新着情報

【報告】2020年度フランス語ディクテコンクール 表彰式

2021年2月5日

2021120日に、12月に開催された本学フランス語フランス文学科主催・白水社後援の「2020年度フランス語ディクテコンクール」オンライン表彰式が執り行われました。

白水社編集部の西川恭兵氏をお招きし、本学髙山学長の出席のもと、今年度の受験者や学科教員がzoom画面上で顔を合わせ、受験者の挑戦と努力の成果を称えました。

 

初めてフランス語を学んでいる未習クラスの学生を対象とした「レベルA」の最優秀賞には1年生の齊藤さくらさん、実用フランス語検定準2級レベル以上の学生を対象とした「レベルC」の最優秀賞には2年生の新塘咲希さんが選ばれ、学科からフランス語の賞状、また後援の白水社から「白水社賞」が授与されました。また優秀な成績をおさめた5名の学生には学科から「奨励賞」が授与されました。

 そしてここでサプライズ! 昨年度ならびに今年度の2年連続で「最優秀賞(白水社賞)」を受賞した新塘さんに、髙山学長から「学長特別賞」が授与されました。新塘さんは本学に入学してからフランス語を学び始めましたが、昨年度は「レベルA」で、2年生になった今年度は「レベルC」でトップの成績でした。

          

 
〜〜〜〜白水社賞・学長特別賞受賞 新塘咲希さんの喜びの声〜〜〜〜

「昨年度に引き続き白水社賞、そして今年度は学長特別賞をいただけたこと、大変嬉しく思います。本当にありがとうございます。2年生の秋に仏検2級を取得することを目標として勉強してきました。仏検に向けての勉強が結果的にディクテの練習になったのだと思います。(略)今年度は新型コロナウイルスの影響で大学に行くことができませんでした。1年生のときよりも先生方や友達と接することが減り、勉強のモチベーションを保つのが難しい時期もありました。そんな中、自分なりにどうすればフランス語が話せるようになるだろうかと考え、行動したことで無駄になったことはありません。これだ!と思った勉強を信じて始めることが大切だと思います。(略)」


なお、今年度のディクテコンクール受験者全員には、参加賞として、白百合マーク刺繍入りの特製マスクが贈られました。遠隔授業で頑張っている学生たちのことを思い、応援になれば!と本学科の村中由美子先生と畠山香奈先生が用意したものです。

受賞者や受験者の声は20213月に発行予定の白百合女子大学フランス語フランス文会誌『リリア・カンディダ』にも掲載予定です。

白百合女子大学文学部フランス語フランス文学科


 

    Page Top