学びの内容

英語英文学科

学科の特長

異文化を深く理解するとともに、日本の魅力を世界の人々に伝える力と広い視野を持ったグローバルに活躍できる人材を育てます。

学びの目的

英語圏の言語・文学・文化の研究を通して、海外だけでなく自国の文化をも再評価できる広い視野を培い、国際的に活躍できる人材の育成を目的とします。

3つの特色

3コース制、留学制度、就職支援

 

学生の興味・関心に応える4コースを用意。

3 年次からコースに分かれて専門的に学んでいきます。異文化を理解し、英語圏の文学を堪能する「ブリティッシュ・スタディーズ」、「アメリカン・スタディーズ」、音声学やコミュニケーションツールとしての英語を研究する「ことばとコミュニケーション」、すべての授業を外国語で行う「比較文化・文学」の特色あるコースを用意しています。

3コース制

一人ひとりの目的や希望に合わせた留学制度を用意しています。

本学科では、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに協定校や認定校との留学制度を用意しています。約3ケ月~ 1 年間の中・長期留学、夏期休暇期間を利用した約1ケ月の短期留学など、一人ひとりの目的や希望に合わせてさまざまな留学が可能です。

留学制度

「英語を使って働きたい」夢をかなえる多様な教育プログラム。

一人ひとりのグローバル/ローカルキャリアを多面的に支援するために、児童英語指導者養成プログラム、グローバルビジネスプログラム(GBP)、ホスピタリティ・マネジメントプログラムの3プログラムを用意。国内外の就業体験や模擬授業の実施など、教室の外に開かれた多様な学びを通じて実践力を培います。

就職支援

4年間の学び

高い英語運用能力を身に付けながら、興味に応じたコースを選択して学びを深めます。

4年間の学び

 

イギリスを中心とする英語圏の文学・文化を学ぶ
「ブリティッシュ・スタディーズ」コース

イギリスを中心とする英語圏の文学・文化を題材に、リサーチの方法およびプレゼンテーションの技術を学びます。

<主な科目>
イギリス史Ⅰ・Ⅱ / イギリス文化史Ⅰ・Ⅱ / British CulturesⅠ・Ⅱ / Postcolonial Literature A など

アメリカを中心とする英語圏の文学・文化を学ぶ
「アメリカン・スタディーズ」コース

アメリカを中心とする英語圏の文学・文化を題材に、リサーチの方法およびプレゼンテーションの技術を学びます。

<主な科目>
アメリカ文学史Ⅰ・Ⅱ / アメリカ文化概論Ⅰ・Ⅱ / American Society / Postcolonial Literature B など

コミュニケーションツールとしての英語を研究する
ことばとコミュニケーションコース

英語そのものを学びの対象とするコースです。ことばの「しくみ」と「働き」について学び、英語を使ったコミュニケーション力の向上を目指します。

<主な科目>
Journalism EnglishⅠ・Ⅱ / 英語音声学Ⅰ・Ⅱ / 英語の言語変化 / 社会言語学 / World Englishes / 言語習得論Ⅰ・Ⅱ / コミュニケーション概論Ⅰ・Ⅱ など

すべての授業を外国語で行う
比較文化・文学コース

授業やレポート、試験などもすべて英語で行うコースです。文化や文学など多彩な視点から、海外から見た日本について学びを深めます。

<主な科目>
Japanese Pop Culture A・B / Japanese Films A・B / East Asian Studies A・B / Japanese Society / Japanese History / J-E Translation Ⅰ~Ⅳなど

学びの流れ

1年次 英語力の基礎固めとコース選択の準備を行う。
プレゼンテーション、リーディング、ライティング等の科目で英語力を磨く。コース選択に備え入門セミナーを受講。
2年次 コース選択科目の履修開始。学びの相性を見極める。
実際に講義を受けて各コースのカリキュラムを理解し、自分の興味に合うか確認する。
3年次 希望コースを決定し、関心のあるテーマを探る。
選択コースの科目の中から関心のあるテーマを探る。自ら調べて研究した内容をまとめる技能も身に付ける。
※各コースに設置されている「3年セミナーⅠ・Ⅱ」で論文作成技能を習得
4年次 「卒業論文」または「卒業レポート」を完成。
コース科目を履修しつつ、自分のテーマを決定し「特別演習」で4年間の集大成となる「卒業論文」または「卒業レポート」を執筆。

授業紹介

1年次

入門セミナー・アメリカ

英米文学・文化に関するテキスト分析の方法を学びます。専門的な学習に必要となるクリティカルな思考を養い、各専門領域選択への橋渡しを行うセミナーです。授業は20名前後の少人数で行います。

2年次

人前で話す力、発表力を磨くために

Digital Presentation A・B

スマートフォンやパソコンを使用したインタビューやプレゼンテーションなどを英語で行う授業です。英語で話す力や聞く力を高めながら、「人前で話す力」「資料をまとめて発表する力」を身に付けます。

Digital Presentation
3年次 4年次

ブリティッシュ・スタディーズコース

イギリス史Ⅰ

マグナ・カルタおよび権利章典を題材に、中世から近代にかけてのブリテン島において立憲君主制国家が成立した過程を分析します。

アメリカ文化概要

アメリカン・スタディーズコース

アメリカ文学史Ⅱ

マンガ『ワンピース』やマイケル・ジャクソンのスリラーのゾンビをヒントに米国の奴隷制の歴史と黒人文化について学びます。

ことばとコミュニケーションコース

異文化コミュニケーションⅠ・Ⅱ

We will look into the problems in communicating in an intercultural world, across cultural boundaries.

Conversation Analysis

比較文化・文学コース

Global History

Students will learn to research and express events and concepts that are integral to understanding global society.

Reading Food Justice in Journalism and Fiction

実践力を身に付ける3つのプログラム

グローバル化が進展する社会で、英語力を生かして活躍したい……そんな学生のために、白百合ならではのプログラムを用意しています。

児童英語指導者養成プログラム

子どもに英語を教える指導者を養成するプログラムです。英語教育に必要な理論と実践力をバランスよく学び、指導者としてのスキルを身に付けます。
〈本学修了認定書の授与に加えて、小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)による英語指導者認定資格取得が可能〉

▽Pick Up
英語教育の理論と実践Ⅱ

英語教育の基礎知識を習得します。小学校・中学校の授業を想定して指導案を作成し、模擬授業を実施します。

英語教育の理論と実践

グローバルビジネスプログラム(GBP)

企業からの課題やワークショップなどに取り組むことで、対話力や発信力、他者と協働する力を身に付けます。さらに、海外での就業体験などを通じ、グローバル化するビジネスの実態を学びます。

▽Pick Up
海外企業実地研修準備講座

海外に拠点を置く日系企業や現地企業でのインターンシップに備えて、異文化への対応、海外でのビジネスマナーを学びます。

海外企業実施研修準備講座

ホスピタリティ・マネジメント プログラム

航空やホテル、観光などのホスピタリティ産業を目指す学生のためのプログラム。英語をはじめ世界の地理や文化、習慣を学び、接客業に求められる立ち居振る舞いなども身に付けます。

担当教員からのメッセージ(動画) 
島田先生

受講学生からのメッセージ(動画)
学生1
学生2
学生3
学生4

卒業生からのメッセージ(動画)
卒業生Uさん

現在、国内大手旅行会社勤務4年目の卒業生Uさん。中国特別行政区マカオで駐在中です。旅行、ビジネス、CM撮影の手配と仕事内容は多岐にわたり、日夜、奮闘しています。学生時代は「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」を履修。授業では、生きた英語と女性と してどのように働きたいかを 学んでいました。海外で働くこと、人が喜ぶ仕事に興味がある皆さん!是非、「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」で一歩を踏み出しましょう!

ホスピタリティマネジメント特講A(エアライン)

航空会社の企業研究をはじめ、採用試験対策、客室乗務員や空港地上職の仕事内容の研究、訓練所の見学などを行い、レポートを提出します。

ホスピタリティマネジメント特講

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

過去年度卒業論文題目(一部抜粋)

文学・文化

  • ディズニープリンセス映画からみる女性像の変化
  • 英国文化から読み解く『シャーロック・ホームズ』
  • 『くまのパディントン』シリーズと移民問題

ことばとコミュニケーション

  • 実体験からみる早期英語教育の糸口
  • 外国語教育における小中連携
  • スラングから見る差別用語
  • 日本人はなぜ英語を話せないのか

比較文化・文学

  • 日本の食文化の西洋化について
  • イギリスと階級社会
  • 日本人の化粧の目的
  • すしのグローバル化

取得可能資格等

  • 中学校教諭一種(英語) ※1
  • 高等学校教諭一種(英語) ※1
  • 日本語教育副専攻 ※2
  • グローバルビジネスプログラム ※2
  • 児童英語指導者養成プログラム ※2
  • 司書
  • 司書教諭 ※3

※1 再課程認定申請中
※2 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※3 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。

卒業後の主な進路

  • 運輸業(航空、物流)
  • サービス業(ホテル、旅行、IT関連)
  • 不動産業
  • 金融
  • 保険業
  • 卸売業/小売業(商社、アパレル販売)ほか

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー


Page Top