学びの内容

児童文化学科

学科の特長

創作技法も学べる際立った特色があり、世界に一つだけの物語も紡ぐことも。
児童文学や文化を専門的に研究できる国内唯一の学科です。

学びの目的

児童の環境を形成する児童文学・児童文化の研究と絵本・童話などの創作を通して、想像力と創造力をもった人材の育成を目的とします。

3つの特色

児童文学研究、創作力育成、児童文化の理解

 

文学からおもちゃまで幅広く研究します。

日本と世界の児童文学を通して、作品が生まれた時の作者の状況や時代背景を読み解きながら、それぞれの国や文化、社会について深く理解します。また現代の子どもを取り巻くおもちゃやアニメ、ゲーム、キャラクターなども題材にして、今の子どもや、子どもと大人の関係について考えます。

児童文学研究

創作の第一線で活躍する教員から創作技法を学べます。

文章の書き方や絵本づくり、アニメーション制作など創作の授業・演習が充実しています。卒業生には作家やアニメクリエイター、出版社やおもちゃ・子ども服メーカーなどで活躍する先輩も。もちろん創作を通して培った表現力や発想力は、どんな仕事に就いても役立ちます。

創作力育成

子どもの文化を通して、子どもの特性を理解します。

子どもが親しむ物語や遊びを通して、子どもの特性や子どもを取り巻く社会状況を理解します。また、子どもが何を大事にするか、どう感じるか、大人と比べてその違いを明らかにすることで、さまざまな視点から物事を見る力や、子どもの目線に立って文化を創り出す力を養います。

児童文化の理解

4年間の学び

児童文学や文化の研究と作品の創作、どちらも深く学ぶことができる4年間です。

4年間の学び

学びの流れ

1年次 子どもに関わる文学と文化の基礎を学ぶ。
児童文学や、子どもを取り巻く文化に対する関心を育てます。
2年次 「基礎演習」、「創作演習」などで専門領域を掘り下げる。
幅広い知識を身に付けながら自分の専門領域を模索します。
3年次 研究・制作の方向性を定め「演習」で技能を磨く。
研究や創作のテーマを絞り込み、「演習」などを通じて掘り下げます。
4年次 4年間の成果を問う卒業論文・卒業制作に集中。
担当教員の指導を受けながら卒業論文(創作・制作)をまとめます。

授業紹介

児童文学を学ぶ科目

児童文学・カナダ

イギリスとアメリカの影響を受けてきたカナダの児童文学を学びます。移民や先住民が共生する多文化のバックグラウンド、北国という地域性や自然との共存などについても理解します。

児童文学・カナダ

伝承文学研究

日本の昔話やグリム童話を読み、共通してみられる構造や文法などを学びます。また類似した昔話を比較して共通点や相違点を調べたり、昔話で描かれる人間観や自然観を読み解きます。

伝承文学研究

ネオ・ファンタジーⅠ・Ⅱ

『ハリー・ポッター』シリーズに代表される新しい世界観を持った児童文学ファンタジーについて考察します。映像やネットなどのテクノロジーを背景にした表現方法にも着目します。

ネオ・ファンタジー

児童文学史・日本Ⅰ・Ⅱ

社会の変化とともに、児童文学がどのような変遷を遂げてきたかを学びます。リアリズム、ファンタジー、ナンセンスのそれぞれのジャンルで歴史的転換点となった作品を取り上げます。

児童文学史・日本

児童文学・イギリスA・B

イギリスの児童文学作品には、自然、炭鉱や墓地、公園など、イギリスの風土と関わりが深いものが数多くあります。それらの風土が作品においてどのような役割を果たすのかを考えます。

児童文学・イギリス

<その他の科目>
児童文学入門A・B / 児童文学史・英語圏Ⅰ・Ⅱ / 日本児童文学研究A・B / 英米児童文学研究A・B / 伝承文学 / SF ファンタジーⅠ・Ⅱ / 児童文学・日本A ~ D / 児童文学・アメリカA・B / 児童文学・ドイツA・B / 児童文学・フランスA・B / 児童文学・北欧 / 児童文学・韓国 / 児童文学・YA 文学 など

児童文化を学ぶ科目

おもちゃ論A・B

伝統的なおもちゃから流行のおもちゃまで幅広く取り上げながら、教育性や娯楽性、性差、世代、市場など幅広い視点から、子どもとおもちゃ、社会との関係について考えます。

おもちゃ論

キャラクター論

私たちの身近にある「キャラクター」とはどのように生まれるのか、キャラクターの特性や「かわいい」「癒し」などとの関係、キャラクター化が進む社会や文化の深層について学びます。

キャラクター論

児童文化・紙芝居

街頭での娯楽、宗教の伝道など、歴史上さまざまに利用されてきた紙芝居。脚本と絵画、さらに読み手のパフォーマンスによって成立する、独自のメディアである紙芝居について学びます。

児童文化・紙芝居

マンガ論

日本のマンガの歴史を理解し、独自の表現のしくみを学びます。登場キャラクターが成長する過程を描く作品と、あえて成長を描かない作品を比較し、その理由や背景を考えます。

マンガ論

<その他の科目>
ストーリーテリング研究Ⅰ~Ⅲ / わらべうた研究 / マザーグース研究 / 絵本論 / 児童文化・民俗と子ども / 児童文化・子ども社会学 / アニメ論 など

創作を学ぶ科目

アニメーション制作Ⅰ・Ⅱ

切り紙や粘土を使ったアニメーションを「コマ撮り」の手法で制作します。ストーリーやセリフ、キャラクターをすべて学生自身が創作します。

 

出版演習Ⅰ・Ⅱ

雑誌がどのように作られていくのかを、企画から出版まで実践しながら学びます。誌面構成や企画書の作成、執筆の依頼、取材や撮影、校正などを体験します。

出版演習

文芸誌『開花宣言』で物語や詩を発表。

1~3年次の出版演習では文芸誌『開花宣言』を学生達がプロデュース。表紙のイラストや物語づくりなどの創作だけでなく、執筆者の選定や原稿依頼、企画や進行管理など編集・出版作業にもチャレンジします。最初はうまく交渉できなかった学生も、経験を重ねるうち見違えるほど成長。創造性を養うと同時に社会に出たときに役立つコミュニケーション力や企画力を磨きます。

開花宣言

絵本制作研究Ⅰ・Ⅱ

古典的な絵本を取り上げ、その歴史性や技術的な背景などにも触れながら、絵本の役割、表現について学びます。また実際に絵本を制作します。

絵本製作研究

<その他の科目>
翻訳演習Ⅰ・Ⅱ / 絵本制作A(Ⅰ・Ⅱ) / 創作演習A(Ⅰ・Ⅱ) / 創作演習B(Ⅰ・Ⅱ)/ 絵本演習Ⅰ・Ⅱ など

履修モデル

過去年度卒業論文題目(一部抜粋)

文学

  • 新美南吉童話論
  • 『若草物語』のジョーはなぜ小説を書くのか
  • 日常と「不思議」が融和する物語 —梨木香歩『家守綺譚』『冬虫夏草』を題材に—
  • 「赤い夢」の研究 —はやみねかおる作品における「変わらないもの」—
  • 日本昔話における山の彼岸者 —栃木・群馬の場合—

文化

  • 新海誠論 —作品における喪失感について—
  • 『ベルサイユのばら』ヒットの要因を探る
  • 「プリクラ」その後 「私」って誰?「友だち」って何?
  • 「トイレの花子さん」が台頭した時代 —子どもたちが魅かれたホラーキャラクター—
  • 実写ディズニーヴィランズの魅力
  • ヒーローになったアウトサイダー —『トワイライト』『東京喰種』『デビルズライン』—
  • メイクにみる〈子ども〉 —女の子のおしゃれの文法—

制作・創作

  • オリジナルグッズ『DELTA』の制作過程
  • 図鑑『不思議な生き物図鑑 —上橋菜穂子の世界より—』の制作過程
  • 絵本『スピカとステラ』の制作過程

取得可能資格等

  • 司書
  • 日本語教育副専攻 ※
  • グローバルビジネスプログラム ※

※ 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。

卒業後の主な進路

  • 教育産業
  • 出版・編集業
  • おもちゃメーカー
  • 子ども服メーカー
  • テーマパーク
  • 一般企業 ほか

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー


Page Top