学びの内容

初等教育学科

学科の特長

幼児教育と児童教育をそれぞれ専門的に学習。子どもと同じ目線でともに成長でき、豊富な知識を兼ね備えたプロの教育者を育てます。

学びの目的

子どもたちの糧となる学びの機会や経験を提供できる力を身に付け、個性を尊重しながら知性と感性をともに育んでいくことのできる教育者・保育者の養成を目的とします。

3つの特色

2コース制、現場体験、子ども理解

 

確実な資格取得に向けて、2 つのコースを設置。

幼稚園教諭と保育士の両方の資格取得を目指す「幼児教育コース」と、小学校教諭を目指す「児童教育コース」を設置。幼児教育コースでは保育と教育の両面から専門知識と技能を学びます。児童教育コースでは小学校の全教科を教える力はもちろん、児童の成長を支える視点を養います。

幼児教育コース
(目指す資格:幼稚園教諭一種・保育士)

保育者論や保育内容総論をはじめ、演習や実習など教職に関する科目を1年前期から段階的に学びます。また心理学、児童文学・文化など関連領域科目も多数用意しています。

児童教育コース
(目指す資格:小学校教諭一種)

1年次から国語・算数など全教科の指導法を学びます。また広く子どもの発達を理解するために、関連領域とともに幼児教育コース科目の履修も勧めています。

豊富な現場体験で、教育者としての力を育てます。

子どもは生活のすべてから何かを吸収し成長します。そのためピアノや絵、体育を教える力などの必要な技能を大学の授業で身に付けると同時に、保育・教育実習などの現場体験にも力を入れています。1年次から現場を体験できる機会を用意し、あらゆる場面で子どもの「生きる力」を引き出せる教育者を育てます。

現場体験

子ども理解に役立つ児童文学・文化や発達心理学も学べます。

教育のプロには豊かな知識や感性が求められます。学部の特長を生かし、子どもの理解に役立つ児童文化・発達心理の両学科の授業履修が可能。それぞれ専門の教員から学べるのが大きな特色で、関連・隣接領域を学ぶ機会が豊富です。

子ども理解

4年間の学び

子どもについて深く理解し、幼児教育や児童教育に携わる者としての専門性を養います。

4年間の学び

カリキュラム

※ 2017 年度のカリキュラム(一部抜粋)です。入学時のカリキュラム・科目名は変更の可能性があります。

幼児教育コース 目指す資格幼稚園教諭一種・保育士

1年次 保育原理、児童家庭福祉など教職の学びがスタート。
2年次 1年次後期から始まる保育体験を通年で実施。後期に保育実習スタート。
3年次 「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」をテーマに演習に取り組む。
4年次 前期には2週間の本格的な教育実習。採用試験の準備も。

児童教育コース 目指す資格小学校教諭一種

1年次 国語・算数・生活科の指導法を学び始める。
2年次 小学校で学校支援ボランティアを通した教育体験を行う。
3年次 3年次から始まる教育実習に備え、事前指導や実践的な演習を受ける。
4年次 教育実習の振り返りを入念に。採用試験に向けラストスパート。

授業紹介

幼児教育コース

保育体験Ⅰ
保育体験ⅡA・ⅡB

大学がある調布市近郊の保育所で、実際の保育現場を体験しながら学びます。保育所における保育の仕事について、乳幼児期の子どもの姿について、大学で学んだ知識と結びつけながら理解します。

教育実習 事前事後指導(幼・小) 教育実習 事前事後指導(幼・小)

児童教育コース

教育体験Ⅰ

調布市内の小学校で開催される「放課後子ども教室」で、実際に教育活動に参加し、子どもの心身の発達や、遊びと学習活動、友達関係、大人(指導員)との関係などについて実践的に学びます。

保育内容総論 保育内容総論

これからの時代に求められる保育者を育成

乳幼児の保育と教育を一つの場で行う施設(認定こども園)が年々増えています。2015年から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、幼保連携型認定こども園で働く保育者は、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を持っていることが必要になりました。2つの資格を取得の上、心理学や児童文学・文化などの幅広い教養を持つ人材が、これからの社会に求められています。

保育者を育成

深く子どもを理解するために

児童文化・発達心理の両学科の授業履修が可能。

初等教育学科で学ぶ学生は、隣接する領域である児童文化学科や発達心理学科の授業を履修することが可能です。 おもちゃや絵本などの文化、子どもの心身の発達についてなど、子どもに関する知識の幅を広げることができるのは、白百合ならでは。教育・保育の専門家として、多様な子どもたちに対応するための能力を培います。

深く子どもを理解するために

履修できる児童文化学科の科目

  • 児童文学・日本C
  • 児童文学・日本D
  • おもちゃ論A
  • 絵本論
  • 児童文化・子ども論

履修できる発達心理学科の科目

  • 心理学概論A・B
  • 臨床心理学
  • 発達心理学概論A・B
  • 発達臨床心理学概論
  • 発達障害特講

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

取得可能資格等

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 保育士
  • 司書
  • 司書教諭

卒業後の主な進路

  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • 小学校教諭
  • 児童養護施設
  • 児童福祉・社会的養護施設
  • 一般企業 ほか

アドミッションポリシー

入学前に本学の「建学の精神」「教育目標」「三つの方針」を理解し、本学科の教育課程を履修するために必要な基礎学力を備えた人を求める。(知識・技能・思考力)

その上で、保育士・幼稚園教諭または小学校教諭として子どもの保育・教育に携わり、それを通じて社会に貢献したいと考える人を求める。乳幼児期・児童期の子どもの発達とその養いとなる児童文化への関心を活かして、学校・園・施設以外の地域社会における子ども支援・子育て支援の活動を目指す人も求める。(主体性・多様性・協働性)

乳幼児期・児童期はその後の発達と学習の基盤を形成する時期であり、それが豊かな生活経験や園・学校における活動や授業の経験を通してなされることを考慮すれば、高等学校段階までに、教科全般の学習はもちろん、総合的な学習の時間や特別活動、また部活動やボランティア活動など、あらゆる機会に経験し、学び、身につけたことが活かされることとなる。興味・関心の幅を広げ、主体的に活動・学習することを通して、知的・情動的・社会的そして身体的な感性と能力を磨いておくことが期待される。(思考力・判断力・表現力)

■各入試の評価方法・評価基準の詳細については募集要項を参照してください。

カリキュラムポリシー

建学の精神の基礎である聖書、およびカトリックの人間観・世界観を学ぶために次の科目を全学年にわたって必修・選択必修としてすべての学生に提供する。

1.キリスト教学Ⅰ・Ⅱ(第1・2学年必修)

  • 出会う他者を共感的に受け入れる力と自己肯定力を養成する。
  • 創立母体・シャルトル聖パウロ修道女会の精神を学びすべての人々、特に困難の中にある人々との連帯の態度を養成する。
  • 白百合学園の歴史を学び本大学のメンバーとしての自覚を涵養する。
  • 聖書についての基礎的な知識を学び、それを実生活に生かす態度を養成する。

2.宗教学(第3・4学年選択必修)

キリスト教学Ⅰ・Ⅱの学びを前提として建学の精神をさらに発展させた形でとらえるために<学びの体系>として以下の6領域を設ける。

「聖書・神学」「哲学・思想」「芸術・文化」「いのちの倫理・霊性」「社会倫理・実践」「諸宗教・その他」

  • この6領域から学生の自己意欲、将来のライフデザインにしたがって必修選択した科目を通して本学の建学の精神に直接根差した教養と生きる力を養成する。
  • 時流を越えて普遍的に守るべき価値を保ち、自分と世界の未来を創造的に切り開くためには生涯にわたって人格形成に取り組む必要があることを自覚する力を養成する。

深い教養と知性、奉仕の心を持つ自立した女性になるための土台を培う目的で、次の科目を必修・選択必修として全学の学生に提供する。

  1. 「白百合事始め」科目:人が人として有意義に生きることを考えるとともに、生活の質をより豊かなものにするための幅広い知識を身につける(生命・健康・福祉・人生観・仕事観に関わる科目)。
  2. 「学問の作法」科目:自らの問題を発見し、自ら考え、それを自らの言葉で表現するための理解力と思考力と表現力とを養う(理解力・思考力・表現力養成に関わる科目群)。
  3. 「基礎的素養」科目:過去から現代に至る人間精神の多様な所産に目を開くことを通じて様々なものの見方を習得し、文化の基本的な理解を図る(哲学・歴史・文学・社会学・人間科学・芸術・宗教・自然科学に関わる科目群)。 
  4. 「多角的視点」科目:現代社会において求められている多角的な視点からものごとを探求する能力を、体験や実践を通して修得する(フィールド演習科目、プロジェクト科目、異文化コミュニケーション科目)。 

グローバル社会に求められる語学力とコミュニケーション力、異文化への深い理解力を身につけるために、次の必須・選択必須科目を提供する。

  1. 英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語の外国語科目を設置し、少人数クラスで文法から発音、日常会話まで基礎からバランスよく学ぶ。
  2. 学生個々のレベルにあわせた習熟度別のクラス編成により、効率的にレベルアップを図る授業体制をとり、随時、LL教室や情報科学教室などICT設備を利用する。

以上に掲げる本学の教養教育を基礎としながら、人間総合学部では、まず1・2年次に「学部共通科目」を設定する。人間とは何か、特に子どもとはどのような存在か、どのようにして人間として発達していくのか、その養いとなる文化的な営みとは何かなどについて、3学科での学修にあたって共通して基盤とすべき知識や理論を概観し、その後の専門科目学修の基礎を構成するように配慮している。

そして各学科の「専門科目」を通じて、学生に豊かな文化的見識と創造力に満ちた人間としての成長を促すため、専門的知識と理論の学修を深め、それぞれの領域における方法論の習得を通じて物事を批判的に考察する態度を身につけることを企図して、それぞれの専門教育カリキュラムを構成する。

 

幼稚園教諭・保育士の養成と、幼児教育・保育に対する理解を深めた小学校教諭の養成を目標としつつ、学校・園の種別による教育内容・教育方法の違いに対応できるように、履修上のコースとして、幼児教育コースと児童教育コースを設定する。

まず、法令に準拠して設定される科目群として、幼稚園・小学校で取り扱われる教育内容の基盤となる知識や技能を養う科目としての「教科に関する科目」、教育及び教育的指導に関する基礎的・理論的、また実践的な内容を取り扱う科目としての「教職に関する科目」、保育に関する理論と知識・技能、またそれらを実践の場で活かすための科目としての「保育に関する科目」を学ぶ。さらに、学校や園において子どもとともに活動する体験を通じて学ぶ「教育体験」「保育体験」、そして「教育実習」「保育実習」では現場の保育者・教師の指導のもとに、子どもの活動を見守り、支え、指導する経験から学ぶ。総まとめとして「保育・教職実践演習」「教職実践演習」では、大学における保育士養成課程、幼稚園・小学校教員免許課程の学修を総括し、卒業後も学び続ける保育者・教師として研鑽を積んでいけるように見通す。これらの科目は1・2年次を中心に、3・4年次まで順次開講される。

次に、専門的職業人としての教師・保育者は、自ら課題を設定し、学修・研究を深めていくこともまた重要である。教科内容や教職に直接係わる課題、さらに教育学や保育学の研究領域について広く関心を持ち、理論と実践を結びつけながら自らの興味に基づいて研究していくだけの力量を形成することを目指す。総まとめとしての「卒業研究」に向けて、2年次の「初等教育基礎演習」、3年次の「初等教育演習」を中心として、「隣接領域科目」としての児童文化学科、発達心理学科の科目履修も視野に入れながら、学生の関心に応じた幅広く専門的な学修に発展するよう配慮している。

Page Top