学びの内容

仏文学会講演会「西村亜子先生ができるまで」が開催されました!

2021年11月30日

仏文学会主催の講演会「西村亜子先生ができるまで」が11月29日のランチタイムに行われました。西村亜子先生の半生を、先生本人が楽しくお話してくれるトークイベントです。

亜子先生の人生における最大の岐路は幼稚園の時にやってきます。それは、フランスで初等教育を受けるか否かという大きな選択でした。かくして、亜子先生はパリのカトリック学校、デュパンルーに入学します。厳しい寄宿舎生活、いじめにあって怪我をした逸話、お母さまの経営していた飲食店のっとり事件などを経て、亜子先生のメンタルはたくましくなっていきます。
バカロレア取得を経て日本の大学に入学した亜子先生は「猛読書」をします。読書、美術館、庭園散歩。大学時代に熱中したこの3つが、将来の「亜子先生」を大きく形づくっていったと思われます。

笑い声と驚嘆の声が絶えない45分間でしたが、締めくくりには、「ロールモデルになるような人をみつけてみよう」、「学生のうちに、挫折をたくさん体験しよう」という大切なメッセージを亜子先生からいただきました。


 
    Page Top