学びの内容

キベ ノリオ

木部 則雄 教授(修士課程専攻主任)

専門分野

精神分析(こどものこころの探求・クライン学派・英国対象関係論を中心とした精神分析)・精神医学

自己紹介・学生へのメッセージ

精神分析は、フロイトの死後に米国を中心とした自我心理学と英国を中心としたクライン学派のふたつに分かれました。ただし、このどちらにも属さない、例えばウイニコット等の独立派という学派もあります。
こどもの分析は、アンナ・フロイト(自我心理学)とメラニー・クラインの論争の基になったように、かなり異なった治療上のアプローチが選択されています。自我心理学では、こどもは保護されるべき存在と考えられ、親の養育機能を重視しています。クライン学派では、こどもの心的発達はフロイトの理論よりもはるかに早期に完成され、フロイトの自由連想法を変更することなく、こどもを一人の個人として治療(プレイセラピー)を行えると考えています。
私はクライン学派の理論と技法に基づいて、こどもの心的世界に直接アプローチする臨床の実践を行っています。フロイトは、タブー視されていた無意識に潜む性欲等の衝動を神経症の基盤と考え、世間の非難を浴びました。クラインもこどもの世界が、純粋無垢な世界だけでなく、攻撃性と怒涛の渦の世界も存在していることを認識したのでした。これは、従来のこども観を否定することであり、多くの人々や分析家からも非難されました。しかし、クラインの卓越した臨床に基づいた理論の正当性は、英国を中心にして支持され、自我心理学と対抗する一大勢力になっています。
私はこのクライン派の理論を中心に、臨床と臨床研究を行っています。臨床コースの大学院では、通年の面接の講義を担当し、実際のケースを通して、精神分析の概念と実践の掛け橋をしています。また、併設の発達臨床センターでの実習は、同席での面接や個人のセッションを通してのスーパーヴィジョンを行っています。臨床心理は、修士の2年間だけでは十分に学ぶことができないでしょうが、その後の実践の基礎となるように心がけています。修士論文の指導は、テーマが臨床に関するものであれば、お受けしていますが、これは各人の意思と努力の基盤があってのことです。
担当科目
■児童文化学科 発達心理学専攻
発達心理学演習IB
担当科目の内容
■児童文化学科 発達心理学専攻
◇発達心理学演習IB◇
私の本科目の分担は臨床心理学の基礎論文を英文で読むことです。臨床心理学には、さまざまな学派や方法が存在していますが、その基礎はフロイトの確立した精神分析です。フロイトは19世紀末から20世紀中頃までオーストリアのウィーンで臨床活動を行い、精神分析を確立しました。フロイトの母国語はドイツ語でしたが、フロイトの弟子であるジェームス・ストレイチーによって英語に翻訳され、この翻訳がフロイトの標準版(スタンダード・エディション)となりました。
本年度は、フロイトが精神分析の中核概念であるエディプス・コンプレックスを子どもで実証したとされている「ある5歳男児の恐怖症分析(少年ハンス)」(1905)を輪読する予定です。
エディプス・コンプレックスはフロイトが父親を亡くした後に、自らの内に潜む父親殺しの願望に気づいたことに起因しています。このフロイトの空想は父親を亡き者にし母親と交わるという、古代ギリシャ悲劇のひとつである『オイディプス』のテーマと同じものでした。したがって、フロイトはこの心性は人類にとって普遍的な空想であると考え、これをエディプス・コンプレックスと命名しました。
フロイトはこの5歳児の馬に対する恐怖症を父親からの情報に基づき、父親に示唆を与えることで、間接的に精神分析的治療を行いました。この記録に記載されているハンスと父親の会話は、ハンスの子どもの性に対する好奇心と機知を絶妙に表現しています。本論文は当然のことながら、翻訳もされていますが、原文での父子のやり取りを味わって欲しいと思います。
業績
■著書
『こどもの精神分析』(2006)岩崎学術出版社
『こどもの精神分析II』(2012)岩崎学術出版社

■監訳
『こどものこころのアセスメント』(2007)岩崎学術出版社
『母子関係の精神力動』(2013)岩崎学術出版社
Page Top