学びの内容

児童文学専攻

児童文学を文学として研究する

児童文学という文学の一つのジャンル。これを読むことは、楽しいことです。そして、これを研究することは、児童文学がどのような特徴や機能を持った「文学」なのかを問うことであり、また、「子ども」という存在がそれぞれの時代や社会でどのように認識されてきたか、どのように扱われてきたかを知ることです。それは、人間の原型、基本を理解することでもあります。児童文学には、絵本、童話、小説、演劇、詩と童謡、伝承文学など、さまざまな形態があります。また、日本や英語圏だけでなく、ドイツや北欧などのヨー
ロッパや韓国などのアジアの児童文学も、注目されています。児童文学の批評・研究が確立されたのは、主として1960年代以降であり、新しい学問といえるでしょう。そのパイオニアとして、未知の領域を開拓することは、児童文学を学ぶ者にとって大きな魅力なのです。

学際的研究から独自の視点を探究する

児童文学研究科は、教育学、心理学、文化人類学、社会学、歴史学などの研究成果を組み込んだ学際的な研究に発展してきています。本専攻でも、文学研究の基礎である文学史や作家論にとどまらず、最新の文学理論によるアプローチを試みることによって、児童文学独自の批評・研究の確立を目指しています。少人数の演習や講義によって、昔話、ファンタジー、日本の童話などそれぞれの重要な研究方法を学び、具体的な作品を分析し、理解を深めていきます。また、児童文化について、絵本、マンガ、アニメ、ゲームなど多様なメディアを研究対象とすることも特徴の一つです。希望すれば、学部の児童文学・文化専攻で開かれている数多くの科目から選択して聴講することもできます。本学は、児童文学・文化の研究機関としてユニークな「児童文化研究センター」を設置しています。教員と大学院生がともに参加して教育と研究の活動を進めています。

教育研究上の目的

【博士課程(前期)】

児童文学専攻(博士課程(前期))は、児童の環境を形成する児童文学・児童文化の研究を通して、想像力と創造力に基づいた専門的知識をもった人材の養成を目的とする。

【博士課程(後期)】

児童文学専攻(博士課程(後期))は、児童の環境を形成する児童文学・児童文化の研究を通して、想像力と創造力に基づいた専門的知識および高度な研究能力をもった人材の養成を目的とする。

入学者の受け入れに関する方針(アドミッションポリシー)

【博士課程(前期)】

児童文学・児童文化の研究の前提となる基本的な知識を備え、専門分野における研究に意欲を持つ人。そうした研究を通して自らの想像力・創造力を発展させることおよび社会の発展に寄与することを希望する人を求めます。

【博士課程(後期)】

児童文学・児童文化の研究の前提となる基本的な知識を備え、専門分野における研究に意欲を持つ人。そうした研究を通して自らの想像力・創造力を発展させることおよび社会の発展に寄与することを希望する人。博士課程(前期)における学修を基礎に、より高度な研究を目指す人を求めます。

 

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

【博士課程(前期)】

児童文学・児童文化に関する専門的な知識や理論および研究方法を身につけ、自らの想像力・創造力を発展させるために、児童文学を中心とした講義科目・演習科目を設置する。とくに、文学一般ではなく児童文学に特化していること、日本児童文学・海外児童文学(リアリズム、ファンタジー)、伝承文学、児童文化、その他(社会史、文学理論、絵本、サブカルチャー)など児童文学研究に関わる領域を網羅していることを特徴とする。
それらの学修の成果を修士論文にまとめるために「修士論文指導」科目を設置し、複数の教員の指導を受けることができる。
また、附属研究施設の刊行する『児童文化研究センター研究論文集』(査読制)への投稿や、大学院生および同センター構成員の開催する修士論文発表会への参加を通じて、論文のまとめ方や発表の仕方を学ぶこともできる。
 

【博士課程(後期)】

児童文学・児童文化の専門的な研究の成果として博士論文を作成するために、「研究指導」科目を設置する。自らの研究計画に基づき、複数の教員の指導を受け、本専攻の「論文審査基準」の内容にそって論文の作成を行っていく。また、日本児童文学、海外児童文学、伝承文学、児童文化など、それぞれのジャンルに適した研究方法を身につけるために、選択科目「児童文学研究法」を設置する。
さらに、必要に応じて、博士課程(前期)科目の履修が認められ、研究の基礎となる知識や理論を拡充することができる。
また、附属研究施設の刊行する『児童文化研究センター研究論文集』(査読制)への投稿や、同センターの開催する博士課程(後期)在学生研究発表会への参加を通じて、論文のまとめ方や発表の仕方を学ぶこともできる。
 

修了認定に関する方針(ディプロマポリシー)

1.学生が修了時に身につけておくべき能力=教育目標、学修・研究目標

児童文学専攻は、教育研究上の目的を達成するために、博士課程(前期)・博士課程(後期)それぞれの教育・研究の進度・深度に応じて、学生がその課程を修了する時点において、以下のような学力・能力を修得することを目標とする。これらの力を身につけ、課程修了の要件を満たした者に、それぞれ修士(文学)、博士(文学)の学位を授与する。
1)児童文学および児童文化に関する専門的な知識・理論を修得し、自らの研究関心に即して、必要な作品・資料を収集し、それを分析・解釈する方法を見出し、そこで得られた知見を口頭および論文によって発表できること。
2)児童文学および児童文化に関する社会的要請を理解し、実践の場および研究の場において、専門的な寄与・貢献ができること。
3)児童文学・児童文化およびそれらに隣接する領域の動向に興味・関心を持ち、学問的・実践的な新たな問題に対応できる柔軟な想像力・創造力を身につけていること。
 

2.論文審査基準

上記の目標を踏まえ、修士論文・博士論文は、以下の基準によって評価される。

【修士論文】

1)児童文学または児童文化の研究における学術的寄与および知見の社会的意義
2)研究テーマの学問的意義の適切性
3)先行研究の参照の適切性
4)研究方法の適切性
5)収集した資料の質および量とその分析・解釈の適切性
6)論文の構成の適切性
7)論旨の明確性と一貫性
8)文章の表現・表記や図表・画像等の書式の適切性
9)研究の倫理的適切性


【博士論文】

1)児童文学および児童文化の研究における高度の学術的寄与および知見の社会的意義と具体的な貢献の可能性
2)研究テーマの学問的意義の適切性
3)先行研究の参照の適切性
4)研究方法の適切性
5)収集した資料の質および量とその分析・解釈の適切性
6)論文の構成の適切性
7)論旨の明確性と一貫性
8)文章の表現・表記や図表・画像等の書式の適切性
9)研究の倫理的適切性
 

Page Top