学びの内容

【報告】白百合女子大学フランス語ディクテ・コンクールが開催されました!

2021年12月14日

2021年12月13日に白百合女子大学フランス語ディクテ・コンクールが開催されました。
「ディクテ」とはフランス語の書き取りです。フランス語で読まれた文を聴こえたままに書き取っていくのですが、この「聴こえたまま」というのが実は結構難しい!!!というのも、フランス語の語彙のつづりには読まれない文字が含まれることが多く、音とつづりの仕組みを理解していないと正しく書き取ることができないのです。また、なめらかな発音にするために音が変わるという決まりや、同じ発音なのに違うつづりの語も多くあります。読まれる文の意味はもちろん、文法もわかっていないといけない……ということで、ディクテで高得点をとるには日頃のトレーニングが必要なのです。

今年度のディクテ・コンクールは2年ぶりの対面実施となり、フランス語フランス文学科の1年生から4年生の計25名が各々にあったレベルのディクテに挑戦しました。参加者たちは、聴こえてくるフランス語を聞き逃すまいと一心に耳を傾け、真剣な表情で書き取っていました。


ディクテ終了後、参加者には仏文学会から参加賞が手渡されました。今年の参加賞は髪留め!白百合マークの刺繍が入っていて素敵です。
各レベルの最高得点取得者には協賛の白水社より「白水社賞」が授与されます。今年の「白水社賞」は誰の手に? 表彰式は1月に行われる予定です。



フランス語フランス文学科
 
    Page Top