ホーム > 白百合の風景一覧 > 白百合の風景一覧 2015年 >  白百合の風景【2015.06.09】
 

白百合の風景

【2015.06.09】カトリックにふれよう【6月】

 6月12日は「イエスのみ心」の祭日です。
この祭日は「『キリストの聖体』の祭日」の後の金曜日、とされているので毎年日にちが変わりますが、おおよそ6月に祝われます。
このことから、カトリック教会において6月は「イエスのみ心の月」として浸透しています。

「イエスのみ心」に表される神の愛を思い起こすとともに、イエスの無限の愛のしるしである「み心」を称えるものとして、中世のフランスで始まった信心です。

「神さまの愛は常」ですが、特にこの6月、深く感じてみたいものです。  

(祈り) 聖なる父よ、あなたは、人類の罪のために刺し貫かれた御子のみ心のうちに、限りないいつくしみの泉を開いてくださいました。わたしたちが、心からの奉献によってキリストの愛にこたえることができますように。(2015年6月12日「イエスのみ心」の祭日 集会祈願より)


カトリック