学びの内容

ナイト ティモシィ

ナイト ティモシィ 准教授

専門分野

応用言語学
ジャーナリズム英語
談話分析

自己紹介・学生へのメッセージ

■自己紹介
出身は英国のロンドンです。中・高校はビックベン近くの学校に通いました。ロンドンでラジオ・テレビのジャーナリストの仕事をしていましたが1990年代初めに来日し、数年間は海外のメディアに日本を報道する仕事をしながら、東京・横浜で教えていました。
担当科目
■文学部 英語英文学科
Journalism English
Academic Writing
Digital Presentation
British Cultures I・II
2年ゼミ
3年ゼミ
Extensive Reading I・II

■大学院 英語英文学専攻
英米文学演習G
英語によるアカデミックライティング
担当科目の内容
■ 英語英文学科
◇Journalism English
ジャーナリズムに使われる英語について考えます。ニュース独特の表現や方法など。扱うニューストピックは学生の皆さんにも選んでもらいます。

◇3年ゼミI・II
談話分析とプラグマティックス。実際のコミュニケーションで英語がどのように使われるかを学びます。

◇Digital Presentation
英語スピーチ、テクノロジーを使ったプレゼンテーション力を養成します。

◇British Cultures I・II
講義、講読、時には映画などの映像・音声教材を使用して、英国社会について学びます。

■大学院 英語英文学専攻
授業では英語による論文作成の指導をする。アカデミックライティング技術のみならず、学位論文に要求される特有のスタイルにも重点をおいて指導する。専門は応用言語学。報道や広告の英語を中心とするメディア・イングリッシュ、および、人がどのように言葉を使うのか等を研究するディスコース分析、プラグマティックス。
業績
『リスニングチャレンジ』 (鶴見書店、1997年、共著)
”UK Report Today” (鶴見書店、1999年、単)
『Journalism English Today、現代ジャーナリズム英語を学ぶ』(鶴見書店、2002年、単)
『ネイティブだったらこう言うね』(PHP,2002年、共著)
『Talking About Britain.イギリス人への15の質問』(鶴見書店、2003年、単)
『Media English』(Perceptia Press,2010年,単)
『Welcome to Britain』-英国の<いま>を知りたい- (鶴見書店、2012年、単)
『Welcome to Britain Revised Edition 』-英国の<いま>を知りたい-「改訂新版」 (鶴見書店)

Media English Welcome to Britain
経歴
■経歴
英国・ブリストル大学
テンプル大学大学院日本校修士課程

■所属学会
全国語学教育学会(JALT)
Page Top