学びの内容

宗教学科目

学科・専攻を超えて心とスキルを磨く
全学科共通カリキュラム

キリスト教的精神によって創立された本学は、「キリスト教的な神理解・人間理解・世界理解」と、歴史と人間の理解にとって有益な「教養としての宗教学」の時間を大切にしています。これらの科目は、学生が自分自身をより深く見つめ、また世界をより広く知るための機会となるでしょう。

人生の意義の深層に触れ、新しい自分を発見する

1、キリスト教を通じて人間の生きる基盤がどこにあるのかを学ぶ。

写真:いのちの尊厳と可能性を示唆したキリスト教の「福音」に触れるカトリックの教えに基づく建学の精神を学ぶことから始めます。隣人愛、他者を理解する大切さを学ぶことで、自分自身の存在価値や使命を見つめます。

2、自分を見つめ肯定し、他者や異なる価値観を受け入れる素養を養う。

身近な存在であるクラスの仲間を理解するグループワーク(コミュニオン)を通じて、自分を知る力、他者を大切にする力を身に付け、社会に貢献する力の基盤をつくります。

3、キリスト教的価値観に基づいた幅広いテーマの科目を用意。

哲学や思想、音楽や美術など幅広い分野を扱い、それぞれがキリスト教とどう関連するかをテーマにした科目を開講。身近なところに宗教が根付いていることを理解します。

4、生涯にわたり、その人の支えとなる教養、ものの見方、視野を身に付ける。

人間理解に基づく深い知性と、目に見えない大切なものを理解する完成を養うのが宗教学科目の目的。知性と感性をバランスよく育み、生涯を支える価値観や教養を培います。
 

Page Top