学びの内容
曽我部和広 教授

ソガベ カズヒロ

曽我部 和広 教授

専門分野

学校臨床心理学、スクールカウンセリング、初等教育学。

学校教育における、子どもの育ちや学びに関心があり、子どもたちの自己実現のための心理的な支援の方法について研究、実践しています。

自己紹介・学生へのメッセージ

子どもたちの学校生活を支援する仕事がしたく、大学時代はスクールカウンセラーを目指して教育学、教育心理学、臨床心理学を学びました。その時代、スクールカウンセラーという職業は、日本では一般的ではありませんでした。そこで私は、教育現場で子どもの心理支援をしようと小学校教員となり、心理学を活かした教育に取り組んできました。
現在は、公認心理師、臨床心理士、特別支援教育士としてカウンセリングルームを開設し、学習支援、教育相談、カウンセリングを行うと同時に、東京都のスクールカウンセラーの仕事もしています。
教育という仕事は、子どもたちの豊かな人生に貢献できると同時に、責任のあるやりがいのある仕事です。みなさんが信頼される教師となれるよう、私の小学校教員、スクールカウンセラーとしての経験や心理学的な知見を、教員を目指す学生のみなさんに伝えていきます。子どもの心が見え、子どもたちの自己実現を支援できる先生になってほしいと願っています。

担当科目
■人間総合学部 初等教育学科
教育相談(中・高)
生徒指導研究(小)
生徒指導・進路指導(小)
教育実習(幼・小)
学校臨床心理学
教育・学校心理学
担当科目の内容

■人間総合学部 初等教育学科
◇教育相談(中・高)◇
教員として、学級担任やホームルーム担任として児童・生徒を理解し、子どもたちが抱える課題にどのように向き合い、解決していけばよいかについて学んでいきます。

◇生徒指導研究(小)◇生徒指導・進路指導(小)◇
児童期の心理的な発達の特質を踏まえた支援・援助の方法等、子ども一人一人の人格の成長・発達を促し自己指導力を育てていく生徒指導の在り方、キャリア教育について学んでいきます。

◇教育実習(幼・小)◇
教育実習では、習得した知識を実際に子どもたちに働きかけ、その変容や成長を見つめていきます。また、自らの課題に積極的に取り組み、進路としての教職を見つめていきます。 

◇学校臨床心理学◇
教師として児童生徒に対して、心理学の知識を活かした対応や指導、支援ができるようになることをねらいとしています。

◇教育・学校心理学◇
学校心理学の意味と役割を学び、児童生徒、教師、学校、家族、家庭の今日的課題を取り上げ、学校臨床の観点から学習します。公認心理師カリキュラム、臨床発達心理士カリキュラムにも対応します。

業績

■業績
「達成動機の心理学」(共著)金子書房1979
「学習意欲の見方・導き方」(共著)教育出版1985
「学習普請時の診断と治療」(共著)教育出版1985
「教育臨床指導事例100選」(編著)教育開発研究所1985
「学習治療事例100選」(編著)教育開発研究所1986
「個性を生かす自己学習」(共著)図書文化1986
「勉強の遅れがちな子を伸ばす補充指導」(共著)ぎょうせい1986
「自己学習力を育てる理論と実践」(共著)ぎょうせい1987
「親の願いと教師の対応」(共著)文教書院1988
「生活科実践Q&A」(共著)教育新聞社1990
「教科書まんがらくらく大事典13生活科」(監修)学習研究社1991
「2年生の生活科たんけんだいすき①⑤」(編著)学習研究社1991
「生活科情報事典」(共著)ぎょうせい1993
「生活科の評価読本」(共著)教育開発研究所1993
「紙芝居1年生の生活科・2年生の生活科」(監修)教育画劇1993
「学習意欲と学習指導」(共著)学芸図書1995
「新しい学力観に立つ生活科授業の工夫」(共著)文部省、東洋館1995
「生活科事典」(共著)東京書籍1996
「児童生徒理解のための「教育相談だより」(1)」(単著)白百合女子大学研究紀要第53号2017
「発達段階によるいじめの特徴と学校の対応」(単著)白百合女子大学初等教育学科紀要第4号2018
「夏季研修における体験活動に関する取り組み:学生の学びに関する検討」(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要第4号2018

経歴

■学歴
東京学芸大学教育学部学校教育科心理学専攻卒業
東京学芸大学大学院学校教育専攻修士課程(教育心理学第一講座)修了(教育学修士)

■職歴
東京都公立小学校教諭・副校長・校長 心と学びの支援センターアットホーム代表
こども教育宝仙大学講師 東京都スクールカウンセラー

■資格
小学校教諭専修免許状 幼稚園教諭二種免許状 公認心理師 臨床心理士 特別支援教育士

■所属学会
日本教育心理学会 日本カウンセリング学会 日本自律訓練学会 日本心理臨床学会 日本LD学会 日本マインドフルネス学会 K-ABCアセスメント学会

Page Top