発達臨床センター

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

social skill training

ADHD、自閉症スペクトラム障害、学習障害などを含む発達障害は、それぞれの本質的障害は異なるものの共通して社会性の問題を呈することが多いといわれます。このような子ども達への対応が遅れると様々な2次障害が生じることがあり、また年齢が進むにつれて自分と周囲の違いを自覚し本人の悩みが深くなりがちです。

当センターでは、特に社会的認知に問題をもつ自閉症スペクトラム障害児を対象に、対人関係の促進を目的としたソーシャルスキルトレーニング(SST)を行っています。SSTの方法や内容は対象児の年齢や性別やタイプを考慮して考案されますが、周囲の人の視線や表情への気付き、場にふさわしい適切な言動、自分の感情や考えの表現方法などのスキルを獲得し、日常生活において他者と相互に関わる能力を高めることが共通の目標です。SSTは年齢や特徴を考慮して1グループ5名前後で構成し、 第1、第3月曜日の午後、各回1時間行います。

対象児の保護者にはグループ親面接を定期的に行い、希望者には個別面接も行っています。(文責:五十嵐一枝)

Page Top