学びの内容

フランス語フランス文学科

学科の特長

自分の興味に合わせて選べるプログラムで、フランス語習得はもちろん、フランスの歴史、芸術、ファッションや食文化などフランス文化を幅広く学べます。

学びの目的

フランス語圏の言語・文学・文化の総合的な学習を通して、高度な言語運用能力と異文化理解に立脚した教養を身に付けた人材の育成を目的とします。

3つの特色

フランス語習得、演習、専門ゼミ+プログラム

 

一人ひとりを大切にする個別化フランス語教育。

3年次までのフランス語の授業時間は、仏検2級にも十分対応できる540時間。1クラス20人以下の少人数クラスとネイティヴ教員の授業に加え、学科研究室にフランス人ティーチングアシスタントとプログラムコーディネーターが常駐し、一人ひとりの意欲とレベルに合わせた個別指導が受けられます。

フランス語習得

演習やゼミを通じて問題発見・課題解決能力を培います。

1年次から演習形式の授業がスタート。調査、研究の方法や発表の仕方など、演習の基本的なルールを身に付けます。2年次の演習、3・4年次のゼミナールでは多彩な分野からテーマを選択して研究します。発表や意見交換を通して自ら問題を発見し解決する力を育てます。

演習

専門ゼミとプログラム履修で、目標に合わせて学びをカスタマイズ。

研究テーマを深める「専門ゼミ」に加え、フランスの歴史や芸術、サブカルチャーを含む文学、ファッション・食文化など多彩な文化を研究する3つのプログラムと、フランス語力をとことん磨きたい人向けの語学力習得プログラムを用意。自分の興味・目標に合わせて3年次に選択し履修します。

専門ゼミ+プログラム

4年間の学び

フランス語やフランス文化を集中的に学べる4つのプログラム

フランス語やフランス文化に関する4つのプログラムの中から興味のある分野を3年次に1つ選択し履修します。

 
4年間の学び

学びの流れ

1年次

フランス語の基礎を習得する

未習者、既習者別の少人数制クラスで学ぶ。
フランス語の授業は週5回。レベル別の少人数クラスで、フランス語の基礎を徹底的に学習します。

フランス語コミュニケーションⅠA

フランス人教員が担当する授業。フランス語を聞き、話すための力や、語彙や文法、表現能力を高めます。

少人数で徹底的に

フランスへの理解を深めるために

フランスに関する入門的内容を学びながらレポート作成力、発表力を身に付ける。

1 年次演習

フランスの地理や歴史など、フランスに関する基礎的な知識を学ぶとともに、レポートをまとめ、発表する力も身に付けます。

1年次演習
2年次

さらなる語学上達に向けて

達成度別クラスで、より実践型の語学授業を。
達成度別にクラスを編成し、週4回の授業でフランス語をレベルアップ。文化や文学を学ぶ機会も増えます。

フランス語コミュニケーションⅡB

1 年次で学んだ文法や動詞の活用、単語などの知識を定着させます。後期には文学作品にも接します。

フランス語コミュニケーション

調査・研究の手法、発表の仕方などを身に付ける

文学作品を題材に、フランス語の読解力を養う。

2年次アトリエ

必修フランス語に加えて受講可能な授業。資格試験対策、会話、ヒアリング、作文など、目的に応じて選択できます。

2年次アトリエ
3.4年次

研究テーマを深める「専門ゼミ」と「プログラム」との組み合わせで幅広く学ぶ。

専門ゼミ

少人数によるディスカッション・発表を交えた授業で、専攻する専門分野を学ぶとともに、研究の方法、論文の書き方を学びます。原則として3・4 年同一のゼミを履修するため、一クラスの人数は3・4 年生併せて24 名程度。毎回の授業に必ず発言の機会があり、活発な討論が行われています。取り扱うテーマは、フランス文学の作品研究をはじめ、絵画論、フランス文化論、児童文学の翻訳、サブカルチャー、哲学、バロック演劇など多彩です。4 年次に卒業論文を選択する場合には、専門ゼミで指導を受けることになります。

研究の方法、論文の書き方を学ぶ

4つのプログラム

フランス語・フランス文化に関連する4 つのプログラムから、興味・関心に応じて選択。

フランス語特別強化プログラム(通訳・翻訳・留学・教育)

高いフランス語力を身に付け、フランス語に関わる職業・研究を目指す人に。

<扱うテーマ>
翻訳/フランス語教授法/フランス語コミュニケーション

フランス語特別強化プログラム

フランス歴史芸術文化プログラム

フランスの歴史を学び、美術・音楽・バレエなど文化一般の教養を高め、旅行・観光・文化事業分野を目指す人に。

<扱うテーマ>
バレエ/歌曲/映画・演劇/絵画

フランス歴史芸術文化プログラム

フランス文学社会文化プログラム

文学だけでなくサブカルチャーを含めた現代社会の理解を深め理論的思考力を深めたい人に。

<扱うテーマ>
文学/EU/フランス・アニメ/ポップカルチャー

フランス文学社会文化プログラム

フランス生活文化プログラム

衣食住などの暮らしを中心にフランス文化の理解を深め、食・ファッション系を目指す人に。

<扱うテーマ>
料理/ファッション/日仏生活文化比較

フランス生活文化プログラム

履修モデル

過去年度卒業論文題目(一部抜粋)

文学

  • フランスの水循環~『レ・ミゼラブル』と下水道~
  • フランスにおける象徴としてのジャンヌ・ダルク~19世紀から現在~

文化・社会

  • ローラン・プティとモーリス・ベジャール~ 2人の巨匠からバレエを見つめる~
  • 日本アニメはなぜフランスで人気か~日本の価値観の受け入れられ方~
  • 日本人とフランス人の結婚観の違い

仏文和訳

  • ジャン・フィリップ・アル・ヴィニョ『砂糖入りオムレツ』
    Jean-philippe Arrou-Vignod, L'omelette au sucre
  • フランソワ・ソトゥロー『武器のない王様』
    François Sautereau, Le roi sans armes

習得可能資格等

  • 中学校教諭一種(フランス語) ※1
  • 高等学校教諭一種(フランス語) ※1
  • 日本語教育副専攻 ※2
  • グローバルビジネスプログラム ※2
  • 司書
  • 司書教諭 ※3

※1 再課程認定申請中
※2 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※3 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。

卒業後の主な進路

  • 運輸業(航空、物流)
  • 金融
  • 保険業
  • 卸売業/小売業(商社、アパレル販売)
  • 建設業
  • 公務員
  • サービス業(旅行、IT関連)
  • 大学院進学 ほか

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー


Page Top