学びの内容

フランス語フランス文学専攻

学部での成果をさらに深める研究体制

フランス語フランス文学専攻が目指すのは、学部4年間の学習の成果を発展させ、さらに研究を深めていくことです。この実現に向け、経験豊富な教授陣が少人数の演習形式で授業を展開し、院生の個性を生かすための手厚い指導を行っています。教員の専門領域は、フランス語学、フランス語教育学、中世から現代にいたる文学・思想、歴史学、さらにはフランス以外のフランス語圏文学と多岐にわたり、院生の興味関心に応じてフランス・フランス語圏文化の多様な側面を学ぶことができます。また、テクストの綿密な読解や、フランス人教員による「フランス語で書く」ことの訓練などを通して、高度なフランス語運用能力を育むことにも力を入れています。
異文化に対する開かれた精神を養うとともに、職業人として社会で活躍できるような実践的な言語能力を開発すること─これが専攻の大きなテーマです。

実践的な語学教育法の開発

本専攻の特色の一つとして、ティーチング・アシスタント(TA)制度をいち早く導入したことがあげられます。希望者はTAとして学部生のフランス語学習を個別に支援したり、講義のサポートをすることで、語学教育の一端を体験することができます。また、首都圏の私立大学におかれているフランス語フランス文学系大学院の多くと単位互換協定を結んでいるので、協定大学の聴講で取得した単位を8単位まで修了単位に組み入れることができます。さらに、言語・文学専攻に置かれている「オムニバス授業」を本専攻修士課程にも開放しています。フランス語フランス文学にとどまらない、より学際的な視野から、各自の研究テーマを見つめ直すことができるでしょう。特定の課題についての研究の成果を修士論文に代えることもできます。

教育研究上の目的

【修士課程】

フランス語フランス文学専攻は、フランス語、フランス文学・文化およびフランス語教育の研究において体系的に学識を深め、幅広い専門知識と研究能力、言語運用能力を持ち、教育・研究機関のみならず多様な分野において、文化の進展に寄与しうる人材の養成を目的とする。

入学者の受け入れに関する方針(アドミッションポリシー)

【修士課程】

フランス語およびフランス語を用いて表現された文学・文化の研究の前提となる基本的な知識を備え、専門分野における研究に強い意欲を持つ人。そうした研究をとおして社会の発展に積極的に寄与することを希望する人を求めます。
 

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

【修士課程】

フランス語学、フランス文学、フランス文化、フランス語教育に関する専門的な知識や技能を修得し、専門的立場から社会に貢献することができるように、これらの分野の研究科目を置く。また、すべての基礎となるフランス語運用能力の向上を目的とした演習科目を置く。
修士論文および特定の課題についての研究については、その作成を指導するため、「修士論文指導」科目、「特定の課題に関する研究指導」科目を置く。
さらに、言語文学に関するより深く幅広い教養や知識を身につけるために、「オムニバス」科目を履修することもできる。
これらの授業科目と並行する形で年間2回の中間発表会を催し、修士論文や特定の課題についての研究の成果作成に向けての中間成果のまとめを促すとともに、それを口頭で発表する訓練を行う。
以上に加え、修士課程入学直後より指導教員は学生との連絡を密にし、授業内、授業外において研究の進め方や論文の作成の仕方についてアドバイスを与え指導を行う。

修了認定に関する方針(ディプロマポリシー)

1.学生が修了時に身につけておくべき能力=教育目標、学修・研究目標

  フランス語フランス文学専攻は教育研究上の目的を達成するために、学生が修了する時点において、以下のような力を身につけることを教育目標および学修・研究目標として定める。これらの力を身につけ、課程修了の要件を満たした者に、修士(文学)の学位を授与する。

1)フランス語学、フランス文学、フランス文化、フランス語教育に関する専門的な理論や知識、技能を修得し、自らの研究関心に応じて必要な文献、データを収集・分析するための方法を身につけ、そこから得られた知見を発表することができること。
2)社会的な要請を理解し、研究の場において、または実践の場において、専門的な貢献ができること。
3)フランス語学、フランス文学、フランス文化、フランス語教育、さらには隣接する諸領域の研究動向に関心を持ち、新たな学問的あるいは現実的問題に対応できる柔軟な姿勢を持つこと。

 

2.論文審査基準

 以上の目的を達成するために展開される教育活動および学修・研究活動の成果として提出される修士論文および特定の課題についての研究の成果は、以下の基準によって評価される。 

・修士論文は、以下の基準によって評価される。

1)研究対象および関連事項を精査したものであること。

2)研究の目的および方法が明確であること。

3)内容の展開が論理的であること。

4)記述の表現が厳密であること。

5)研究上一定の成果が認められるものであること。

6)指導教員の指導および中間発表会における指摘が反映されたものであること。

・特定の課題についての研究の成果は、以下の基準によって評価される。

Ⅰ 課題論文(4本)

1)4つの課題論文が、研究対象の専門的で多角的な分析として、その総合的な理解に寄与していること。

2)それぞれの課題論文について、研究の目的および方法が明確であること。

3)それぞれの課題論文について、記述が論理的で表現が緻密であること。

4)4つの課題論文をあわせて、研究上一定の成果が認められるものであること。

5)指導教員の指導および中間発表会における指摘が反映されたものであること。

Ⅱ フィールドワーク・教材研究

1)教育現場におけるフィールドワークの記録あるいは自ら開発した教材と、実践的な知見に基づく研究成果の報告をともに含んでいること。

2)研究の目的および方法が明確であること。

3)報告の記述が論理的で表現が緻密であること。

4)研究上一定の成果が認められるものであること。

5)指導教員の指導および中間発表会における指摘が反映されたものであること。

Ⅲ 仏和翻訳

1)フランス語で書かれ公刊された作品で、かつ既訳のないものの日本語訳であること。

2)フランス語原文の語彙や文法を正しく理解していること。

3)フランス語原文のニュアンスを正確に伝えていること。

4)作品の客観的位置づけや、翻訳にあたっての方針が、明確に示されていること。
 


 


 

Page Top