シラバス参照

授業情報/Course information

科目一覧へ戻る 2023/03/18 現在

科目名/Course title はじめてのデータサイエンス/Gentle Introduction to Data Science
担当教員(所属)/Instructor 匂坂 智子 (基礎教育センター)
授業科目区分/Category 共通科目 
授業形態/Type of class 演習
開講期/Semester 2023年度/Academic Year  後期/AUTUMN
開講曜限/Class period 月/MON 4
対象所属/Eligible Faculty 文学部国語国文学科/Faculty of Liberal Arts Department of Japanese Language and Literature,文学部フランス語フランス文学科/Faculty of Liberal Arts Department of French Language and Literature,文学部英語英文学科/Faculty of Liberal Arts Department of English Language and Literature,人間総合学部児童文化学科/Faculty of Human Studies Department of Children's Culture,人間総合学部発達心理学科/Faculty of Human Studies Department of Developmental Psychology,人間総合学部初等教育学科/Faculty of Human Studies Department of Child Care and Primary Education
対象学年/Eligible grade 1年 , 2年 , 3年 , 4年
単位数/Credits 2
副題
/SubTitle
デジタル社会におけるデータ思考の涵養
授業のねらいと達成目標
/Course Objectives
 近年コンピュータやネットワーク、スマートフォンの普及と技術革新により、私たちが手にすることができる情報は飛躍的に増大しました。その一方で、私たちの日々の生活の中で知らない間に収集、蓄積された膨大な情報(ビッグデータ)は、急速に発展・普及している人工知能(AI)の技術によって分析・加工され、新しい価値やサービスを生み出して社会に大きな影響を与えています。今後、私たちはAIを活用したり、多様な情報を分析し客観的なデータに基づいて現状を把握したり、更に将来を予測し判断したりするための知識や技術の習得が必須と言われています。このような分野をデータサイエンスといいます。この授業ではAI・データサイエンスに関して正しい知識を持ち、それを日常や仕事の場で使いこなすための基礎的なリテラシーを習得することを目標とします。

〔2022年度以前入学者〕 
 この授業はディプロマポリシーの「時代を超えて普遍的に求められる深い教養と知性、自己を発見する心を持つ自立した女性になるための基礎的な能力を身につけている」に対応しています。
〔2023年度入学者〕 
 この授業はディプロマポリシーの「時代を超えて普遍的に求められる深い教養と知性、大学生としての基礎的なスキルやリテラシーを身につけている」に対応しています。
授業概要
/Course description
 この授業はmanabaコースを使ったオンデマンドで行われます。授業の構成については、授業の前半の時間はデータ・AIの利活用に関する「講義」を行い、後半の時間はExcelを使ったデータリテラシの「実習」を行います。まず前半の「講義」については、AI・データ活用の事例や、社会で起きている変化、AI活用領域について学びます。またデジタル社会において、AI・データを活用するうえでのモラルや、個人情報を守るための注意点についても学びます。次に後半の「実習」では、統計の基礎とExcelを用いたデータ処理、分析手法について学びます。ネット上に公開されている実データをグラフで表現したり、様々な手法で分析し、その結果を意味付けしたり、表現したりする方法を学びます。
 この授業は文部科学省の数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラムの「導入」「基礎」「心得」の学習項目に準拠しています。
 また授業では、関連する資格試験の紹介と取得のための基礎知識についても解説します。「ビジネス統計スペシャリスト-Excel分析(基礎レベル)」の資格取得に興味がある方にも対応しています。
(詳細は次のURLを参照してください https://stat.odyssey-com.co.jp/about/)
授業計画(授業の形式、スケジュール等)
/Class schedule
第1回:「講義」導入1:データサイエンスとは?
     「実習」基礎1:Excel基本操作の確認
第2回:「講義」導入2:社会で起きている変化
     「実習」基礎2:数式と関数による集計表
第3回:「講義」導入3:社会で活用されているデータ
     「実習」基礎3:グラフの種類と使い方、★グラフの読み方 
第4回:「講義」導入4:データ・AI活用領域     
     「実習」基礎4:度数分布表(質的データ、量的データのばらつき)
第5回:「講義」導入5:データ・AI活用のための技術
     「実習」基礎5:データのばらつきを数字で示す
                      基本統計量、平均値、中央値、最頻値
第6回:「講義」導入6:データ活用について
     「実習」 基礎6:標準偏差と標準化
第7回:「講義」導入7:データ・AI利活用の現場
     「実習」 基礎7:移動平均
第8回:「講義」導入8:データ・AI利活用の最新動向
     「実習」基礎8:季節調整
第9回: 「実習」基礎9:応用課題の出題
           ★データの読み方とデータを説明する方法
第10回:「実習」基礎10:散布図、外れ値分析
           ★データの扱い方
第11回:「講義」心得1:  データ・AIを扱う上での留意事項-1
       「実習」基礎11:散布図、相関分析
第12回:「講義」心得2:データ・AIを扱う上での留意事項-2
       「実習」基礎12:回帰分析
第13回:「講義」心得3:データを守るうえでの留意事項
       「実習」基礎13:最適化
第14回:  応用課題提出と期末試験の準備、資格試験の案内
第15回:  期末試験とまとめ

授業内容は受講者の進度によって変更することがあります
準備学習・履修上の注意
/Notices
 この授業は対面授業ではなく、オンデマンドで行われます。第1回目の授業の中で、授業の受け方とルールについての説明をしますので、きちんと理解してから受講してください。この授業は講義だけでなく、データを操作する実習があります。毎週新しい内容を学び課題が出されます。課題は期日までに提出することが求められます。後でまとめて課題を提出することはできません。授業の中で行う実習課題は積み重ねの内容になっていますので、ひとつ飛ばすと次の課題ができなくなります。わからないことがあれば、すぐに担当教員に連絡して習得しておくようにしてください。この授業は各回の予習復習時間を4時間程度と想定して設計されています。授業では学期中にZoomによる質問会を実施する予定です(参加は任意)。詳細はmanaba courseで連絡します。
 自宅で学習する場合は、各自のPC(WinまたはMac)にブラウザのChromeを揃え、Office(Word, Excel)をインストールしておいてください。Officeは大学が提供するMicrosoft365を推奨しますが、自身で購入したOffice製品でも可能です(ただし授業の実習で前提とする条件と異なるため、Windows版についてはOffice2016以前のバージョン、Macintosh版についてはOffice2016 for Macないしそれより古いバージョン、さらにOffice互換ソフト(Libre OfficeやGoogleドキュメント、Googleスプレッドシートなど)は不可とし、大学が提供するMicrosoft365を導入することを推奨します。iPadやスマートフォンなどの携帯端末用のOfficeでは、機能が制限されているため、課題を行うことができませんのでご注意ください。必ずPC用のOfficeで課題を行なってください。

【授業外学修の内容】
毎回の授業の振り返りを行うこと。授業において指示した課題を行うこと。
教科書・参考書等
/Textbooks
【教科書】
『Excelで学ぶビジネスデータ分析の基礎』
 著者: 玄場 公規、湊 宣明、豊田 裕貴
 出版社: オデッセイ コミュニケーションズ
 ISBN: 978-4-908327-04-9
その他、授業資料を適宜、配布します。

【参考書】
参考書は授業の中で適宜紹介します。
成績評価の方法
/Evaluation
【評価方法・評価基準】
 各回において課される確認テスト+実習課題(70%) 
 応用課題と期末テスト(30%)
 これらの合計が6割以上で単位認定を行います。

【注意事項】
・確認テストや課題の提出が規定数に達していない場合は、
 期末テストの受験資格はありません。

【課題(試験やレポート)に対するフィードバックの方法】
 manaba course で通知します。
備考
/Notes
要素III(基礎的素養)
この授業は「manaba course」を利用した遠隔授業(オンデマンド型)として実施します。

科目一覧へ戻る