学びの内容

国語国文学科

学科の特長

強くしなやかな知性を。
日本語と日本文学の広い教養を身に付けながら、文学的感性と研究力を研ぎ澄まします。

学びの目的

日本の言葉や文学を見つめ直し、調査・研究する力を身に付けることを通して、豊かな教養と柔軟な発想をもった人材の育成を目的とします。

3つの特色

文学研究、日本語分析、日本語教育

 

上代から近代まで、興味に応じて学べます。

日本文学の教員それぞれの専門分野は、『源氏物語』の分析や流行作家の考察など多彩です。古代から現代まですべての時代の文学研究者がそろっているので、学生の幅広い興味に応えることができます。文学だけでなく、民俗学、日本史、演劇など関連する科目も充実しています。

文学研究

日本語の成り立ちや構造を「研究」します。

私たちが無意識に使い分けている「てにをは」をはじめ、日本語がどのように成り立っているか、文法や文節などから構造的に解き明かしていきます。また日本語の研究に役立つ日本の歴史などの選択科目も充実しています。日本語のしくみを知れば、日本文学もより理解しやすくなります。

日本語分析

日本語教育副専攻で海外教育実習や留学生のTA*を経験。

他学科も学べる日本語教育副専攻を設置。日本語を母語としない人への教授法を学びます。また本学の留学生を対象に授業を行ったり、TAとして学習をサポートしたり、海外実習に赴いたりするなど国際交流の機会も豊富です。卒業時には修了認定書が授与されます。

※ティーチングアシスタント

日本語教育

4年間の学び

日本語や日本文学の基礎知識を幅広く学び、その上で自分の専門性を探究していきます。

基礎演習 総合研究 テーマ別研究 卒業論文

学びの流れ

1年次から始まる演習で段階的に専門力を養います。

1年次から少人数制の「基礎演習」が始まり、演習の取り組み方や発表の仕方を学びます。2年次の「総合研究」では、専任教員全員が研究の内容を紹介。学びの全体像が把握できるとともに、卒業論文を意識したテーマ選択の手がかりが得られます。3年次では「テーマ別研究」に進み、さらに専門性が深まります。演習形式の授業を通じて論文執筆の方向性が見えてきます。

学びの流れ
1年次 基礎演習」で国語国文学研究の土台を身に付ける。
国語国文学科の学びに必要な基礎知識を幅広く吸収。少人数制の基礎演習により自発的に学ぶ力を獲得する。
2年次 研究の幅広さを学ぶ「総合研究」がスタート。
「総合研究」の受講を通じて、自分自身の研究課題を見いだす。
3年次 卒業論文執筆を視野に「テーマ別研究」ゼミに参加。
興味、関心の近い仲間と「テーマ別研究Ⅰ・Ⅱ」に参加。少人数で研究を深める。
4年次 学びの集大成として卒業論文を執筆する。
3年次から引き続き「テーマ別研究Ⅲ・Ⅳ」で教員の指導を受けながら研究内容をより深め、卒業論文を完成させる。
1年次

基礎演習のポイント

少人数で学ぶ。

本学科の特色である少人数授業により、国語国文学を学ぶための基礎を身に付けます。基礎演習には「古典」「近代」(明治期以降の文学)「漢文」「変体仮名」*の4科目が用意されています。
*現在用いられるものとは異なる古い仮名。古典作品を読むのに必要。

少人数で学ぶ

発言・発表を重視。

プレゼンテーションの方法、レポートや論文の書き方などを身に付け、発言や発表のスキルを習得。「課題を発見し、考察する」経験を通じて、2年次以降に本格的な研究を行うための手法を学びます。

2年次

総合研究のポイント

卒業論文を担当する専任教員全員が週替わりで研究の幅広さを紹介。

国語国文学研究にはさまざまな領域や研究方法があります。本学科の教員が、これをわかりやすく解説します。

卒業論文執筆に向けての種まき。

「総合研究」の授業では、過去の卒業論文の事例や方法を紹介します。学生のみなさんは、自分にとって興味ある領域を探っていきます。

3年次 4年次

テーマ別研究で探究できる幅広い領域

古典文学分野

奈良時代から江戸時代まで、学生自身が主体的にテーマを選び、2年間をかけて、卒業論文にまとめるための方法を学びます。奈良時代なら『万葉集』『古事記』、平安時代なら『伊勢物語』『落窪物語』『源氏物語』『枕草子』、鎌倉時代なら『とりかへばや物語』『宇治拾遺物語』、室町時代なら『浦島太郎』『木幡狐』などのお伽草子、江戸時代なら西鶴や芭蕉などが多く取り上げられますが、演劇・落語・浮世絵などを扱うものも見られます。

近代文学分野

近代の文学作品は、誰でも簡単に手にとって楽しむことができますが、1・2年次の学びを体得したとき、それまで気付かなかった新たな姿が見えてきます。『源氏物語』は現代小説や私たちの生き方にどんな影響を及ぼしているのか、『吾輩は猫である』からアニメ『猫の恩返し』に至るまで「猫」はどのように描かれてきたか、宝塚とディズニーの比較など、狭い枠にとらわれず、興味のあるテーマを、みなで話し合いながら掘り下げていきます。

国語学・日本語教育分野

『万葉集』の時代から現代に至るまでの文学作品や辞書などを活用しながら、さまざまな日本語の問題(漢字、仮名、ローマ字、係り結び、ことばの意味の変化など)について、日本語の歴史を探究します。また、日常生活で気になる言葉や表現(若者言葉、流行語、方言、敬語など)、あるいは日本語を母語としない人が日本語を学ぶときにぶつかる問題点について考えたり、討論したりします。これらのことを通して、卒業論文作成のための方法を学びます。

履修モデル

過去年度卒業論文題目(一部抜粋)

古典文学

  • 六条御息所論
  • 『源氏物語』における手紙について
  • 異郷訪問譚—お伽草子を中心に
  • 近世文学におけるろくろ首像—草双紙を中心に

近代文学

  • 近代文学における女性観—明治・大正期の小説・評論を中心に
  • 宮沢賢治と猫—『猫の事務所』『セロ弾きのゴーシュ』に見る猫の役割
  • 遠藤周作『沈黙』論
  • 宝塚歌劇団『春の雪』論

国語学・日本語教育

  • 『竹取物語』における係結びの研究
  • 森鷗外訳『即興詩人』の言葉—現代語と比較して
  • ら抜き言葉の研究—話し言葉と書き言葉の使い分けについて

取得可能資格等

  • 中学校教諭(国語)
  • 高等学校教諭(国語)
  • 司書
  • 司書教諭 ※1
  • 日本語教育 ※2
  • 幼稚園教諭一種 ※3
  • 小学校教諭一種 ※3

※1 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。
※2 日本語教育副専攻で所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※3 他学科聴講による履修のため選考試験あり。

卒業後の主な進路

  • 教員
  • 教育/学習支援業
  • 金融
  • 保険業
  • 公務員
  • 卸売業/小売業(商社、アパレル販売)
  • 製造業
  • 医療
  • 大学院進学 ほか

アドミッションポリシー

入学前に本学の「建学の精神」「教育目標」「三つの方針」を理解し、本学科の教育課程を履修するために必要な基礎学力を備えた人を求める。(知識・思考力・判断力・表現力)
日本の古典や近現代の文学作品、また、私たちが普段使っている日本語に興味・関心を持っている人を求める。(主体性)

古代から現代に至る各時代の文学作品や、日本語の歴史・方言あるいは外国人に日本語を教えることについて、広く学ぶとともに、特に自分が興味を抱く領域を軸として、自分で問題を発見し、これを深く掘り下げられる学生を求める。(思考力・判断力・主体性)

■各入試の評価方法・評価基準の詳細については募集要項を参照してください。

カリキュラムポリシー

建学の精神の基礎である聖書、およびカトリックの人間観・世界観を学ぶために次の科目を全学年にわたって必修・選択必修としてすべての学生に提供する。

1.キリスト教学Ⅰ・Ⅱ(第1・2学年必修)

  • 出会う他者を共感的に受け入れる力と自己肯定力を養成する。
  • 創立母体・シャルトル聖パウロ修道女会の精神を学びすべての人々、特に困難の中にある人々との連帯の態度を養成する。
  • 白百合学園の歴史を学び本大学のメンバーとしての自覚を涵養する。
  • 聖書についての基礎的な知識を学び、それを実生活に生かす態度を養成する。

2.宗教学(第3・4学年選択必修)

キリスト教学Ⅰ・Ⅱの学びを前提として建学の精神をさらに発展させた形でとらえるために<学びの体系>として以下の6領域を設ける。

「聖書・神学」「哲学・思想」「芸術・文化」「いのちの倫理・霊性」「社会倫理・実践」「諸宗教・その他」

  • この6領域から学生の自己意欲、将来のライフデザインにしたがって必修選択した科目を通して本学の建学の精神に直接根差した教養と生きる力を養成する。
  • 時流を越えて普遍的に守るべき価値を保ち、自分と世界の未来を創造的に切り開くためには生涯にわたって人格形成に取り組む必要があることを自覚する力を養成する。

深い教養と知性、奉仕の心を持つ自立した女性になるための土台を培う目的で、次の科目を必修・選択必修として全学の学生に提供する。

  1. 「白百合事始め」科目:人が人として有意義に生きることを考えるとともに、生活の質をより豊かなものにするための幅広い知識を身につける(生命・健康・福祉・人生観・仕事観に関わる科目)。
  2. 「学問の作法」科目:自らの問題を発見し、自ら考え、それを自らの言葉で表現するための理解力と思考力と表現力とを養う(理解力・思考力・表現力養成に関わる科目群)。
  3. 「基礎的素養」科目:過去から現代に至る人間精神の多様な所産に目を開くことを通じて様々なものの見方を習得し、文化の基本的な理解を図る(哲学・歴史・文学・社会学・人間科学・芸術・宗教・自然科学に関わる科目群)。 
  4. 「多角的視点」科目:現代社会において求められている多角的な視点からものごとを探求する能力を、体験や実践を通して修得する(フィールド演習科目、プロジェクト科目、異文化コミュニケーション科目)。 

グローバル社会に求められる語学力とコミュニケーション力、異文化への深い理解力を身につけるために、次の必須・選択必須科目を提供する。

  1. 英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語の外国語科目を設置し、少人数クラスで文法から発音、日常会話まで基礎からバランスよく学ぶ。
  2. 学生個々のレベルにあわせた習熟度別のクラス編成により、効率的にレベルアップを図る授業体制をとり、随時、LL教室や情報科学教室などICT設備を利用する。
  • 専攻する言語と文学、文化に関する基本的な知識と技能を習得するために、1年次2年次に基礎科目を設置する。
  • 専攻する言語についての高度なコミュニケーション能力を涵養するために、演習科目を設置する。
  • 議論を通じて問題解決をはかる力と、総合的なコミュニケーション能力を涵養するために、演習科目を設置する。
  • 専攻する言語と文学、文化を多方面から理解するために、多彩な専門科目を設置する。
  • 自ら設定した課題について考究し、卒業論文・レポートを完成させるために、3年次からゼミを設置する。

 

文学部のカリキュラム・ポリシーに基づき、国語国文学科は以下のような方針でカリキュラムを編成する。

古代から現代に至る日本語日本文学の多様な世界を探求し、この学びをとおして、日本語による論理的思考力と想像力、表現能力を育み、そこから見出されるテーマを追究するために、

  • 基本的知識を広く吸収するとともに、研究活動を行うための姿勢を培うため、少人数の基礎演習や基礎講読を置く。
  • 日本語学、日本文学、日本語教育の幅広い分野に目を向けるとともに、専門的に取り組みたい領域を模索し見定めるため、各領域を総合的に俯瞰する科目(総合研究)を置く。
  • 各領域の研究を深めるため、専門性の高い演習やさまざまな内容の講義科目を置く。
  • 学びの集大成となる卒業論文を執筆するため、みずから選択した専門領域を深く実践的に学ぶ演習(テーマ別研究)を置く。
Page Top