学びの内容

演劇講演会「フランスの役者に会ってみよう!」が開催されました

2021年5月31日

 演劇講演会「フランスの役者に会ってみよう!」が開催されました


4月26日(月)にフランスで役者として活動されている小林桃子さんとベルナール・フリュクチュスさんをお招きして、フランス語フランス文学会主催の演劇講演会「フランスの役者に会ってみよう!」が開催されました。

小林桃子さんからは、日本の大学で学んだのち、パリで役者として活躍することになった経緯をお話しいただき、ベルナール・フリュクチュスさんからは、ご自身の役者としてのお仕事にくわえて、フランスの劇場文化や舞台事情についてもご講演いただきました。また、おふたりのご厚意により、オリジナル作品『Coup de Griff’』を実際に上演していただきました!

リモートでの開催となりましたが、学生からは「フランス語の勉強方法がとても参考になった」、「お二人の行動力と人生との向き合い方に感銘を受けた」、「臆せずにやりたいことに挑戦する勇気をもらった」、「またぜひお越しいただきたい!」など、たくさんのメッセージが寄せられました。

小林桃子さん、ベルナール・フリュクチュスさん、貴重な機会を本当にどうもありがとうございました!


白百合女子大学フランス語フランス文学会

 
   
    Page Top