ホーム > 白百合の風景一覧 > 白百合の風景一覧 2015年 >  白百合の風景【2016.03.24】
 

白百合の風景

【2016.03.24】白百合ライフ紹介【資格②】

【資格】

資格取得


白百合女子大学の魅力として、自分の所属している学科の授業とともに教職課程を履修できる点があります。

私は学科の授業と教職課程の授業を中心に学び、資格の取得も目指しています。

今年で4年生になりますが、今までを振り返ると白百合の教職課程は先生方や授業のバリエーション、環境を含めて非常に恵まれていると感じます。

 

1、2年生では「保育とは何か」という原理から保育者に必要な技術まで幅広く学びました。

授業は細かく分かれており、どの授業もその分野のプロの先生方が担当してくださいます。

また気軽に研究室へ足を運んで相談をしたり質問をすることができ、学生生活だけでなく将来のことに関しても、非常に親身になってお話を聞いてくださいます。


このように関係を深めることができるのも、少人数教育である白百合ならではの特色です。

また、授業の中で大学の近くにある保育園へ毎月一度「保育体験」に行き、授業で得た知識と実際の現場を照らし合わせて、自分の目で確かめ、見つめ直す機会を得ました。

 

3年生では秋の観察実習があり、ほかの授業と並行して少しずつ準備をします。

この実習を終えて感じたのは1、2年生で培った基礎の大切さです。

授業数が多く大変でしたが、この日々の積み重ねが自分の自信につながりました。

また学科の授業で専門的に学んだリトミックや絵本の知識、ストーリーテリングの技術なども私を助けてくれました。

そして4年生では責任実習が控えています。

今までの経験をすべて生かして、一人の保育者として現場に入ります。

 

温かい先生方に、いつも励まし合い支え合う大切な友達。

そして、4年間それぞれに自分が成長するチャンスがたくさん用意されています。

今日の日本で、保育者は非常に必要とされています。

みなさんも一緒にこの白百合で、あなただけが持つ個性と可能性を咲かせてみませんか?