新着情報

【重要】2020年度前期授業実施について(緊急事態宣言解除を受けての方針)

2020年6月9日


学生の皆様へ

                            副学長(教学担当) 宮本 信也
 
 
遠隔授業の実施について、学生の皆様にも、教員とともに授業運営にご協力いただきありがとうございます。
 
4月21日付にて「2020年度前期は、原則、全ての授業を在宅による【遠隔授業】とする」旨とともに、感染拡大が収束に向かうことを条件として、対面での授業に変更する可能性についてもお知らせをしておりました。
現在の状況は、緊急事態宣言が解除され、ステップを踏みつつ「新しい生活様式」による社会活動の再開に向けて動き出しつつあるところですが、本学としては、前期授業に関する考え方を以下の通りといたします。
 
 
1.状況の如何に関わらず、2020年度前期は、原則、すべての授業を在宅による「遠隔授業」とします。また、これにあわせて「定期試験期間」での、対面・集合型の試験実施は行わないものとします(成績評価はオンラインを活用して実施となります)。

 2.  ただし、資格取得のための実習等や、
実習にともなう必要不可欠な事前指導等については、十分な感染予防対策を施した上で、その一部を対面形式で実施します実施の時期等については、決定次第、対象者にお知らせをします)


遠隔授業の継続にあたり、
受講環境に著しい困難が生じている場合は、大学としてできる限りの対応を行っています。担当教員あるいは遠隔授業ヘルプデスクに遠慮なくご相談ください
なお、夏期集中講義の実施形態については、7月上旬に決定する予定です。



問い合わせ先
教務部教務課 03‐3326‐8093
    Page Top