宗教講座「創造への道」

講座案内

本学の建学の理念を支えるキリスト教的人間観・霊性を学び直す場として、本学のカトリック教育センターが中心となって開かれる講座です。単なる教養の提供にとどまらず、生涯にわたる自己の内的形成への支援や、心豊かな次代の人間を育てるための人間観・生命観の学習にも力を注いでいきます。

     誰かのために
                    今できること...

イエスは

「わたしの父は今も働いておられるから、 わたしもまた働く」
「父が…いのちをお与えになるように、 子もまた…いのちを与える」

と言われました(ヨハネ福音書5・17,21)。

現代の日本でいちばん必要なことは、 このイエスのもたらした新しい創造、新しいいのちの経験です。
イエスが教会に委ねた使命を、 私たちの一人ひとりが自分のこととして引き受け、自分の周りから始めることが必要です。
そのためには、イエスの中にあった神のいのちをしっかりといただき直して、現代の日本に証しすることが不可欠でしょう。

白百合女子大学の設立母体である シャルトル聖パウロ修道女会のモットーは、 「すべての人にすべてとなった」(Ⅰコリント9・22)という聖パウロの精神です。

この精神に従い、また先のイエスの言葉に信頼し、「誰かのために今できること」 のひとつとして、キリスト教的視点に基づく講座を「白百合女子大学生涯学習プログラム」の中で開講しております。

教会関係者を始め、広くたくさんの皆様がご参加くださいますことを心よりお待ち 申し上げております。

受講資格

性別、学歴等にかかわらず、どなたでも受講できます。

講師紹介

星野 正道 (本学全学教養教育連絡会議主事・カトリック教育センター教授/司祭)

キリスト教がさし出すいろいろな側面で私たち人間と大自然を「単純」に歓迎する神の姿に出会います。神と他者を「素朴」に歓迎する小さな人々の姿も見えてきます。今回のシリーズではこの「神と人との単純素朴な歓迎」の姿を聖書やマザ-・テレサ、リジュ-の聖テレ-ズなどの言葉を通して味わってみましょう。そして単純素朴な歓迎の輪の中にとどまるために、私たちは何を大切にしながら生きたらよいかをみなさんと共に考えてみたいと思います。

田畑 邦治(本学学長)

20世紀を代表する哲学者レヴィナス(1906-1995)は、人間とは自分の容量を超えて他者を迎え入れる存在であると述べ、それによってまた初めて自己が成り立つものと考えました。
他方、日本の伝統芸能を代表する世阿弥(1363-1443)は、「この芸とは、衆人愛敬(しゅじんあいぎょう)をもて、一座建立(こんりゅう)の寿福とせり」(この芸は、一般大衆に愛され、悦ばれることが、ひいてはわれらが一座の立ち行く基盤であり、幸いである)と喝破しました。東西のもてなしの思想の奥行きを少しでも味わってみたいと思います。


釘宮 明美 (本学カトリック教育センター長・教授)

新共同訳聖書で「もてなし」と時に訳されることがあるギリシア語の原語「ディアコニア」は「仕える務め」、奉仕、世話、給仕等を意味します。聖書には、「もてなし」のために忙しく働くマルタとイエスの話に耳を傾けるマリア、困窮している「最も小さい者の一人」(マタイ25:40)のために温かく迎え入れてお世話した人々、そうかと思えば、歓待されることなく追い出され、排除された女性たちの物語など様々な場面があります。「ディアコニア」の受け手と助け手の相互関係、そこで大切にすべきことと問題になることを聖書とキリスト者の実践から考えてみたいと思います。
                                                                                                                                                                                                                                                                                              

2018年度開講講座

講 師  星野 正道(本学全学教養教育連絡会議主事・カトリック教育センター教授/司祭)
 田畑 邦治(本学学長)
 釘宮 明美(本学カトリック教育センター長・教授)
年間テーマ 「もてなしの霊性」
コース 前 期
日程・テーマ
2018年

復活の希望の光の中で
“いつか使命を果たして今いる場から去ってゆく。
  そのことを忘れないようにしましょう。” 
             (マザ-・テレサ)    /講師:星野

4月21日(土)
5月19日(土) エマニュエル・レヴィナスの歓待の倫理
   —ホスピタリティの哲学と聖書的人間— 
                                              
/講師:田畑
6月 2日(土)

神さまの心の中で 
“頭のよい人が、賢い人とは限りません。”
             (マザ-・テレサ)    /講師:星野

7月14日(土)
誰が誰に仕えるのか 
   —フェミニスト神学の視点から—    
                                                                     /講師:釘宮
後 期
日程・テーマ
10月13日(土)
世阿弥のもてなしの芸術
      —能とキリスト教の対話           
                        /講師:田畑
11月24日(土)
愛の光の中で
“ありふれたことに人並み以上の愛を込めなさい。”
             (マザ-・テレサ)    /講師:星野
12月 1日(土)
どこに遣わされるのか 
     
賀川豊彦の実践から— 
                                              
/講師:釘宮
2019年
信頼の心がもたらすもの 
“できないのではありません。できることが違うだけです。” 
             (マザ-・テレサ)    /講師:星野
1月12日(土)
 ※ 事情で変更のある場合、大学ホームページでお知らせいたします。
開催時間
14:00 ~ 15:30
受講料・
申込方法
通年(前期・後期) 全8回   6,400円
半期のみ  全4回      3,200円
当日1回のみ          1,000円

申込み、受講料の納入は、受講当日会場受付にて承ります。
会 場
白百合女子大学
11号館3階 クララホール

※ お越しの際には、お車でのご来場はご遠慮ください。
Page Top