図書館

ちりめん本コレクション

当館所蔵のちりめん本コレクションからデジタル化したものを紹介します。

●ちりめん本とは

 「ちりめん本(縮緬本)」とは、着物などに使われるちりめん布のような柔らかいクレープ状の和紙に、美しい挿絵と欧文の物語が印刷されている和綴本のことを指します。
ちりめん紙は、ちりめん(crepe)から「crepe paper」と英訳されています。

●長谷川武次郎とちりめん本
「ちりめん本」を考案したのは、「長谷川武次郎」(嘉永6年(1853)~昭和12年(1937))という人で、彼の工房「長谷川弘文社」でおもに製作されました。明治18年(1885)に初めて出版されて以来、題材に日本の伝説や童話を取り上げ、浮世絵師を起用した挿絵や、宣教師を始めとするさまざまな人物を翻訳者として起用し、珍しい日本土産として外国人に好まれました。主要な出版は明治30年代にかけて行われ、独自の方法で、非常に手間のかかる丁寧な仕事のため、今日までその美しさを保っています。長谷川武次郎は、ちりめん本だけでなく、ちりめん状に加工していない平紙本も出版しました。

●当館では、ちりめん本をコレクションしており、平紙本とあわせて100点ほど所蔵しています。そのうちの一部をデジタル化しています。

をクリックするとそれぞれのデジタル画像を見ることができます。またこちらをクリックすると、学術リソースの「貴重書デジタルアーカイブ」で一覧を見ることができます。
は、データを準備中です。ほかにも準備中の画像があります。準備でき次第、追加していきます。
※原本に記されていない日本語タイトルは、石澤小夜子著「明治の欧文挿絵本:ちりめん本のすべて」(三弥井書店、2004)を参考にさせていただきました。

日本昔話シリーズより
 ※日本語タイトルは、英語版のシリーズ順に合わせてあります。
日本名 英語版 フランス
語版
ドイツ
語版
スペイン
語版
ポルトガル語版
桃太郎      
舌切雀      
猿蟹合戦    
花咲爺      
かちかちやま    
ねずみのよめいり      
瘤取    
浦島    
八頭ノ大蛇      
松山鏡    
因幡の白兎      
野千の手柄      
海月      
玉の井      
俵藤太      
鉢かづき        
文福茶釜      
竹箆太郎        
羅生門      
大江山        
養老の瀧      
三つの顔    
思い出草と忘れ草        
竹取物語        
蜘蛛        
           
ハーンの五冊本      
           
           
単発本
 ※日本語タイトルの五十音順
           
           
カレンダー
           
           
長谷川武次郎の弘文社以外で発行されたちりめん本
           
Page Top