学びの内容
牧口 典子 教授

マキグチ ノリコ

牧口 典子 教授

専門分野

初等教育学、生活科教育学、社会科教育学

自己紹介・学生へのメッセージ

教職は、子ども一人ひとりの成長にかかわりながら、教師自身も子どもから元気をもらい成長も促されます。教育実習をすると、そのことを強く実感できます。私は東京都公立小学校で、教育実習生や教師養成塾生、学習ボランティアを受け入れる立場だったので、その経験を基にみなさんに助言し、教職への夢を実現させたいと願っています。気軽に相談してください。

担当科目

初等社会科指導法
教育実習(幼・)事前事後指導
教育実習(幼・小)
教職論(小)
社会

担当科目の内容

◇初等社会科指導法◇
各学年に応じた具体的な活動や体験を取り入れて、それを基に考える授業を展開し、社会科の目標や内容について理解できるようにします。また、学習指導案作成を通して、楽しい社会科の指導法を学んでいきます。

◇教育実習()事前事後指導◇

学校で実習を行う上で必要な諸注意や、指導案作成、模擬授業等を通して事前準備をしていきます。また、学校の諸課題についてレポートし報告し合いながら、小学校教育の現状と課題を把握していきます。

◇教育実習(幼・小)
教育実習では、習得した知識を実際に子どもたちに働きかけ、その変容や成長を見つめていきます。また、自らの課題に積極的に取り組み、進路としての教職を見つめていきます。

◇教職論◇
学校がかかえる課題や学習指導、学級経営、生徒指導等の教師の仕事について学び、教師に求められる資質、能力、自分の適性について考え、教師を目指す意志を明確にしていきます。

◇社会◇
学習指導要領の内容や問題解決的な学習の展開方法を具体的に理解するために、活動や演習を取り入れていきます。実際に体験することで子どもに身に付けさせるべき学習技能を理解していきます。

 

業績

■著書 
『楽しく調べる日本の歴史1~8巻』(全巻指導、日本標準、2010)
『楽しく学べる東京の歴史』(編集代表、日本標準、2007)
『教材事典』(共著、東京堂出版、2013)
『生活科事典』(共著、東京書籍、1996)
『心を揺さぶる校長講話』(共著、教育開発研究所、2014)
『校長講話の極意 上下巻』(共著、教育開発研究所、2011)
『授業でも講話でも使える話のネタ事典』(共著、教育開発研究所、2014)

 

経歴

■経歴
東京学芸大学卒業。
上越教育大学大学院学校教育学研究科学校教育専攻 修士課程修了。

東京都公立小学校で教諭、教頭、校長を務め、定年退職。
2011年より白百合女子大学に勤務。

■所属学会
日本生活科・総合的学習教育学会
日本社会科教育学会

 

Page Top