ホーム > 白百合の魅力 > 文学部 国語国文学科
 

白百合の魅力

文学部 国語国文学科

何百人と入りそうな大きな教室に行き、90分間先生の講義を受ける。

高校生の私の大学の授業のイメージといえばこのような感じでした。

 

でも、先生のお話で気になった点や、直接質問したい点はどうすれば良いのでしょう。

質問になんて行ける雰囲気ではないのでは?そもそも大学は質問なんてしないの?と不安に思ったのを覚えています。

 

白百合では、1年次から少人数クラスの授業が始まります。

その人数は1クラス20人前後。

私にとっては高校の時よりも少ない人数でした。


授業後でも気になったことや質問には答えていただけて、本当に一つの授業で得るものが違うと感じています。

大学の先生方はその道の専門家です。

直接質問ができる機会を1年次から得られることは、非常にためになります。

そうした1年次からの積み重ねが、3年次から自分が何を学ぶかに繋がっていると思います。

 

白百合ならではの少人数授業のおかげで、私は1年間とても濃い学びができたと感じています。