学びの内容
椎橋げんき 准教授

シイハシ ゲンキ

椎橋 げんき 准教授

専門分野

日本画、乳幼児の表現領域、芸術学、教育学

 
 

自己紹介・学生へのメッセージ

作家名・本名、椎橋元貴と申します。どれか一つ読みやすく、と名前をひらがな表記させていただきました。

私の専門分野は日本画で、日本画を中心としたアーティスト活動をしています。また研究分野はそのアーティスト視点に教育的な観点を持ち乳幼児の保育にアプローチをしています。

まだまだ「絵が下手で・・・」「絵が苦手」、といった悩みから、教育実習などの保育現場で萎縮してしまっている学生が多くいます。子どもと向き合う表現活動はそういう大人目線のことではありません。

 

では何か。

 

・・・続きは授業で。

 

担当科目
■人間総合学部 初等教育学科
図画工作
図画工作演習(造形・描画)
保育体験Ⅰ
保育体験ⅡA・ⅡB
初等教育基礎演習A
初等教育演習A
卒業研究 
 
 
担当科目の内容

◇図画工作◇

乳幼児期の活動は常に創造的です。初等教育における礎でもある乳幼児期を学び、その先の子どもの創造性を考えていきます。

授業内容は、子どもたちの豊かな情操を育む基盤となる生活=保育を発達とともに理解し、表現活動の援助を授業で体験しながら学びます。幼児の興味関心に触れていき、遊びから学ぶ数々の現象を捉え、子どもがどのような表現の可能性を持つのかを学びます。また、子どもの様々な表現活動の本質を捉えていけるよう、発達や表現のプロセスについての理解を深め、子どもの視線の先を広い視野で見ていける指導者の自覚を育みます。授業で行う造形体験を通し自身も描くことやつくることを楽しみ、その過程で大人と子どもの表現の違いを知り、素材や用具について理解と配慮を考察していきます。

◇ 図画工作演習(造形・描画)◇

学校教育で使用される教材は、義務教育を終えてから日常生活でほとんど手にすることがなくなります。それらの素材や描画財を再度手にし、素材から感じ、表現することの楽しさを再発見していきます。その活動の中で自身の教育活動に生かす手立てとなる教育的な側面を模索していきます。また制作していくプロセスを振り返り、発想や発見の目を再発見していきます。同時に鑑賞から学びを体験し、鑑賞について理解を深め、解釈を広く持ち、制作につなげる経験をしていく授業を行います。
 

◇保育体験Ⅰ,ⅡA,ⅡB◇
8回の授業のうち4回は調布市近郊の保育所で体験的に学び、残りの4回は保育所での学びを振り返りながら学びの系統化を目指す点も保育体験ⅠとⅡは同様です。保育体験ⅡはⅠでの学びの延長線上に設定されています。そのため、保育体験Ⅰで作成した記録、レポート等を活用しながら授業を進めていく予定です。

◇初等教育基礎演習A◇
初等教育をめぐる諸問題について、子どもの発達と保育学・教育学、社会福祉・児童福祉、領域・教科等の内容、領域・教科等の指導、子どもの生活と生活指導、教育実践・保育実践などに即して幅広くトピックスを取り上げ、幼児教育・保育及び児童教育全般への関心と理解を広げます。子どもが学ぶ多様な内容、子どもが教室で経験する多様な出来事、そして子どもの発達とそれを導く教師の役割などについて探求するとともに、各担当教員が専門の立場からどのように問題として捉え、どのように研究していくかについても学んでいきます。まず6名の教員が3名ずつ2グループを作り、履修者も2グループに分ける。各グループの教員はそれぞれの専門領域から5回で扱うトピックスを持ち寄り、各グループの学生をさらに3班に分けたうえで、各班をローテーションで指導します。担当教員それぞれの授業概要は以下の通りです。教師以外の視点で捉えた子どものを取り巻く世界を感じ取る。その手段として世界観が可視化されている映画の鑑賞を行う。非言語的な表現からも映画に込めた意図をそれぞれが感じ、同履修をしている他者の多様な思いを共有し、表現を受け取る側の解釈の多角さを知る。違う価値観を受け入れ、認め、自身の思考の視野について考察する機会にします。

◇初等教育演習A◇
授業計画前半では、一斉保育における製作活動や図画工作で行う製作を実践し、その活動の意味を探り、子どもの育ちへの課題や問題点を批評的視点を持ってグループワークで抽出する。この製作活動は部分実習や責任実習、教育実習に対応できることも視野に入れています。 中盤では子どもに関わる映像鑑賞を行う。そこから自己の考えを柔軟に持ちつつ、学生それぞれの価値観や認識を感じ認めていくグループワークを行います。後半は子どもと保育(学習)と造形活動(図画工作)を結び付けていく糸口を探りに、実際の現場に出向き、実体験を通して考えていきます。

業績
■論文・学会発表・報告書等
『「投げる」能力を育む教科横断型学習プログラムの開発にむけて-体育科・理科・図画工作科を関連させる試み-』(共著)白百合女子大ISSN 2432-7972初等教育学科紀要「保育・教育の実践と研究2017」第3号 2018年 pp.1-9
『表現遊びにおける身体性と造形性-造形性の視点から-』日本保育学会 第70回大会 口頭発表2017年
『感じて考えて行動する—保育現場における触感覚の考察—』(単著)白百合女子大ISSN 2432-7972初等教育学科紀要「保育・教育の実践と研究2016」創刊号 2017年 pp.45-52
『感じて考えて行動する—触感覚の文献的考察—』日本保育学会第69回大会口頭発表 2016年
『地域アートプロジェクトにおける美術教育の実践—中之条ビエンナーレにおける表現と鑑賞のワークショップ』(ブラウズ "第31号 2014"群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センター) 2014年

■著書
「保育現場から伝えたいこと」『小学校図画工作/中学校美術情報誌造形ジャーナル』 開隆堂出版株式会社Vol.62-2 2018 No.432 2018年http://www.kairyudo.co.jp/contents/04_shiryo/kikanshi/zokei/vol62-2.pdf
「シリーズ 乳幼児はすごい7」、『教育美術』 2016年11月 西村貞一編集発行ISSN 1345-9937 公益財団法人教育美術振興会第77巻第11号(第893号) 
「シリーズ 乳幼児はすごい6」『教育美術』2016年10月西村貞一編集発行ISSN 1345-9937 公益財団法人教育美術振興会第77巻第10号(第892号) 2016年
「描くことからひろがる、つながる~施設を活かした活動から~」『教育美術』 2015年12月 西村貞一編集発行ISSN 1345-9937 公益財団法人教育美術振興会
第76巻第12号(第882号)
『みんないきいき絵の具で描こう!』共著 平田智久監修 株式会社サクラクレパス出版部 2014
経歴

■主な画暦

2003年 企画展:sora-project 銀座・exhibit Live&Moris
2006年 東京ディズニーシー『タワー・オブ・テラー』制作参加 ヒラコアートプロ
2007年 トーキョーワンダーウォール2007 東京都現代美術館
2009年 第6回アートゲートプログラム入賞 三菱商事買い上げ
2010年 AMIC企画入賞ムーンストラック新進作家選抜展 ハイアットリージェンシー大阪内ギャラリー・アットザ・ハイアットⅡ
2013年 FANKUTION展 渋谷西武美術画廊
2013年 中之条ビエンナーレ 群馬大学教育講座内

■教育方法の実践例
幼児造形教育研究会における分科会(2009~)
児童造形教育研究会における分科会(2015~)
「特別支援初等科における図工教材の開発-黒板塗料と描画材としてチョークを用いた教材開発の提案-」 群馬大学教育学部附属特別支援学校 2014年
「アーツ前橋の好きを見つけよう」についての活動報告と考察 アーツ前橋鑑賞プログラム実践 2013年

■学外における社会、地域貢献活動

「ワークショップ×ワークショツプ」 立川文化芸術のまちづくり協議会2017年 http://t-mirai.com/ 
「光る石であそぼう!(2016)」「紙コップであそぼう!(2017)」江東区立扇橋小学校PTA文化部主催扇橋セミナークラフト教室  2016-2017
「ひかりを感じて~自分の空間づくり~」アートラボはしもとワークショップ広場vol.4 みんなのためのアート 2016年http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankou/bunka/1003691/1003712/1003722.html
「アートと子どもの親和性−ワークショップ「僕らはミミズになりました」からの考察−」『シンポジウム:子どもたちがコミュニティーを再生する—アートにふれる・つくる・みる・かんがえることを通したアート・コミュニケーションから何を学んだか-』 2013年

■保育施設での活動
現在保育内での活動園(継続的関わっている園)
東京都I区私立1園(保育園)
神奈川横浜市T区私立1園(保育園)
栃木県O市私立1園(幼稚園)
埼玉県O市私立1園(こども園)
千葉県F市私立1園(保育園)
茨城県T市私立1園(こども園)

自治体や地区の保育協議会の研修会講師
埼玉県T市西部地区(平成25年)
東京都K市(平成25年~26年)
茨城県T市(平成25年~26年)

絵画造形、保育園、幼稚園、カリキュラム等の園内職員研修会講師(2009~)

■所属学会
日本保育学会
美術科教育学会
大学美術教育学会

■所属研究会
幼児造形教育研究会
児童造形教育研究会
造形教育センター

 

 
Page Top