学びの内容
古川鉄治 教授

フルカワ テツジ

古川 鉄治 教授

専門分野

教科指導法(理科・生活科・総合的な学習) 特別活動指導法 学級経営 学校経営  教育課程(小学校)

自己紹介・学生へのメッセージ

子どもたちに、「どのような先生に教わりたいか」と聞くと、「教え方の上手な先生」「自分のことを認めてくれる先生」「明るくて元気な先生」という答えがよく返ってきます。では、わからないことや興味関心のあることをこどもたちにどのように指導していったらいいでしょうか。そのために、教師の指導力や教材研究のあり方、学級経営、教員の資質向上は、どのようにしていけばいいのでしょうか。初等教育学科のみなさんを中心としながら、その他の学部のみなさんとともに、教師のあり方を話し合いや論議、発表などいろいろな学習活動を通して学んでいきたいと考えています。

担当科目

■人間総合学部 初等教育学科
特別活動の研究(小) 
特別活動(小)
学級経営論 
教育実習(幼・小)事前事後指導
教育実習(幼・小)

担当科目の内容

■人間総合学部 初等教育学科
◇特別活動の研究◇
特別活動は、子どもの成長に大きく影響し学校や学級の生活を活性化させる重要な教育活動の一つです。この授業では、教育課程における特別活動の目標や内容を理解し、学級活動や児童会活動、学校行事などの指導計画や指導内容を学ぶとともに、具体的な指導法についても理解する。そのために、具体的な資料を基に考えたり話し合いを通して実践的な力を身につけられるようにしていきたい。


◇学級経営論◇
教師が一番身につけなければならない力は、学級経営力と教科指導の力です。学級担任として担任している子どもたちに慕われ、保護者や同僚、管理職から信頼される教師はどのような実践力を身につけ、担任としての資質や能力を培うことが必要であるか明らかにしていきたい。そのために、実際の学級での子どもの掌握の仕方や指導方法などを具体的な資料などを基にして考えたり話し合ったりする中で学ぶようにしていきたい。


◇教育実習(幼)・小事前事後指導◇
先生として教壇に立つために、理論と実践の往還として教育実習が位置づけられている。しっかりとした教師としての資質や実践力などが身につけられるように事前指導および事後指導において授業研究、ロールプレイ、実践発表などの活動を通して学べるようにしたい。

 
業績

【主要著書・論文】                                                             

生活科の授業と評価(共著:教育開発研究所)、新しい学力観に立つ授業の展開のポイント(東洋館)生活科カード辞典(共著:明治図書)、生活科の評価(共著:東洋館)、子どものよさを伝える指導要録記入例(小学館)、道徳・特別活動展開の具体例と資料(共著:小学館)、よくわかる1年のせいかつ・よくわかる2年の生活(共著:小学館)、生活科の新展開(共著:教育開発研究所)、生活科の実践から総合的な学習へ(共著:小学館)、生活科・総合的な学習(共著:東洋館)、総合的な学習につなげる生活科(共著:小学館)、新しい教科指導「理科」(小学館)、理科「関心意欲態度の評価技法」(共著:明治図書)、生活科指導資料(共著:文部科学省)、意欲を育む学級づくり(共著:小学館)、子ども一人ひとりが主役の学級経営(共著:小学館)、進級への夢と3学期の学級経営(共著:小学館)、子どものよさや成長を評価する指導要録記入文例集(共著:小学館)

 
経歴

1950年生まれ。都留文科大学文学部初等教育学科卒業。相模原市公立学校教諭として21年間勤務。その後、相模原市教育委員会指導課指導主事、神奈川県立教育センター第一研修室研修指導主事・同教育相談室室長、相模原市教育委員会指導課指導課長、相模原市立淵野辺東小学校校長・上鶴間小学校校長。その間、神奈川県公立小学校校長会副会長・神奈川県川東地区校長会会長・相模原市公立小中校長会会長などを歴任。その後、聖学院大学人間福祉学部非常勤講師・玉川大学非常勤講師玉川大学大学院教育学研究科(教職専攻)准教授を経て現在に至る。その他、文部省生活科指導資料作成協力者・小学校施設設備調査協力者・教育課程実施状況調査分析協力者、文部科学省教科用図書検定調査審議会臨時委員・国際バカロレアディプロマプログラム調査研究員、相模原市教育委員会点検評価委員、平塚市教育委員会点検評価委員、日本生活科総合的な学習教育学会理事・常任理事、全国小学校生活科・総合的な学習教育研究協議会副会長、八王子市立宮上中学校学校運営委員、相模原市立谷口台小学校夢の丘小学校学校評議委員・相模原市少中一貫教育あり方協議会委員などを勤める。

Page Top