学びの内容

児童文化学科

児童文学と文化の知識を身に付け、創作技法を習う授業を通して、
子どもと社会のつながり、子どもの特性、発想や表現の仕方を学びます。

3つの特色

児童文学・文化を研究

児童文学・文化を専門的に学ぶ珍しい学科

世界の児童文学、日本に伝わるお話、子どもが親しむ物語や遊びの文化などを専門的に学ぶことができる国内でも珍しい学科です。童話や昔話、絵本、ファンタジー小説、YA文学、マザーグースやわらべうたの研究、キャラクター研究やマンガの研究など、少人数クラスで興味のある分野を学びます。


創作力・想像力を育成

物語・絵本・アニメーションなどを作る授業

各分野で実作者として活躍する教員から、文章の書き方や絵本・アニメーションなどの創作を学べる演習が充実しています。演習では、キャラクター作りをしたり、ストーリーやセリフを考えたりすることで発想を形にして表現する力や伝える力を身に付けます。


多面的な視点で学ぶ授業

子どもや社会を多面的な視点から学ぶ

初年次から履修ができる幅広い分野の専門科目と、「基礎演習」「演習」を通じた研究・創作活動により、学年を追うごとに児童文化に関する知見が増していきます。多彩な講義と演習により、子どもの目線から社会を見つめる力を養い、子どもの特性、子どもと社会の関係について理解を深めます。

学びの目的

  • 子どもをめぐる文学・文化の幅広さ、奥深さに触れる
  • 子どもの特性や社会の関係を理解する
  • 創作の楽しさを体験し、表現力や伝える力を養う

学びのキーワード

子どもへの理解 児童文学 制作・創作 児童文化 ゲーム 翻訳 子ども服 出版 わらべうた 絵本 アニメーション マンガ キャラクター おもちゃ 紙芝居 昔話 YA文学 ネオ・ファンタジー

4年間の学び

1年次 「児童文学入門」「児童文化入門」などを履修、基礎を学びます。 2年次 「基礎演習」で関心を絞り、研究・創作・制作を実践します。 3年次 「演習」を通じて取り組みたいテーマや方向性を確立します。 4年次 担当教員の指導を受けながら卒業論文・卒業制作に取り組みます。 1年次から2年次 学部共通科目 1年次から4年次 専門科目 初年次から履修ができる幅広い専門科目 児童文学、児童文化の研究と創作活動を通して子どもと社会の関わりを広く探究する 児童文学 児童文化 創作 卒業論文 卒業制作

「児童文学」の魅力を知り、幅広く研究する授業

世界中で読み継がれる児童文学を研究。
興味に合わせて幅広いジャンルを学べる。

日本や世界の児童文学を学ぶことで、児童文学が子どもに向けて書かれた単純な物語ではなく文学作品であり、また社会と子どもの関係を映し出す文学であることを理解します。また、古典から、現代作品のライトノベルやYA小説をはじめ、『ハリー・ポッター』に代表されるファンタジーまで幅広く学べます。

写真:児童文学の本

[学べる分野]

  • 日本児童文学
  • SFファンタジー
  • 児童文学・ドイツ
  • 英米児童文学
  • 児童文学・イギリス
  • 児童文学・カナダ
  • 伝承文学
  • 児童文学・アメリカ
  • 児童文学・北欧

など

「児童文化」から子どもと社会のつながりを探る

子どもが親しむ物語と遊びの文化から、
その特性や社会との関係性を考察する。

おもちゃやキャラクター、アニメなど、子どもの文化は子どもだけのものとは限りません。むしろ現代社会を文化的に推進していくための有効なツールとなっています。アナログからデジタルまで、多種多様な子どもの文化と現代社会の関係や子どもの特性について考えていきます。

写真:おもちゃを使った授業風景

[学べる分野]

  • マザーグース
  • ストーリーテリング
  • キャラクター
  • わらべうた
  • キャラクター文化
  • 紙芝居
  • マンガ
  • アニメ
  • 絵本

など

「制作・創作」する演習で文章・絵本・アニメーションなどを実際に作る

各分野で活躍する教員が演習を開講。
発想を形にして表現する技法を身に付ける。

各分野で活躍する教員のもとで、物語や絵本、アニメーションなどの創作技法を学びます。イメージを形にするための表現手段や発想方法、ストーリーの組み立て方などを身に付けるとともに、創作活動を通して、物事を深くとらえ、自分自身を掘り下げて見つめる視点を養うことで、感受性や相手に正確に伝える力を磨きます。

写真:「制作・創作」する演習風景

多面的に物事を見る

子どもの文学や文化から、
子どもを取り巻く社会を考察する

作品に描かれた子ども像から、社会背景・国・各時代による子ども観の違いや大人との関係に加え、思春期の若者が直面する問題についても目を向けます。また、グリム童話などの昔話からも考察します。さらに、子どもの生活文化に関わるさまざまなモノ・コト・メディア・スペース・出来事を対象に、学生一人ひとりが自身の関心によって選んだ具体的なテーマについて研究します。

写真:紙芝居を使った授業風景

ピックアップ授業

子どもを対象にお話を語る体験
「ストーリーテリング研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」

ストーリーテリングとは、語り手が話を覚え、自分のものとして語って聞かせる手法です。昔話がよく題材とされ、語られる話がどのようにできているかを学び、お話を届けることの楽しさを実体験します。

手作りの温もりが伝わる絵本を創作
「絵本演習Ⅰ・Ⅱ」

コラージュ、手芸、写真などで創られた絵本について研究、創作を行います。素材を切ったり貼ったり、縫ったり編んだりすることで手作りの大切さを学び、温もりのある絵本をグループや個人で作ります。

写真:絵本演習風景

新しい世界観の児童文学を考察
「ネオ・ファンタジーⅠ・Ⅱ」

『ハリー・ポッター』シリーズに代表される新しい世界観を持つ作品群を考察。映像やインターネットの技術を背景とする表現方法、古典から発展する作品の系譜などさまざまな角度から学びます。

写真:ネオ・ファンタジーの授業風景

おもちゃと社会の関係を学ぶ
「おもちゃ論」

「子どもとおもちゃと社会」の関係を研究。ぬいぐるみや着せ替え人形、ドールハウスやキッズコスメなどを取り上げ、おもちゃの可能性や現代社会との関係などを楽しく学びます。

写真:おもちゃ論の授業風景

コマ撮りの手法でアニメを制作
「アニメーション制作Ⅰ・Ⅱ」

コマ撮りのアニメーションを制作する演習です。キャラクターを創作してストーリーを考え、切り紙を使った半立体的アニメや、粘土の人形を使った立体アニメーションなどを制作。

写真:アニメーション制作の授業風景

企画から出版まで実践する演習
「出版演習Ⅰ・Ⅱ」

本の企画立案から出版にいたるまでを、実際に作業を進めながら学ぶ演習。児童文化学科発行の雑誌『開花宣言』の編集者として企画・取材・校正などの編集作業をグループワークで体験します。

写真:開花宣言

欧米の児童文学・昔話を学ぶ
「児童文学入門A・B」

前期はファンタジーや冒険物語、少女小説などの名作から文学作品としての普遍性、描かれた子ども像や社会背景を考察。後期は昔話に触れ、その特徴や国際性などを学びます。

写真:児童文学入門の授業風景

「グリム童話における子ども」を考察
「児童文学・ドイツA」

「グリム童話における子ども」というテーマに沿って、本来「子どものための教育の書」として編まれた『グリム童話集』の特徴と意義、その背景にある文化、歴史についても理解することをめざします。

写真:児童文学・ドイツAの授業風景

必修外国語

英語
選択外国語:フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語

取得可能資格等

  • 司書
  • 日本語教育副専攻 ※
  • グローバルビジネスプログラム ※

※ 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。

履修モデル

2018年度卒業論文題目(一部抜粋)

文学

  • 『ハリー・ポッター』シリーズにおけるディメンター論
  • 『十五少年漂流記』と『蠅の王』
    ~ 物語と背景の比較 ~
  • 『かいけつゾロリ』の魅力
  • LGBTを扱ったYA小説
    ~ 『サイモンVS人類平等化計画』を中心に ~

文化

  • 『塔の上のラプンツェル』の音楽論
    — ピアノ編曲譜をを中心に —
  • 「こどもの国」50年
    — 人気維持の秘訣 —
  • “化け猫 ”イメージの変容
    — 伝承から表象、そしてゲームへ —
  • 『レ・ミゼラブル』とミュージカル
  • ディズニ—プリンセス研究
    ~ 色彩心理学とドレスの観点から ~
  • 『AKIRA』の衝撃

制作・創作

  • 『スウィーツパーティーのおさそい』(絵本)
  • 『しあわせなじかん』(絵本)
  • 『なみだのあと』(絵本)

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top