学びの内容

国語国文学科

学科の特長

強くしなやかな知性を。
日本語と日本文学の広い教養を身に付けながら、文学的感性と研究力を研ぎ澄まします。

学びの目的

日本の言葉や文学を見つめ直し、調査・研究する力を身に付けることを通して、豊かな教養と柔軟な発想をもった人材の育成を目的とします。

学びのポイント

1.『万葉集』から現代作品まで興味に応じて学ぶ

日本文学では上代の『万葉集』から現代作家の作品研究まで、すべての時代区分で研究実績がある教授陣をそろえており、学生の多様な興味に応えます。さらに民俗学・日本史・演劇など、近隣領域の科目も充実しています。

写真:『万葉集』から現代作品まで興味に応じて学ぶ

2.言語的な視点から日本語を「研究」

私たちが無意識に使い分けている「てにをは」をはじめ、日本語の文法や語彙とその移り変わりを言語学的な視点から学ぶことができます。必修科目のほか、日本の歴史的背景を学ぶ選択科目も多彩です。日本語を言語学的に理解することは文学の解釈にも役立ちます。

写真:言語的な視点から日本語を「研究」

3. 日本語教育副専攻では海外教育実習など国際交流の機会が豊富

他学科にも開放する日本語教育副専攻を設置。日本語を母語としない人への教授法を学びます。また本学の留学生を対象に授業を行ったり、ティーチングアシスタントとして学習をサポートしたりするほか、海外実習など国際交流の機会が豊富です。卒業時には修了認定書が授与されます。

写真:日本語教育副専攻では海外教育実習など国際交流の機会が豊富

学びの分野

写真:日本文学 日本語学 日本語教育 演習・講義 卒業論文日本語と日本文学の基礎知識を広く学んだ上で、自らの専門領域を探究。
テーマ別研究や演習を通じて独自の視点で卒業論文を作成します。

取得可能資格

  • 中学・高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 司書
  • 司書教諭

卒業後の将来像

  • 教員
  • 教育/学習支援業
  • 金融
  • 保険業
  • 公務員
  • 卸売業/小売業(商社、アパレル販売)
  • 製造業
  • 医療
  • 大学院進学 ほか

カリキュラム

1年次 広く国語国文の基礎力を養う。
国語国文学科の学びに必要な基礎知識を幅広く吸収。少人数制の基礎演習により自発的に学ぶ力を獲得する。
2年次 専門性を探究する。「総合研究」がスタート。
上代から現代までの文学史や国語学を学ぶとともに「総合研究」を履修して自分の関心のある領域を追究。
3年次 卒論執筆を視野に専門的技能を磨く。
卒業論文の方向性を決定。ゼミに所属し論文構成などを学ぶ。「テーマ別研究Ⅰ・Ⅱ」を通じて研究を実践。
4年次 学びの集大成として卒業論文を執筆する。
さらに発展的な「テーマ別研究Ⅲ・Ⅳ」で教員の指導を受けながら研究内容をより深め、卒業論文を完成させる。

カリキュラム

履修モデル

授業紹介

学びの全体像を把握しテーマ選択の参考に
総合研究Ⅰ・Ⅱ

総合研究は、卒業論文へとつながる「テーマ別研究」の導入科目として位置付けられています。Ⅰでは、「テーマ別研究」を担当する各専任教員が、自分の専門分野を詳しく紹介します。学生が国語国文学科の学びの全体像を把握するとともに、自らのテーマ選択にあたり判断材料とするのが目的です。Ⅱではこれまでの卒業論文を紹介しつつ、それぞれのテーマでどんな学びができるのか、知識の習得法や心構えを指導します。

総合研究 総合研究

自分のテーマを決定し深く掘り下げる
テーマ別研究Ⅰ・Ⅱ

テーマ別研究は、2年次の「総合研究Ⅰ・Ⅱ」で示された国語国文学科の学びの諸領域から、自分の興味や関心にあわせて一つのテーマを選び、さらに深く掘り下げる専門性の高い演習科目です。日本文学では上代から近世、明治から現代までの代表的な作品を題材に、それぞれの時代の文学研究の方法と技術を深く学びます。また国語史(古代語)や日本語教育、近代日本語研究など言語学的領域も網羅し、卒業論文につながる研究を実践します。

テーマ別研究 テーマ別研究

アドミッションポリシー

日本の古典や近現代の文学作品、また、私たちが普段使っている日本語に興味・関心を持っている人を求めます。奈良時代から平成の現代に至る各時代の文学作品や、日本語の歴史・方言あるいは外国人に日本語を教えることについて、広く学ぶとともに、特に自分が興味を抱く領域を軸として、自分で問題を発見し、これを深く掘り下げることを期待します。

カリキュラムポリシー

国語国文学科では、古代から現代に至る日本語日本文学の多様な世界を探求する。この学びをとおして、日本語による論理的思考力、想像力、表現能力を育み、そこから見出されるテーマを追究するため、以下のような方針でカリキュラムを編成する。

  • 基本的知識を広く吸収するとともに、研究活動を行うための姿勢を培うため、少人数の基礎演習や基礎講読を置く。
  • 日本語学、日本文学、日本語教育の幅広い分野に目を向けるとともに、専門的に取り組みたい領域を模索し見定めるため、各領域を総合的に俯瞰する科目(総合研究)を置く。
  • 各領域の研究を深めるため、専門性の高い演習やさまざまな内容の講義科目を置く。
  • 学びの集大成となる卒業論文を執筆するため、みずから選択した専門領域を深く実践的に学ぶ演習(テーマ別研究)を置く。
Page Top