学びの内容

発達心理学科

学科の特長

人はどんなふうに育ち、どう変化するのか。生涯にわたる心の成長過程を深く理解し、心の諸問題への適切な支援ができる人材を育てます。

学びの目的

心の成長過程を科学的に実証する学びから、人への理解と論理的な思考能力を養い、心の諸問題への適切な支援ができる人材育成を目指します。

3つの特色

人間理解、調査・実験、発達支援

自己と他者を発達的に理解する視点を身に付けます。

ある人が、そのような人間になっているのはなぜか。何かの問題でつまずいたとき、どのような対処がその人の成長につながるのか。このような疑問に答えを見つけるのが発達心理学です。人の心の成長・発達を、遺伝や性格など個人の内的な要因と、環境的要因の両面から考えることを通して、人間理解を深めます。

人間理解

「心」を科学的に探究する心理学を本格的に学びます。

人が行動に表すまでに、心の中ではどんな過程を経ているでしょう。目には見えない「心」について、学生自身が調査や実験、分析を行います。必要な知識は基礎理論から関連する分野のものまで幅広く学び、多角的なアプローチで人間の心について探究していきます。

調査・実験

心の問題へ臨床的な支援ができる人材を育てます。

発達障害や精神疾患など、心の問題を抱えた人やその家族に、心理学の知識に基づく支援をするのが臨床心理学です。本学科は臨床心理学の科目も充実しています。大学院に進学し、臨床心理士資格取得を目指すなど、さらに専門的な研究に取り組むことも可能です。

発達支援

4年間の学び

心理学・発達心理学の基礎をベースに、心理学の多様な領域をバランスよく学んでいきます。

4年間の学び

学びの流れ

1年次 心理学全般とともに発達心理学の基礎を学ぶ。
心理学全体の概要を学びながら、発達心理学の講義・演習・研究法に関する基礎を学習。
2年次 心理学に不可欠な実験・研究方法を学ぶ。
演習形式の授業で基盤となる理論や知識を習得する。実験・調査を通じて研究のノウハウを身に付ける。
3年次 発達心理学の諸分野を履修心理学研究法演習(プレ卒論)も進める。
発達心理学のさまざまなテーマによる講義や演習を履修。卒論ゼミ選択を前に自由研究も進める。
4年次 卒論テーマを決定し、実験・分析等に取り組む。
発達心理学の基本的なテーマに沿った研究課題を決定。観察・実験・調査・分析等を行い、卒業論文を完成させる。

授業紹介

1年次

発達心理学基礎演習B

心理学研究において必要となる、日本語や英語で書かれた文献を読み、わからない用語や概念を調べるとともに、教員や学生同士でディスカッションを行います。

臨床心理学概論

心理的なトラブルや問題を抱えている人にどのような援助・支援を行うべきか、学派ごとの考えを学び、現代における精神分析的心理療法の基礎知識を習得します。

臨床心理学概論

2年次

心理学実験観察演習Ⅰ・Ⅱ

心理学研究に用いる実験や観察、調査、検査などの手法を、グループに分かれて実践的に学びます。学生自身が被験者となってデータを取得し、統計的にまとめます。

心理学実験観察演習

キャリア研究

女性のライフコースについて、生涯発達心理学と結びつけて考える授業です。転職や結婚など人生における転機へいかに対応するか、長期的なスパンで考えます。

キャリア研究

3年次 4年次

講義科目

発達心理学、臨床心理学を導入 バランス良く学ぶとともに、発達支援などの科目も履修可能。

社会心理学

社会のさまざまな場面における人間の行動や心理を解明するための基礎的な知識を、文献を通じて学びます。

臨床心理学

査定や面接など、心理臨床の実践に必要な理論を身に付け、治療や予防、発達促進などの実践につなげます。

認知心理学

人間の認識、記憶、問題解決、推論、文章理解のメカニズムと感情の関係性などについて、講義形式で学びます。

精神医学特講

精神医学の歴史、精神障害者の疾患と実態、入院などに関わる法的な知識や薬物療法について学びます。

発達心理学特講A・B

少子化や高齢化といった社会の変化に伴う「家族」の変化や、そこでの女性の生き方について考察します。

発達障害特講

学習障害(LD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム障害(ASD)の概念と編成に触れます。

演習科目

少人数クラスでの意見交換、文献講読などを通して、自分のテーマを決めていく。

心理学研究法演習Ⅰ・Ⅱ(プレ卒論)

発達心理学を研究するために用いる実験法、行動観察法、質問紙調査法、質的方法などの基礎理論と実践技法およびデータ分析の仕方を学びます。少人数の演習形式で授業を進めます。

発達心理学演習A ~ L

発達心理学をはじめ、文化心理学、臨床心理学、精神分析・精神医学など、さまざまな専門性を持つ教員が開講する演習から選択します。

【主な演習テーマ(抜粋)】

自閉症児 “ナディア” を読む / 心理学に関する専門書、学術誌を読み込む / 自己概念・自己評価・自己受容とは / 発達障害のある児童生徒の理解と支援 / 子どもへの望ましい支援のあり方について / 家族心理学を学ぶ / 乳幼児期の社会的認知発達 / 文学・映像作品から発達を探る / 発達心理学における愛着と対象喪失 / 発達に関する英文文献の講読

心理検査法A・B

臨床の現場、とくに発達障害の診断や支援に欠かせない、認知発達検査や性格検査の手法を習得します。

子ども観察

保育園や児童館などで、心理学の観察法に基づいて子どもを観察し、観察日誌とレポートを作成します。

卒業論文・研究

教員の指導のもと、学びの総仕上げを。 演習を通じて自分のテーマを選定し、研究を行います。4年間の集大成として、全員が必修で取り組みます。

TOPICS

国家資格の心理専門職「公認心理師」養成にも対応

2015年に、心理学の国家資格を定めた「公認心理師法」が成立しました。「公認心理師」とは、国民の心の健康の保持増進に貢献することを目的とした日本初の心理専門職の国家資格で、今後詳細が決定される予定です。本学では、臨床心理士養成を行ってきた大学院の実績を生かし、今後、公認心理師の養成にも力を入れていきます。

公認心理士の養成

心身の発達を科学的に探究する

脳の構造や記憶のしくみについても学んだ上で、遺伝や性格などの内的な要因と、環境的な要因の両面から、成長と発達を科学的に探究していきます。

心身の発達を科学的に探究

ティーチングアシスタントが日々の実験・実習をサポート。

ティーチングアシスタントが常駐しており、統計学、心理学実験などのサポートを行うほか、研究手法などについての相談にも応じています。

ティーチングアシスタントがサポート

心理学の探究

心理職の専門家として活躍するために

「発達や心理についてさらに深く探究したい」と考える学生には、大学院へ進学する道が開かれていま す。大学院で学ぶことで、臨床心理士資格を取得し、心理専門職として活躍を目指すことが可能です。

発達心理学科 卒業
 
矢印
 
白百合女子大学 文学研究科 発達心理学専攻(第1種指定校)

矢印
 
臨床心理士資格試験 合格

矢印
 
心理職の専門家として活躍
 

※今後、公認心理師についても対応予定

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

2016年度卒業論文題目(一部抜粋)

子どもの心理

  • 子どもを取り巻く環境が人格形成や家族観に与える影響
  • 幼児の描画における相互作用とその影響

大人の心理

  • 女子大学生の父親像と理想の恋人像、実際の恋人像の関連性
  • 人が嘘をつく心理~女子大学生と子どもの嘘から~
  • 出生順と援助欲求・依存欲求の関連性

臨床心理学

  • 乳児を育てる母親が語る日常の悩みー求められる育児支援とはー
  • 障害児をもつ母親の育児経験による発達
  • 教師の体罰と指導の境界ー教師と保護者の比較ー

※旧文学部 児童文化学科 発達心理学専攻の卒業論文題目を掲載しています。

取得可能資格等

  • 認定心理士
  • 司書
  • 日本語教育 ※1
  • 幼稚園教諭一種 ※2
  • 小学校教諭一種 ※2
  • 司書教諭 ※3

※1 日本語教育副専攻で所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※2 他学科聴講による履修のため選考試験あり。
※3 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。

卒業後の主な進路

  • 医療・福祉施設
  • 公務員の心理専門職
  • ヒューマンサービス
  • 一般企業
  • 大学院進学 ほか

アドミッションポリシー

入学前に本学の「建学の精神」「教育目標」「三つの方針」を理解し、本学科の教育課程を履修するために必要な基礎学力を備えた人を求める。(知識・思考力・判断力・表現力)

その上で、人間の心への幅広い関心を背景に、人が社会の中でどのように発達し変化していくか、それをいかに科学的・実証的に探究するかということに興味を持っている人、また発達障害や発達・臨床支援に関心を持ち、その専門的知識やスキルを学ぼうという意欲をもった人を求める。(主体性・多様性)

少子高齢化やグローバルが進む現代日本では、多様な年代、文化的背景を持つ人々と共生することが、個人としても、また職場や社会的コミュニティとしても求められている。発達の各年代や障害についての広範な知識をもとに、教育や福祉、医療、子育て支援や顧客サービスなどの職業的活動、また地域社会への積極的参加を通じて、人の多様性への理解や共感する力、支援のスキルを発揮することが期待される。(思考力・判断力・主体性・多様性・協働性)

■各入試の評価方法・評価基準の詳細については募集要項を参照してください。

カリキュラムポリシー

建学の精神の基礎である聖書、およびカトリックの人間観・世界観を学ぶために次の科目を全学年にわたって必修・選択必修としてすべての学生に提供する。

1.キリスト教学Ⅰ・Ⅱ(第1・2学年必修)

  • 出会う他者を共感的に受け入れる力と自己肯定力を養成する。
  • 創立母体・シャルトル聖パウロ修道女会の精神を学びすべての人々、特に困難の中にある人々との連帯の態度を養成する。
  • 白百合学園の歴史を学び本大学のメンバーとしての自覚を涵養する。
  • 聖書についての基礎的な知識を学び、それを実生活に生かす態度を養成する。

2.宗教学(第3・4学年選択必修)

キリスト教学Ⅰ・Ⅱの学びを前提として建学の精神をさらに発展させた形でとらえるために<学びの体系>として以下の6領域を設ける。

「聖書・神学」「哲学・思想」「芸術・文化」「いのちの倫理・霊性」「社会倫理・実践」「諸宗教・その他」

  • この6領域から学生の自己意欲、将来のライフデザインにしたがって必修選択した科目を通して本学の建学の精神に直接根差した教養と生きる力を養成する。
  • 時流を越えて普遍的に守るべき価値を保ち、自分と世界の未来を創造的に切り開くためには生涯にわたって人格形成に取り組む必要があることを自覚する力を養成する。

深い教養と知性、奉仕の心を持つ自立した女性になるための土台を培う目的で、次の科目を必修・選択必修として全学の学生に提供する。

  1. 「白百合事始め」科目:人が人として有意義に生きることを考えるとともに、生活の質をより豊かなものにするための幅広い知識を身につける(生命・健康・福祉・人生観・仕事観に関わる科目)。
  2. 「学問の作法」科目:自らの問題を発見し、自ら考え、それを自らの言葉で表現するための理解力と思考力と表現力とを養う(理解力・思考力・表現力養成に関わる科目群)。
  3. 「基礎的素養」科目:過去から現代に至る人間精神の多様な所産に目を開くことを通じて様々なものの見方を習得し、文化の基本的な理解を図る(哲学・歴史・文学・社会学・人間科学・芸術・宗教・自然科学に関わる科目群)。 
  4. 「多角的視点」科目:現代社会において求められている多角的な視点からものごとを探求する能力を、体験や実践を通して修得する(フィールド演習科目、プロジェクト科目、異文化コミュニケーション科目)。 

グローバル社会に求められる語学力とコミュニケーション力、異文化への深い理解力を身につけるために、次の必須・選択必須科目を提供する。

  1. 英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語の外国語科目を設置し、少人数クラスで文法から発音、日常会話まで基礎からバランスよく学ぶ。
  2. 学生個々のレベルにあわせた習熟度別のクラス編成により、効率的にレベルアップを図る授業体制をとり、随時、LL教室や情報科学教室などICT設備を利用する。

以上に掲げる本学の教養教育を基礎としながら、人間総合学部では、まず1・2年次に「学部共通科目」を設定する。人間とは何か、特に子どもとはどのような存在か、どのようにして人間として発達していくのか、その養いとなる文化的な営みとは何かなどについて、3学科での学修にあたって共通して基盤とすべき知識や理論を概観し、その後の専門科目学修の基礎を構成するように配慮している。

そして各学科の「専門科目」を通じて、学生に豊かな文化的見識と創造力に満ちた人間としての成長を促すため、専門的知識と理論の学修を深め、それぞれの領域における方法論の習得を通じて物事を批判的に考察する態度を身につけることを企図して、それぞれの専門教育カリキュラムを構成する。

 

生涯発達心理学を理解し、発達の視点から人間を包括的に理解する学生を育てるという発達心理学科の教育研究上の目的に対応して、心理学の基礎理論および方法論を十分に修得した上で発達心理学を学ぶという基本方針のもとにカリキュラムを編成している。また、人生のさまざまな時期に遭遇する発達的な課題や危機を理解し、発達障害や精神疾患等の臨床的問題の解決や支援に心理学の知識を活かすことができるよう、発達障害や臨床心理学の科目を設けている。

〔心理学の基礎〕として、心理学を専門的に学ぶ上での基礎となる理論と各種方法論を、1・2年次で学ぶ。

〔心理学の方法〕として、実証科学としての心理学の基礎である心理統計学について、基本的考え方からやや高度の分析方法までを1・2年次で学ぶ。それと並行して、実験・調査・観察・検査という心理学の基本的方法について、実際に自分たちでデータをとり、それを分析することを通して学ぶ。

〔心理学の主要分野〕として、認知心理学、パーソナリティ心理学、社会心理学、臨床心理学などの心理学の主要分野について、3・4年次に学習する。

〔発達心理学高度専門分野〕として、発達心理学及び発達臨床心理学に特化した内容について、専門的・臨床的な理論と方法を、3・4年次で学ぶ。

〔発達心理学応用的関連分野〕では、心理学の理論と方法の実践的応用としての「子ども観察」、児童文化についての「児童文化・子ども論」などを、3・4年次で学ぶ。

〔卒業論文〕では、4年間の学習の集大成として4年次に、発達を中心とした心理学的問題関心にもとづいてデータ収集と分析を行い、卒業論文を作成する。

Page Top