学びの内容

初等教育学科

学科の特長

幼児教育と児童教育をそれぞれ専門的に学習。子どもと同じ目線でともに成長でき、豊富な知識を兼ね備えたプロの教育者を育てます。

学びの目的

子どもたちの糧となる学びの機会や経験を提供できる力を身に付け、個性を尊重しながら知性と感性をともに育んでいくことのできる教育者・保育者の養成を目的とします。

3つの特色

2コース制、現場体験、子ども理解

 

確実な資格取得に向けて、2つのコースを設置。

幼稚園教諭と保育士の両方の資格取得を目指す「幼児教育コース」と、小学校教諭を目指す「児童教育コース」を設置。幼児教育コースではECEC※の視点から専門知識と技能を学びます。児童教育コースでは小学校の全教科を教える力はもちろん、児童の成長を支える視点を養います。

※Early Childhood Education and Care(早期の教育とケア)

幼児教育コース
(目指す資格:幼稚園教諭一種・保育士)

保育者論や保育内容総論をはじめ、演習や実習など教職に関する科目を1年前期から段階的に学びます。また心理学、児童文学・文化など関連領域科目も多数用意しています。

児童教育コース
(目指す資格:小学校教諭一種)

1年次から国語・算数など全教科の指導法を学びます。また広く子どもの発達を理解するために、関連領域とともに幼児教育コース科目の履修も勧めています。

豊富な現場体験で、教育者としての力を育てます。

子どもは生活のすべてから何かを吸収し成長します。そのためピアノや絵、体育を教える力などの必要な技能を大学の授業で身に付けると同時に、保育・教育実習などの現場体験にも力を入れています。1年次から現場を体験できる機会を用意し、あらゆる場面で子どもの「生きる力」を引き出せる教育者を育てます。

現場体験

子ども理解に役立つ児童文学・文化や発達心理学も学べます。

教育のプロには豊かな知識や感性が求められます。学部の特長を生かし、子どもの理解に役立つ児童文化・発達心理の両学科の授業履修が可能。それぞれ専門の教員から学べるのが大きな特色で、関連・隣接領域を学ぶ機会が豊富です。

子ども理解

4年間の学び

子どもについて深く理解し、幼児教育や児童教育に携わる者としての専門性を養います。

4年間の学び

カリキュラム

※ 2017 年度のカリキュラム(一部抜粋)です。入学時のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

幼児教育コース 目指す資格幼稚園教諭一種・保育士

1年次 保育原理、児童家庭福祉など教職の学びがスタート。
2年次 1年次後期から始まる保育体験を通年で実施。後期に保育実習スタート。
3年次 「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」をテーマに演習に取り組む。
4年次 前期には2週間の本格的な教育実習。採用試験の準備も。

児童教育コース 目指す資格小学校教諭一種

1年次 国語・算数・生活科の指導法を学び始める。
2年次 小学校で学校支援ボランティアを通した教育体験を行う。
3年次 3年次から始まる教育実習に備え、事前指導や実践的な演習を受ける。
4年次 教育実習の振り返りを入念に。採用試験に向けラストスパート。

授業紹介

幼児教育コース

保育体験Ⅰ
保育体験ⅡA・ⅡB

大学がある調布市近郊の保育所で、実際の保育現場を体験しながら学びます。保育所における保育の仕事について、乳幼児期の子どもの姿について、大学で学んだ知識と結びつけながら理解します。

教育実習 事前事後指導(幼・小) 教育実習 事前事後指導(幼・小)

児童教育コース

教育体験Ⅰ

調布市内の小学校で開催される「放課後子ども教室」で、実際に教育活動に参加し、子どもの心身の発達や、遊びと学習活動、友達関係、大人(指導員)との関係などについて実践的に学びます。

保育内容総論 保育内容総論

これからの時代に求められる保育者を育成

「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、乳幼児の保育と教育を一つの場で行う施設(認定こども園)が年々増えています。2015年から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、幼保連携型認定こども園で働く保育者は、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を持っていることが必要になりました。2つの資格を取得の上、心理学や児童文学・文化などの幅広い教養を持つ人材が、これからの社会に求められています。

保育者を育成

深く子どもを理解するために

児童文化・発達心理の両学科の授業履修が可能。

初等教育学科で学ぶ学生は、隣接する領域である児童文化学科や発達心理学科の授業を履修することが可能です。 おもちゃや絵本などの文化、子どもの心身の発達についてなど、子どもに関する知識の幅を広げることができるのは、白百合ならでは。教育・保育の専門家として、多様な子どもたちに対応するための能力を培います。

深く子どもを理解するために

履修できる児童文化学科の科目

  • 児童文学・日本C・D
  • おもちゃ論A
  • 絵本論
  • 児童文化・子ども論

履修できる発達心理学科の科目

  • 心理学概論A・B
  • 臨床心理学
  • 発達心理学概論A・B
  • 発達臨床心理学概論
  • 障害者・障害児心理学

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

取得可能資格等

  • 幼稚園教諭一種 ※1
  • 小学校教諭一種 ※1
  • 保育士
  • 司書
  • 司書教諭 ※2
  • 日本語教育副専攻 ※3
  • グローバルビジネスプログラム ※3
  • 児童英語指導者養成プログラム ※3 ※4

※1 再課程認定申請中
※2 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。
※3 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※4 児童英語教育は、教職課程履修者(小)が履修できる課程です。

卒業後の主な進路

  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • 小学校教諭
  • 児童養護施設
  • 児童福祉・社会的養護施設
  • 一般企業 ほか

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー


Page Top