学びの内容

英語英文学科

学科の特長

異文化を深く理解するとともに、日本の魅力を世界の人々に伝える力と広い視野を持ったグローバルに活躍できる人材を育てます。

学びの目的

英語圏の言語・文学・文化の研究を通して、海外だけでなく自国の文化をも再評価できる広い視野を培い、国際的に活躍できる人材の育成を目的とします。

学びのポイント

1.学生の興味・関心に応える専門的なコースを設置

3年次からコースに分かれて専門的に学んでいきます。異文化を理解し、英語圏の文学を堪能する「英米文学・文化」、音声学やコミュニケーションツールとしての英語を研究する「ことばとコミュニケーション」、すべての授業を英語で行う「比較文化・文学」の特色あるコースを用意しています。

写真:学生の興味・関心に応える専門的なコースを設置

2.確かな語学力とともに、「発信力」「表現力」を育成

日本の英文学系学科では珍しい「比較文化・文学コース」では、すべての授業を英語で行うとともに、日本の文学・歴史からポップカルチャーまで幅広く学び、日本やアジアの魅力を英語で発信できる人材の育成を目指しています。

写真:確かな語学力とともに、「発信力」「表現力」を育成

3.「英語を使って働きたい!」夢をかなえる多彩な教育プログラム

文学部を対象としたグローバルビジネスプログラム (GBP) 別窓アイコン では、海外企業研修を実施。
航空業界や観光業界で必要な英語を学ぶホスピタリティ・プログラム別窓アイコン 、児童英語の指導者の養成を目指したプログラムがあります。確かな英語能力を養う、実践的な科目が充実しています。

【ホスピタリティ・プログラム紹介動画】

担当教員からのメッセージ(動画) 
島田先生

受講学生からのメッセージ(動画)
学生1
学生2
学生3
学生4

写真:「英語を使って働きたい!」夢をかなえる多彩な教育プログラム

学びの分野

写真:学びの分野必修の英語科目で4年間を通じ高度な英語コミュニケーション力を養います。
各コースでは、英米文学史や国際関係論、英語音声学などそれぞれ特色ある科目を用意しています。

英米文学・文化コース

異文化を理解し、幅広い文学作品に接して多様な価値観を学び、英語圏の理解を深めます。

ことばとコミュニケーションコース

ことばの「仕組み」と「働き」についての考え、コミュニケーション力の向上を目指します。

比較文化・文学コース

授業やレポート、試験をすべて英語で行い、語学力を生かし海外から見た日本について学びます。

取得可能資格

  • 中学・高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 司書
  • 司書教諭

卒業後の将来像

  • 運輸業(航空、物流)
  • サービス業(ホテル、旅行、IT関連)
  • 不動産業
  • 金融
  • 保険業
  • 卸売業/小売業(商社、アパレル販売)ほか

カリキュラム

1年次 英語力の基礎固めとコース選択の準備を行う。
プレゼンテーション、リーディング、ライティング等の科目で英語力を磨く。コース選択に備え入門セミナーを受講。
2年次 コース選択科目の履修開始。学びの相性を見極める。
実際に講義を受けて各コースのカリキュラムを理解し、自分の興味に合うか確認する。この時点では変更可。
3年次 希望コース決定。論文作成技能も習得する。
選択コースの科目の中から関心のあるテーマを探る。自ら調べて研究した内容をまとめる技能も身に付ける。
4年次 「卒業論文」または「卒業レポート」を完成。
自分のテーマを決定し専門ゼミで研究し考察する。意欲のある学生は卒業論文に取り組む。

カリキュラム

履修モデル

 

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

授業紹介

学びの領域の入口として
入門セミナー

3年次のコース選択に向けて、「各コースでどのようなことを学ぶのか」という学びの概要を理解する入門科目です。英米文学・文化を学ぶ上で必要な知識や学習方法を身に付けていく「英米」、ことばとコミュニケーションに関する学びの全体像を紹介する「ことば」、比較文化とは何かを知る「比較」という3つのセミナーで学びながら、今後自分が専門的に研究していくテーマを見つけます。

写真:入門セミナー 写真:入門セミナー

広く関心の方向性を探る
3年セミナー

「英米文学・文化」「ことばとコミュニケーション」「比較文化・文学」の各コースで設置している専門的な科目です。興味のあるテーマを一つ選択し、自ら調べ、研究したことを論文にまとめていく力を身に付けます。授業は、調査した内容の発表とディスカッションを中心に行い、その中でプレゼンテーション能力や深い思考力を培っていきます。このセミナーで研究したことをベースに、4年次の卒業論文執筆に取り組みます。

写真:3年セミナー 写真:3年セミナー

アドミッションポリシー

英語圏の言語、文学、文化に強い関心と高い学習意欲を持つ人を求めます。卒業後の進路は大学院進学、司書、通訳、翻訳家といった専門職、英語を使う職種や教職、金融、保険を含む一般企業等多彩です。自分の将来の夢にあわせて、英語英文学科の提供する幅広い選択肢のなかから、自分で「学び」を創り、高い英語運用能力を身につけ、将来の人生設計に生かすために、積極的に、かつ地道に努力できる人を期待しています。

カリキュラムポリシー

英語英文学科では3つのコースを設置し、各コースが提供するセミナーに属しながら専門科目を履修する。この学びをとおして、高度な異文化対応能力と、それを支える語学力、グローバル化する社会で活躍できる知識と教養を身につけるため、以下のような方針でカリキュラムを編成する。

  • 英語の基礎力を養うための語学学習科目と、1・2年次のセミナー科目をつうじて、各コースで学びを深めるために必要な語学力・基礎知識と研究方法を身につける。
  • 「英米文学・文化」「ことばとコミュニケーション」「比較文化・文学」3つのコースを置き、それぞれ次のような方針でカリキュラムを編成する。

【英米文学・文化コース】

英米文学の世界を深く味わうことのできる知性と感性を涵養し、同時に文化全般にわたる広い視野をそなえた豊かな人間性を養成することにより、他者を理解できる共感力と、未知の状況・場面を想像できる自由な発想力を育成するために、「コース選択への基礎分野」「英米文学・文化専門分野及び関連分野」「卒業研究分野」の3分野から編成し、それぞれの科目群を置く。

【ことばとコミュニケーションコース】

言語研究と実践的コミュニケーション能力の両面からの養成を目指す。日英語の対照を意識させながら、「英語音声学」や「英語学概論」などの授業を基軸として、早期英語から成人に至る広い年齢層をも視野に入れ、言語そのもの及びその使用の両面からの研究を目指すための専門科目を置く。

【比較文化・文学コース】

日本の社会や文化・歴史について多様な視点から学ぶとともに、日本について英語で議論あるいは発信する力を養うために、(1)課題解決型授業を中心に学びを展開する、(2)コースで開講するすべての授業を英語で行う、(3)他のアジア諸国や欧米諸国において日本がどのように表象されてきたのかを体系的に学ぶための専門科目を置く。

Page Top