学びの内容

シマダ ユカ

島田 由香 准教授

専門分野

ホスピタリティーマネジメントプログラムコーディネーター

自己紹介・学生へのメッセージ

私は、2002年に白百合の大学院に入学しアメリカ文学・文化を学び、母校で非常勤講師をしていました。
大学院入学前は、白百合女子大学卒業後、日本航空入社し、国内線・国際線客室乗務員を経験、退職後は海外での生活、学生生活、子育てを経験いたしました。
白百合とは30年以上のお付き合いになっています。
専任として、白百合のみなさまのお手伝いができることは大きな喜びです。
私が担当する「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」は、主にエアライン、ホテル、旅行会社、ブライダルなどホスピタリティ業界に興味がある学生向けのプログラムです。

私が、授業を通して目指すことは次の3点です。
1.外国文化の知識、興味、関心を高める。
2.将来、ホスピタリティの職種で求められる実践的な英語能力向上。
3.ホスピタリティを必要とされる職業についての知識を実践に基づいて深める。

みなさまが、私の授業を通して将来の自分のあるべき姿を思い描き、しっかりと目標を持って就業に取り組めるようサポートしたいと思います。
そして将来的にはホスピタリティの知識とスキルを身に着け、海外と日本の懸け橋になっていただきたいと願っております。

 
担当科目

■英語英文学科
「ビジネスマナーとホスピタリティ演習」
「ホスピタリティの英語 初級」
「ホスピタリティの英語 中級」
「ホスピタリティ・マネジメント概論」
「ホスピタリティ・マネジメント特講A」
「ホスピタリティ・マネジメント特講B」
「ホスピタリティ・マネジメント演習」
「海外ホスピタリティ研修A」
「海外ホスピタリティ研修B」

 
担当科目の内容

■英語英文学科
◇ビジネスマナーとホスピタリティ演習◇
「さすが」と言われるマナーを身に付けましょう。
社会人に必要なマナーとして「好印象を与えるコミュニケーション」の取り方、「丁寧な言葉遣い」を学び、ビジネスマナーとして「ビジネスマナーの基本」、「電話対応のマナー」「来客時対応のマナー」 「ビジネス文書の書き方」を学びます。

◇ホスピタリティの英語 初級◇ ◇ホスピタリティの英語 中級◇
「おもてなし」の心を英語で伝えましょう。
本授業は、エアライン・ホテル・フードサービス・トラベルサービスという接客業で使われる英語を学ぶことを目的とします。
様々な場面での英語によるコミュニケーション能力を身につけると共にその背景にある接客業の現場の背景についても学習します。
同時に、接客業に就職する際に求められるTOEICの練習も行います(例:日本のエアラインが、応募時に求めるスコアは600点以上)。
TOEIC目標点数600点以上。

◇ホスピタリティ・マネジメント概論◇
ホスピタリティとは?
本授業では、「社会とホスピタリティ」「企業とホスピタリティ」に分け、「ホスピタリティ」という言葉の語源、歴史を考え、ホスピタリティとはどのような状況でいかなるものを指して使われてきたかを学び、「企業とホスピタリティ」では、実際に現場で働く方々からの講義を受け、企業におけるホスピタリティの現実について学びます。

◇ホスピタリティ・マネジメント特講A◇
国境を越えて異文化を結びつける航空会社で働くために必要なことを学びましょう。
航空会社では主に旅客と接するのは、予約スタッフ、空港スタッフ、客室乗務員です。
それぞれの仕事内容研究と、国内大手航空会社の企業研究、外資系航空会社研究、LCCについて企業研究をします。
課外授業としてJAL訓練室見学を予定しています。

◇ホスピタリティ・マネジメント特講B◇
本授業は、将来ホテル、旅行会社、ブライダルで働くことに興味がある学生を対象とします。
本授業の狙いは、サービスの知識を学ぶと同時にサービスの本質を学び、社会人としての教養を身に着けていくことです。
それぞれの現場で働くゲスト講師の方々からも講義を受けます。
課外授業も予定しています。課外授業を通してサービス業について、企業におけるホスピタリティについて学び、さらに、企業経営のしくみ、事業展開、マーケティングについての知識も学びます。

◇ホスピタリティ・マネジメント演習◇
航空会社のCA・GSと言った専門職の「職業」について理解を深めましょう。
航空会社の面接では職業に対する理解を問われる質問、グループディスカッションでは航空業界の知識を問われる台が出されることが多く、「憧れ」だけで受験していると判断されないようにしっかりと理解と心構えを身に着けていきます。

◇海外ホスピタリティ研修A◇ ◇海外ホスピタリティ研修B◇
将来ホスピタリティ業界で働きたい学生を対象としています。
達成目標は、研修を通して海外のホスピタリティを直に学ぶことで国内外のホスピタリティ業界への就職に直結する力を身に着け、英語力アップを目指します。

 
業績

■業績
(主な論文)
ホスピタリティの深層に向けて-白百合女子大学・英語英文学科・副専攻「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」におけるホスピタリティ教育(『白百合女子大学研究紀要』第53号 白百合女子大学)
マーク・トウェインの旅 “The Innocent Abroad”についての研究ノート(『こども教育宝仙大学紀要』  第4号 こども教育宝仙大学)
“The Prince and The Pauper”に おけるヘンドンの役割について(『言語・文学研究論集』第8号  白百合女子大学 言語・文学  研究センター)

(発表)
白百合女子大学英語英文学科におけるホスピタリティ・マネジメントプログラム実践報告
ホスピタリティ学会第5回研究会 

(活動)
日本郵政公社 民営化に向けての局員育成・指導。
接遇マナー講師、最優秀局員認定審査外部審査員。
目黒病院(目黒区) 院内職員向けセミナー 講演会 「医療従事者におけるホスピタリティ」

 
経歴

■資格
ユニバーサル・マナー検定2級
ホスピタリティコーディネーター
日本マナー・プロトコール講師

■所属学会
ホスピタリティ学会
日本観光ホスピタリティ教育学会
 

■経歴
白百合女子大学英語英文学科卒業
日本航空入社(JAL 客室乗務員 国内線・国際線乗務)アシスタントパーサー昇格後退社
白百合女子大学大学院文学研究科英語英文学専攻修士課程修了
白百合女子大学大学院文学研究科言語・文学専攻博士課程単位取得後満期退
白百合女子大学、明治大学、国学院大学、こども教育宝仙大学非常勤講師を経て現職。

 

 
Page Top