学びの内容

ニューカレドニア大学との交流授業を行いました!

2021年10月28日

 美しいビーチに、どこまでも広がるラグーン。自然豊かなニューカレドニア(以下、NCと省略)は、フランスの一部です。かつて、ここに多くの日本人が移民として渡ってフランス人となった歴史を知っていますか? NCは、メラニシアのカナック人やフランス系の人だけでなく、日系の人たちも住む多様性溢れる場所なのです。

そのNC の首都にあるニューカレドニア大学(l’Université de Nouvelle Calédonie) の文学・言語・人文科学部で日本語を学習している学生さん( Marie Garnier 先生クラス)と、本学科の1年生の国際交流授業が、10月27日(水)に行われました。

今回のテーマは、大学・生活・料理・歴史・地理。お互いの国と大学を紹介するプレゼンです。大学に入ってフランス語を半年しか勉強していない1年生たちですが、立派にプレゼンすることができました。Bravo !

それにしてもNC大学の学生さんの日本語の上手いこと!コミュニケーションにおいては、堂々と話すことは大切なことだと学びましたね。

緊張もしましたが、多くの知見を得て、笑いに溢れた楽しい交流会でした。Garnier先生、西村亜子先生、そして管財課の方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。


 

    Page Top