現場で実際に使われている実験器具を用いて自分たちで分析をする授業もあります。

さまざまな実験や活動を通して、自分自身についての理解を深めることができるのも魅力の一つかもしれません。

 

演習の授業では、心理学のあらゆる分野に特化した先生方の授業を受けることができます。

授業といっても高校までの形式とは大きく異なり、15人前後という少人数での授業です。

話し合いのような和やかな雰囲気の中で、意見交換をしながらより専門的な知識を得ることができます。

 

 

私は、人の「心」に寄り添えるようになりたいと思い、入学を決めました。

大学は自分が知っている分野を深めるだけでなく、自分が知らなかった新たな分野への入り口にもなる場所です。

自分のしたい勉強や挑戦したいことをよく考えて、受験に挑んでくださいね。

みなさんと白百合女子大学で会えることを心から楽しみにしています。