学びの内容

児童文化学科

人間の原点である〈子ども〉を通して、多様な文化の在り方を考えます。
児童文学・児童文化・制作創作の3 分野からアプローチします。

3つの特色

好きをきっかけに探って、考えてみる

絵本や童話、ファンタジー、アニメにゲーム、おもちゃやおまけ、キャラクター、テーマパーク……。子どもの頃に夢中になったものは何ですか?今も好きで楽しんでいるものもあるでしょう。自分の興味を深めることで、その魅力の理由を探ります。


子どもと大人が共有する文化を探究する

アニメ、ゲーム、キャラクターなど、子どもと大人が共有する文化が国際的な広がりをみせています。子どもも大人も夢中にさせる文化の多様性について考え、子どもの目線を生かした文化を創り出す力を養います。


人間の原点である〈子ども〉の視点から文化を創造する

人間の原点である〈子ども〉の視点に立って文化を見直します。子どもがどのような手触りで自分を取り巻く世界を感じ取っていくのかを児童文学・文化から考えていきます。新たな視点や思考力を養い、より豊かに生きるための力につなげます。

学びのキーワード

児童文学 制作・創作 児童文化 ゲーム 翻訳 子ども服 出版 わらべうた 絵本 アニメーション マンガ キャラクター おもちゃ 紙芝居 昔話 YA文学 ネオ・ファンタジー

4年間の学び

1年次 「児童文学入門」「児童文化入門」「制作創作」子どもにかかわる文学と文化の歴史や背景といった基礎を学びます。 2年次 文学・文化・制作創作の「基礎演習」で自分の専門領域を模索します。 3年次 研究や制作のテーマを絞り込み、「演習」を通じて掘り下げます。4年次 4年間の集大成となる卒業論文・制作・創作に集中します。 1年次から4年次 専門科目  児童文学 児童文化 制作創作 初年次から履修ができる幅広い専門科目 児童文学・児童文化・制作創作を通して<子ども>を探究する  4年次 卒業論文 卒業制作

「児童文化」から考える

おもちゃ、人形、キャラクター、ゲームなどから
子どもの気持ちや文化を読み解く。

世界的にも広がっている、日本発の「かわいい」って何でしょう。絵本や紙芝居、漫画・アニメ、おもちゃや人形、ゲームやテーマパークなどを対象として、キャラクターやグッズ、遊び場の広がりも視野に入れた「表象」「遊戯」文化を読解します。

写真:おもちゃを使った授業風景

子どもから大人まで、日本から世界へ、多様に広がる文化を学ぶ
[児童文化に関するさまざまな授業]

  • 絵本論
  • サブカルチャー論
  • アニメ論
  • マンガ論
  • キャラクター論
  • 紙芝居
  • ストーリーテリング研究
  • わらべうた研究
  • おもちゃ論
  • キャラクター文化研究

など

「児童文学」から考える

国内外の児童文学を多様なメディアと
連動させながら物語文化について探る。

『ハリーポッター』が本でも映像でも私たちの心をつかんだのはなぜでしょう。昔話、童話、絵本、ファンタジー、YA文学、海外や日本の児童文学などを取り上げ、原作だけでなく漫画、アニメ、舞台など多様なメディアと連動して「物語」文化を読解します。

写真:児童文学の本

[授業で扱うさまざま作品]

  • 赤毛のアン
  • 「ムーミン」シリーズ
  • 不思議の国のアリス
  • 「守り人」シリーズ
  • 魔女の宅急便
  • エルマーのぼうけん
  • くまのプーさん
  • ピーターパン

など

「制作・創作」から考える

絵本、アニメーション、童話などの
制作や創作を通して表現力を身に付ける。

一冊の絵本を作り上げることは、もう一つの世界を創り出すこと。それは、子どもや大人にとってどのような意味をもたらしてくれるのでしょう。絵本や童話、おもちゃ、アニメーション、キャラクターなどを実際に「作る」ことを通して、技術だけでなく「表現」する力を身に付けます。

写真:「制作・創作」する演習風景

ピックアップ授業

おもちゃと社会の関係を学ぶ
「おもちゃ論A」

「子どもとおもちゃと社会」の関係を研究。ぬいぐるみや着せ替え人形、ドールハウスやキッズコスメなどを取り上げ、おもちゃの可能性や現代社会との関係などを楽しく学びます。

写真:おもちゃ論の授業風景

キャラクターの本質を理解する実践型授業
「キャラクター文化研究」

キャラクターの着想・制作・展開などを学ぶことのできる実践的授業です。自らの企画を通して、魅力的なキャラクターの在り方や本質を理解します。


新しい世界観の児童文学を考察
「ネオ・ファンタジーⅠ・Ⅱ」

『ハリー・ポッター』シリーズに代表される新しい世界観を持つ作品群を考察。映像やインターネットの技術を背景とする表現方法、古典から発展する作品の系譜などさまざまな角度から学びます。

写真:ネオ・ファンタジーの授業風景

「グリム童話における子ども」を考察
「児童文学・ドイツA」

「グリム童話における子ども」というテーマに沿って、本来「子どものための教育の書」として編まれた『グリム童話集』の特徴と意義、その背景にある文化、歴史についても理解することをめざします。

写真:児童文学・ドイツAの授業風景

発想の幅を広げ、自分の表現方法を見つける
「創作演習A・B」

回文やアナグラムなどの言葉遊びを通して言葉への関心と感受性を高めたり、さまざまな作品に触れながらストーリー作りの方法を学びます。発想の幅が広がり、自分の表現方法が見つかります。


コマ撮りの手法でアニメを制作
「アニメーション制作A・B」

コマ撮りのアニメーションを制作する演習です。キャラクターを創作してストーリーを考え、切り紙を使った半立体的アニメや、粘土の人形を使った立体アニメーションなどを制作します。


必修外国語

英語
選択外国語:フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語

取得可能資格等

  • 司書
  • 日本語教育副専攻 ※
  • グローバルビジネスプログラム ※

※ 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。

履修モデル

2020年度卒業論文・制作題目(一部抜粋)

論文

  • 漫画『鋼の錬金術師』に見る人の成長
    —人と人とのつながりに着目して—
  • 『二つ、三ついいわすれたこと』における「ティンク」の役割
  • 日本のタイムスリップアニメーションに見られる少年少女の成長過程の分析
    —『時をかける少女』と『君の名は。』—
  • 児童文学のなかのすてきなお菓子たち
  • 子ども達のおしゃれの低年齢化の意味
    ~ヘアアレンジの玩具・雑誌を手掛かりに~
  • VTuber 文化がもたらしたもの
    —バーチャルとリアルの間—
  • サンリオピューロランドの二重性
    ~子ども向けとは限らないテーマパーク~
  • 平成仮面ライダーシリーズ論

制作

  • 冊子『スタジオジブリ作品のイメージネイル』
  • 写真絵本『みずたまのせかい』
  • 創作『今宵の花は』
  • 雑貨『変身ぬいぐるみポーチ』
  • TRPG シナリオブック『遊(You)in Wonder-NET-Land!!』

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top