学びの内容
石沢順子 准教授

イシザワ ジュンコ

石沢 順子 准教授

専門分野

身体教育学

自己紹介・学生へのメッセージ

子どもの運動遊びを中心に実践と研究をしています。身体を動かす楽しさを子どもたちに伝えるために、まずはみなさん自身にその楽しさを感じていただけたら嬉しいです。「笑顔」と「挑戦・感謝する気持ち」を大切に、それぞれの個性が光る素敵な先生を目指して、共に成長していきましょう。

担当科目

■人間総合学部 初等教育学科
体育、初等教育基礎演習A 、初等教育演習A、領域健康、保育内容演習(健康)、初等体育科指導法

担当科目の内容

■人間総合学部 初等教育学科
◇体育◇ 
幼児期・学童期の身体や運動機能の発育発達に合わせた運動遊びや体育的活動について、体験しながら学びます。子どもたちが楽しみながら身体を動かせるような環境設定や活動の工夫についても学び、保育・教育の場で実践できる力を身につけていきます。

◇保育内容演習(健康)◇
心身ともに健やかな子どもを育てるために、子どもの心・体・社会性などの発育・発達についての基礎知識を学びます。また、日々の活動や生活習慣の自立に向けて、子どもの成長に合わせた援助方法について考えます。

 
業績

■著書
『保育内容 健康』(共著)光生館2018年
『保育者を目指す人たちへ』(共著)大学図書出版 2013年
『保育内容「健康」』(共著)大学図書出版 2012年
『新版・遊びの指導 乳・幼児編』 (共著)同文書院 2009年
『幼児体育 基礎理論と指導の方法』(共著)樹村房 2008年

■論文・報告書等

「投げる」能力を育む教科横断型学習プログラムの開発に向けて(2):初等教育学科における事例研究(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要第4号2019年
「投げる」能力を育む教科横断型学習プログラムの開発に向けて(3):図画工作科の視点からの教材開発(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要第4号2019年
夏季研修における体験学習に関する取り組み:学生の学びに関する検討(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要第4号2019年
意欲や主体性を育む幼児教育:領域「健康」「人間関係」「環境」からみたニュージーランドの比較(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要第4号2019年
「投げる」能力を育む教科横断型学習プログラムの開発に向けて-体育科・理科・図画工作科等を関連させる試み-(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要第3号2018年
幼児の日常身体活動量:幼稚園児と保育所児の比較(共著)白百合女子大学初等教育学科紀要創刊号 2017年
3軸加速度計を用いた幼児の自由遊び中の活動水準評価(共著)慶應義塾大学体育研究所紀要第55巻 2016年
保育中の活動場面による身体活動水準の違い-活発な子どもと不活発な子どもの比較-(共著)発育発達研究第62号 2014年
観察的評価からみた幼児の基本的動作の習得度と評価の有効性についての検討(共著)慶應義塾大学体育研究所紀要第53巻 2014年
幼児の日常身体活動量と基本的運動能力との関係-運動様式の違いによる検討(共著)慶應義塾大学体育研究所紀要第52巻 2013年
保育園に通う幼児の日常身体活動量(共著)東京純心女子大学紀要第15号 2011年
中野区運動遊びプログラム(第3版)(共著)中野区幼児研究センター 2014年
中野区幼児研究センター平成25年度調査研究報告書 中野区幼児研究センター 2014年
 

経歴

■学歴
2005年3月横浜国立大学大学院教育学研究科健康・スポーツ系教育専攻修了
2018年3月鹿屋体育大学大学院体育学研究科体育学専攻博士後期課程 単位取得満期退学
2019年3月 博士(体育学)鹿屋体育大学(論文博士)

■職歴
聖セシリア女子短期大学助手、東京純心女子大学専任講師、相愛大学准教授を経て、2016年より現職

■所属学会
日本体育学会、日本発育発達学会、日本体力医学会、日本保育学会、日本子ども学会 ほか

 
Page Top