ホーム > 白百合の魅力 > 文学部 フランス語フランス文学科
 

白百合の魅力

文学部 フランス語フランス文学科

フランス語フランス文学科では、3年生から専門ゼミが始まります。

文学、歴史、文化、美術、音楽などさまざまな分野の中から自分の研究したいゼミを選び、少人数制ならではの和やかな雰囲気の中で授業が行われます。

 

私の所属している福田先生のゼミでは、主に20世紀を中心としたフランソワ・モーリヤックの『テレーズ・デスケルー』やアルベール・カミュの『不貞』などの小説を通して、結婚をめぐる女性の生き方について研究しています。

毎回小説をみんなで読み、意見交換を行うので一人では気付かなかったことを発見できたり、自分とは異なる発想を得ることができるのでとてもおもしろいです。

 

またフランスの小説を読むだけではなく、映画との比較や日本の小説との比較も行うので、さまざまな角度から考察することができます。

ゼミでは、小説を抜粋して読み進めていくので今日はどのような小説を読むのかな、と毎回わくわくしながら参加しています。