宗教講座「創造への道」

講座案内

本学の建学の理念を支えるキリスト教的人間観・霊性を学び直す場として、本学のカトリック教育センターが中心となって開かれる講座です。単なる教養の提供にとどまらず、生涯にわたる自己の内的形成への支援や、心豊かな次代の人間を育てるための人間観・生命観の学習にも力を注いでいきます。

     誰かのために
                    今できること...

イエスは

「わたしの父は今も働いておられるから、 わたしもまた働く」
「父が…いのちをお与えになるように、 子もまた…いのちを与える」

と言われました(ヨハネ福音書5・17,21)。

現代の日本でいちばん必要なことは、 このイエスのもたらした新しい創造、新しいいのちの経験です。
イエスが教会に委ねた使命を、 私たちの一人ひとりが自分のこととして引き受け、自分の周りから始めることが必要です。
そのためには、イエスの中にあった神のいのちをしっかりといただき直して、現代の日本に証しすることが不可欠でしょう。

白百合女子大学の設立母体である シャルトル聖パウロ修道女会のモットーは、 「すべての人にすべてとなった」(Ⅰコリント9・22)という聖パウロの精神です。

この精神に従い、また先のイエスの言葉に信頼し、「誰かのために今できること」 のひとつとして、キリスト教的視点に基づく講座を「白百合女子大学生涯学習プログラム」の中で開講しております。

教会関係者を始め、広くたくさんの皆様がご参加くださいますことを心よりお待ち 申し上げております。

受講資格

年齢、性別、学歴等にかかわらず、どなたでも受講できます。

講師紹介

星野 正道 (本学カトリック教育センター教授・司祭)

星野神父聖人たちの祈りや長い間人びとの中で伝えられ祈られ歌われて来た祈りを通して、神のいつくしみの深さに触れられたらと思います。今回のシリーズで取り上げる祈りはどれも単純なものです。同時にその単純さゆえに非常に的確に神の本質をわたしたちに伝えてくれます。これらの祈りを聖書や自分たちの生活とつなげながら深めてみましょう。いつくしみの特別聖年がもう一度、単純素朴に祈ることへと立ち帰る機会となりますように。


田畑 邦治(本学学長・カトリック教育センター教授)

田畑先生東西のいつくしみの思想  
智慧と慈悲、真理と愛は、仏教とキリスト教に類似する基本精神です。とりわけ私たちは、心の深みで、仏の慈悲、神の慈愛に触れたい、できればそれを生きたいと願っています。この講座では、キリスト教からは、パウロとアウグスティヌスを、仏教からは、浄土系仏教(法然・親鸞)と禅仏教(道元・白隠)を通して、慈しみの深層に近づいてみたいと思います。

2016年度開講講座

講 師  星野正道(本学カトリック教育センター教授・司祭)
 田畑邦治(本学学長・カトリック教育センター教授)
年間テーマ 「神のいつくしみに生きる」
コース 前 期
日程・テーマ
2016年

リジューの聖テレーズ
神のいつくしみ深い愛にいけにえとして
わが身を献げる祈り①            
/講師:星野

4月16日(土)
5月21日(土) パウロの愛(アガペー)の思想 
—Iコリント13章「愛の賛歌」を読む—       /講師:田畑
6月11日(土)

リジューの聖テレーズ 
神のいつくしみ深い愛にいけにえとして
わが身を献げる祈り②            /講師:星野

7月16日(土)
アウグスティヌスの慈愛(ミゼリコルディア)の思想 
 —『ヨハネ福音書注解』を読む
         /講師:田畑
後 期
日程・テーマ
10月 1日(土)
浄土の慈悲と隣人愛  —『歎異抄』を読む     /講師:田畑
11月19日(土)
三位一体のエリザベト 三位一体への祈り   /講師:星野
12月 3日(土)
禅仏教とキリスト教 
—奥村一郎『慈悲と隣人愛』を読む—      /講師:田畑
2017年
ある兵士の祈り アメイジンググレイス
聞かせてください                    
/講師:星野
1月14日(土)
開催時間
14:00 ~ 15:30
受講料・
申込方法
通年(前期・後期) 全8回   6,400円
半期のみ  全4回      3,200円
当日1回のみ          1,000円

申込み、受講料の納入は、受講当日会場受付にて承ります。
詳細はこちら
会 場
白百合女子大学
11号館3階 クララホール
Page Top