学びの内容

学科長メッセージ

 「おもしろくて ためになる」児童文化学科

児童文化学科 学科長 森下みさ子 教授

 絵本や童話、ファンタジー、アニメにゲーム、おもちゃやおまけ、キャラクターやテーマパーク・・・子どもの頃夢中になったものは何ですか? 今も好きで楽しんでいるものもあるでしょう。現代社会においては、子どもの文化と大人の文化が交じり合う領域が広がってきています。

 
子どもを夢中にさせた魅力は何でしょうか? 大人の興味も突き動かす<子ども>的な力の正体は何でしょう? 調べたり、作ったりしながら答えを探していく、面白がりながら学んでいくのが児童文化学科です。「グリム童話」「ファンタジー」「海外児童文学」「おもちゃ」「キャラクター」「マンガ」「アニメ」等を扱う授業や「絵本」「アニメーション」等を作ってみる授業もあります。なんだか、わくわくしてきませんか?
 
面白がって学ぶと、将来の道も開けてきます。玩具や子ども服、テーマパーク関連の仕事に就く人もいれば、子どもの本に関わる仕事に就く人もいます。それだけでなく、この学科で磨かれた発想力や表現力、コミュニケーション力が評価されて道が開ける人もたくさんいます。「おもしろくて ためになる」「おもしろいことは ためになる」ということですね。

 詳しい説明はオープンキャンパスで行っていますので、ぜひ緑あふれるキャンパスにいらしてください。楽しめる展示や企画も用意してお待ちしています。

 

Page Top