学びの内容

ヨシナリ ケイコ

吉成 啓子 教授(基礎教育センター長)

専門分野

スポーツ・バイオメカニクス。バイオは生体、メカニクスは力学を意味し、力学・生理学・解剖学をはじめとする幅広い分野の知識を利用しながら、身体運動のメカニズムを客観的に解明していこうとする学問領域。わかりやすく言えば、スポーツ界における「Why」に挑戦し、どう指導すれば早く上達できるかの「How」に役立つ情報を導き出すのが目的です。

自己紹介・学生へのメッセージ

■自己紹介
大阪生まれの大阪育ち。大学時代は奈良公園、春日大社、二月堂、三月堂、若草山etc.奈良の名所を散策ならぬ、毎日ランニングしていました。現在本学ではスポーツ科学に関連する講座を受け持っています。
趣味は何といってもスポーツですが、今はワンちゃんと過ごすことが一番大好きです。

■オフィスアワー
火曜日・水曜日/12:05~12:50(前期)
月曜日/12:05-12:50(後期)
体育館教師控え室もしくはR9513  

■学生へのメッセージ
競い合うことを目的とする競技スポーツ、楽しむことを目的とするレクリエーション・スポーツ、健康・体力の保持増進のためのスポーツなど、さまざまなスポーツがあります。自分に合ったスポーツを見つけ、生涯にわたってスポーツをパートナーとすることで自分の人生を豊かにしてください。
担当科目
■全学共通科目
身体運動の科学
スポーツ・健康科学A
スポーツ・健康科学B
体育演習(水泳)
担当科目の内容
健康を保持し、そして体力を増進させるための正しい方法を、講義(身体運動の科学)だけでなく実際に身体を動かす中(スポーツ・健康科学)で学ぶ。
業績

【著書】

・『「文系知」と「理系知」の融合 コンピュータによる画像暗黙知可視化 〜表情・絵本・運動フォームを中心に〜』 (編著)(近代文芸社、2003年)

・『子どもの運動・表現遊び ~動きを通して育む心とからだ~』 (共著)(大学図書出版、2010年)

 

【論文】

・「女子大学生における骨密度と生活習慣の関係」 (白百合女子大学研究紀要第43号、2007年)

・「Prediction of Impact Shock Vibrations at Tennis Playr's Wrist Joint: Comparison between Conventional Weight Racket and Light Weight Racket with Super Large Head Size」 (Journal of System Design and Dynamics4巻2号、2010年)

・「白百合女子大学における新入生の体力・運動能力の年次推移」 (白百合女子大学研究紀要第48号、2012年)

・インパクトにおけるテニスプレイヤーの手首関節衝撃振動の予測(超大型ヘッドを持つ従来型ラケットと軽量型ラケットの比較) (日本機械学会論文集(C編)79巻808号、2013年)

・「男子学生を対象とした体力テストと痩身・肥満アンケートの相互関係について」 (身体運動文化論攷、2015年)
・「大学生を対象とした体格願望に影響を及ぼす要因に関する研究」(身体運動文化論攷、2016年)
・「ブラインドテニスにおけるコートサイズの相違が一流プレーヤーの心拍応答に及ぼす影響」(白百合女子大学研究紀要第52号、2016年)

 

経歴
■所属学会
日本テニス学会
日本体育学会
日本幼少児健康教育学会
日本体力医学会
日本発達学会
日本トレーニング科学会
Page Top