宗教講座「創造への道」

講座案内

本学の建学の理念を支えるキリスト教的人間観・霊性を学び直す場として、本学のカトリック教育センターが中心となって開かれる講座です。単なる教養の提供にとどまらず、生涯にわたる自己の内的形成への支援や、心豊かな次代の人間を育てるための人間観・生命観の学習にも力を注いでいきます。
 

     誰かのために
                    今できること...

イエスは

「わたしの父は今も働いておられるから、 わたしもまた働く」
「父が…いのちをお与えになるように、 子もまた…いのちを与える」

と言われました(ヨハネ福音書5・17,21)。

現代の日本でいちばん必要なことは、 このイエスのもたらした新しい創造、新しいいのちの経験です。
イエスが教会に委ねた使命を、 私たちの一人ひとりが自分のこととして引き受け、自分の周りから始めることが必要です。そのためには、イエスの中にあった神のいのちをしっかりといただき直して、現代の日本に証しすることが不可欠でしょう。

白百合女子大学の設立母体である シャルトル聖パウロ修道女会のモットーは、 「すべての人にすべてとなった」(Ⅰコリント9・22)という聖パウロの精神です。この精神に従い、また先のイエスの言葉に信頼し、「誰かのために今できること」 のひとつとして、キリスト教的視点に基づく講座を「白百合女子大学生涯学習プログラム」の中で開講しております。

教会関係者を始め、広くたくさんの皆様がご参加くださいますことを心よりお待ち 申し上げております。
 

受講資格

性別、学歴等にかかわらず、受講できます。

講師紹介

田畑 邦治  ( 本学学長 )

「もしご自分の日常が貧しく見えるならば、日常を非難しないで、ご自分を非難しなさい。自分は十分な詩人ではないから、日常の豊かさを呼び出すことができないのだ、と告白しなさい。」(リルケ『若き詩人への手紙』)。人生はハレの日ばかりではなく、祭りはひと時に過ぎません。むしろ厄介なこと、面倒なこと、疲れることの連続かもしれません。そういう平凡な日常の中にあって、なお、怠惰にならず、希望をもって生きる道はどこにあるのでしょうか。現代カトリック霊性の指導者の中から、カール・ラーナー師とモーリス・ズンデル師の思想に学んでみたいと思います。

星野 正道 ( 白百合女子大学元教授・和歌山信愛大学教授・東京教区司祭 )

「喜びに喜べ」。これは教皇フランシスコが2018年の聖ヨセフの祭日に発表した使徒的勧告GAUDETE ET EXSULTATEの日本語版タイトルです。わたしたち人間はだれでも幸せを求めています。しかし、現代ではこの普遍的な幸せへの希求が自己満足と便利さにすり替えられているように思える時があります。そこで二回にわたる私の講座ではこの教皇のメッセージから学びながら何げない私たちの生活の中で実行できる小さなことから自分が変わっていく方法を探ってみたいと思います。自分の思い込みと社会によってすり込まれた情報による自分いじめから開放されて“喜び”の小道を歩み始め
ましょう。


釘宮 明美  ( 本学カトリック教育センター長・教授 )

アウシュヴィッツ強制収容所を生き抜いたV.E.フランクルは、「時間的なもの、日常的なものは、有限なものが無限なものに絶えず出会う場所なのです」と述べています。また「経験」の思想家として知られる森有正は、「本当の経験はただ一回きりで、どこまでも深まりうるものである」と言いました。日常の出来事や「経験」にどのような「意味」を見出すかによって、その「経験」は無限の奥行を持ち始め、「意味」の根源である「神」と出会う場が開かれてくることを考えてみたいと思います。


石井 雅之  ( 本学カトリック教育センター教授 )

初めまして。新たに講師として加わらせていただきます。私は、生きていくなかで誰もがもつ倫理的経験の省察から、超越への開かれ、神の恵みを証示することを課題の一つにしています。本講座では、教皇フランシスコの『使徒的勧告 喜びに喜べ—現代世界における聖性』に耳を傾け心に留めつつ、倫理の基本的論点に視点を据え、諸文献を手掛かりに、日常生活で私たちが経験する具体的場面に即して、ご一緒に聖性のしるしを確認することができればと思います。

                                                                         

2019年度開講講座

講 師  田畑 邦治
 星野 正道
 釘宮 明美
 石井 雅之
年間テーマ 「日常の中の霊性」
コース 前 期
日程・テーマ
2019年

近みにある神秘
— カール・ラーナーの『日常と超越』に学ぶ  
/講師:田畑

4月20日(土)
5月18日(土) 堪えることのなかに
 — 善いことのため、人のための受苦と辛抱、
   「内的強さ」の源などについて省みます。  /講師:石井
6月 1日(土)

この世の歴史の決定的な出来事は、歴史書に名の 
刻まれていない者らの魂が力を及ぼしたもの。
   (十字架の聖テレジア・ベネディクタ)     /講師:星野

7月13日(土)
V.E.フランクルの信仰 
 — 「意味」の根源としての神    
                                                                     /講師:釘宮
後 期
日程・テーマ
10月19日(土)
この一杯のスープ
  — モーリス・ズンデルの
        『日常を神とともに』を読む
       /講師:田畑
11月 9日(土)
贈りもののなかに
  — 贈りものとして何を与えられ、与えているかを
     省み、
 贈りもの(贈与)の意味を考察します。/講師:石井
12月 7日(土)
森有正の信仰 
 
— 「経験」の地平 
                                              
/講師:釘宮
2020年
心の貧しい人々は、幸いである、 
天の国はその人たちのものである。 
             (マタイ5:3)      /講師:星野
1月11日(土)
 ※ 事情で変更のある場合、本学ホームページでお知らせいたします。
開催時間
14:00 ~ 15:30
受講料・
申込方法
通年(前期・後期) 全8回   6,400円
半期のみ  全4回      3,200円 (4月~7月 または 10月~1月)
当日1回のみ          1,000円

申込み、受講料の納入は、受講当日会場受付にて承ります。
会 場
白百合女子大学
11号館3階 クララホール

※ お越しの際には、お車でのご来場はご遠慮ください。


 ■ お問い合わせ
〒182-8525 東京都調布市緑ヶ丘1-25
白百合女子大学 教務部教務課  社会人生涯学習プログラム係
電話 03-3326-5762  FAX  03-3326-5161     
メールアドレス shikaku@shirayuri.ac.jp
Page Top