学びの内容

人間総合学部

人を理解し、人を支える人になる

人間総合学部では、「児童文化」「発達心理」「教育・保育」の視点から、人を知る学びを追究し、人を支える人を育てます。

学科

児童文化学科

児童文化学科

児童文学・文化を専門的に研究する

初等教育学科

発達心理学科

生涯にわたる心の変化を科学する

発達心理学科

初等教育学科

幼児・児童教育のプロフェッショナル

ディプロマ・ポリシー

【児童文化学科】

所定の年限在学し、本学科が定める所定の単位を修得することで、次に掲げるような力量を身につけた学生に学位を授与する。

時代を超えて普遍的に求められる豊かな人格形成をおこなうために、カトリックの人間観・世界観を理解するための基礎的な能力を身につけている。

時代を超えて普遍的に求められる深い教養と知性、自己を発見する心を持つ自立した女性になるための基礎的な能力を身につけている。

現代社会に求められる外国語学習を通じ、異文化への深い理解のために必須な能力を身につけている。

人間社会の基盤となる子ども・大人・社会の関係について、また、子どもにかかわる文化や文学について、深い理解と学際的で幅広い知識を持ち、分析と考察をする能力を身につけている。

また、これらの知識と豊かな発想力を生かした創作・制作活動により、子どもと大人の双方に向けた文化活動、創作活動ができる。

【発達心理学科】

所定の年限在学し、本学科が定める所定の単位を修得することで、次に掲げるような力量を身につけた学生に学位を授与する。

時代を超えて普遍的に求められる豊かな人格形成をおこなうために、カトリックの人間観・世界観を理解するための基礎的な能力を身につけている。

時代を超えて普遍的に求められる深い教養と知性、自己を発見する心を持つ自立した女性になるための基礎的な能力を身につけている。

現代社会に求められる外国語学習を通じ、異文化への深い理解のために必須な能力を身につけている。

胎児期から老年期にいたる生涯発達の標準形と多様性を、生物学的・社会文化的な背景とともに理解している。すなわち人間は遺伝学的・生得的に規定されると同時に、どのような環境で育ち大人になっていくかという社会文化的文脈によっても大きく左右されるという生涯発達心理学の考え方を身につけ、人間を発達的視点から捉えることができる。

人生のさまざまな時期に遭遇する発達的な課題や危機を理解し、発達障害や精神疾患等の臨床的な問題とそれらへの対応に関する専門知識を、人々の心の健康の増進を図るためのスキルとして活かすことができる。

 実験や調査、観察などの心理学の基本的な方法を身につけるとともに、それを使って現代社会の発達心理学的課題を積極的に見出して探求することができる。

【初等教育学科】

所定の年限在学し、本学科が定める所定の単位を修得することで、次に掲げるような専門的力量を身につけた学生に学位を授与する。

時代を超えて普遍的に求められる豊かな人格形成をおこなうために、カトリックの人間観・世界観を理解するための基礎的な能力を身につけている。

時代を超えて普遍的に求められる深い教養と知性、自己を発見する心を持つ自立した女性になるための基礎的な能力を身につけている。

現代社会に求められる外国語学習を通じ、異文化への深い理解のために必須な能力を身につけている。

子ども一人一人をかけがえのない存在としてとらえ、その個性を尊重しながら知性と感性をともに育んでいくことができる。

子どもをめぐる社会や文化の状況を理解し、子どもの心身の発達を十全に保証する場と機会を創り出そうと努力することができる。

人間の生涯発達を見通し、子どもに必要な支援を与えることができ、また保護者にも適切な情報や助言を提供することができる。

これらにより、常に理論と実践の往還を図りつつ、専門的職業人である小学校教諭、幼稚園教諭・保育士として社会的使命を全うできる卒業生、及び地域社会における子ども支援・子育て支援の活動に携わることによって社会に貢献できる卒業生を送り出す。

Page Top