学びの内容

ハタエ ヨウスケ

波多江 洋介 准教授

専門分野

臨床心理学

自己紹介・学生へのメッセージ

私の専門は子どもの心理療法、つまりプレイセラピーで、特に被虐待児に対するプレイセラピーです。被虐待児に対するプレイセラピーとその他の子どもに対するプレイセラピーとでは、本質的な違いがあるわけではありません。しかし、被虐待児に対するプレイセラピーは多くの場合独特の困難が伴いますので、セラピストに虐待に対する正確な理解がないと、うまく進展しにくいのも事実だと思います。そこで、被虐待児にはどのような特徴があるのか、そして、心理療法においてクライエントをどのように理解することが可能なのかということを研究テーマとしています。
プレイセラピーでは子どもは遊びを使ってコミュニケーションを行います。大人の心理療法ではクライエントは自分の状態を言葉で伝えますが、子どもは言葉の能力が未発達なので、言葉の代わりに遊びを用いるのです。もちろん、子どもが意識的に“こういうことを伝えたいからこういう遊びをしよう”と思って遊ぶわけではありませんが、自然に遊んでいるうちにその子どもの心のありようが遊びににじみ出てくるものだと考えられています。そこで、遊びに表現された意味やメッセージについて考察することが私の研究分野です。
担当科目
■発達心理学科
心理演習

■大学院 発達心理学専攻
臨床心理学特論
発達臨床心理学特論C
臨床心理基礎実習
 
担当科目の内容

■発達心理学科
〇心理演習
臨床心理的学的な視点からは人間をどのように理解できるのかということについて、小説や実際の心理療法(カウンセリング)の事例を題材に参加者で話し合います。また、心理療法(カウンセリング)の際に、クライエントの話をどのように聞けばよいのかということについての技法をロールプレイングを通して学びます。


■大学院 発達心理学専攻
〇臨床心理学特論
人が表現したイメージからその人のありようをどのようにして理解していけばよいのか、ということが授業のテーマです。具体的には前期はバウムテスト、後期は箱庭を主な題材とします。希望者には実際に箱庭の作成にも取り組んでもらいます。

 〇発達臨床心理学特論C
心理療法に関する基礎的な文献を読み込む中で、心理療法に対する理解を深めることを目的とします。今年度は、『Trauma and Recovery』を題材にして、心的外傷について説明する予定です。

 

業績
■業績
  • 箱庭で水を用いた遊びを繰り返した男児の遊戯療法過程 『心理臨床学研究』第25巻2号
  • てんかん症児との遊戯療法過程 『日本芸術療法学会誌』第38巻1号
  • 児童養護施設における個別心理療法に関する一考察『白百合女子大学発達臨床センター紀要』第15号
  • 「ずっと『男の子になりたい』と言っていた」女児とのプレイセラピー過程『白百合女子大学発達臨床センター紀要』第17号
  • 境界をめぐって展開した遊戯療法過程『白百合女子大学発達臨床センター紀要』第19号
経歴
■学歴
上智大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程満期退学

■職歴
関東短期大学こども学科
白百合女子大学発達心理学科

■所属学会
日本心理臨床学会 
日本子ども虐待防止学会
日本遊戯療法学会
日本箱庭療法学会
日本ユング心理学会
Page Top