学びの内容

フランス語フランス文学科

学科の特長

フランスについて学ぶなら白百合。一人ひとりのレベルに応じた少人数教育でフランス語を会得するとともに、多彩な演習・ゼミを通して、フランス文化や文学の本質に迫ります。

学びの目的

フランス語圏の言語・文学・文化の総合的な学習を通して、高度な言語運用能力と異文化理解に立脚した教養を身に付けた人材の育成を目的とします。

学びのポイント

1.ネイティヴ教員による少人数授業でフランス語を学ぶ

3年次までのフランス語の総授業時数は、仏検にも十分対応できる540 時間。1クラス20人以下の少人数クラスとネイティヴ教員の配置により“使えるフランス語”が身に付きます。文学はもとより、絵画や音楽などの芸術や、建築から料理まで広くフランス文化も学べます。

写真:ネイティヴ教員による少人数授業でフランス語を学ぶ

2.ゼミでの発表や意見交換を通じ、問題発見・解決能力を培う

1年次から演習形式の授業が始まり、調査、研究の方法や発表の仕方などを、段階的に身に付けることができます。また1・2年次の演習、3・4年次のゼミナールでは、多彩な内容からテーマを選んで取り組めます。発表や意見交換を通じて自ら考え、研究する力を育てます。

写真:ゼミでの発表や意見交換を通じ、問題発見・解決能力を培う

3.芸術や建築、料理、サブカルチャーまで広くフランス文化を学ぶ

学科研究室にはフランス人ティーチングアシスタントが常駐。また、学内でフランス語発表会が開かれるなど、授業のほかにも充実した学習環境があり、既習者を含め意欲ある人はさらに実力を伸ばせます。一方で、伸び悩む学生のフォローにも力を入れ、一人ひとり丁寧に対応しています。

写真:芸術や建築、料理、サブカルチャーまで広くフランス文化を学ぶ

学びの分野

写真:日本文学 日本語学 日本語教育 演習・講義 卒業論文1~2年次では語学習得に力を入れるとともに、初年次より演習を実施。
3~4年次には文学や文化の領域から興味のあるテーマを選択し、専門的に研究します。

取得可能資格

  • 中学・高等学校教諭一種免許状(フランス語)
  • 司書
  • 司書教諭

卒業後の将来像

  • 運輸業(航空、物流)
  • 金融
  • 保険業
  • 卸売業/小売業(商社、アパレル販売)
  • 建設業
  • 公務員
  • サービス業(旅行、IT関連)
  • 大学院進学 ほか

カリキュラム

1年次 言語習得に向けて基礎力を養う。
未習者・既習者別の少人数クラスによる週5回の授業でフランス語の基礎を習得。
2年次 より実践型の語学授業も。文化・文学を広く学ぶ。
達成度別クラスによる週4回の授業でさらなる語学上達を。双方向型授業「アトリエ」も開始。
3年次 幅広い専門科目から自分のテーマを探究する。
「フランス語を」ではなく、「フランス語で」学ぶ「専門演習」を導入。ゼミでさらに深く学び、研究の方向性を明確にする。
4年次 研究テーマをさらに追究。卒業論文も執筆。
さらに発展的な「テーマ別研究Ⅲ・Ⅳ」で教員の指導を受けながら研究内容をより深め、卒業論文を完成させる。

カリキュラム

履修モデル

授業紹介

フランス語の基礎文法を身に付ける
フランス語総合ⅠA

フランス語の文法を基礎から学びます。あいさつや自己紹介といった初歩的な表現からスタートし、さまざまな練習問題を通じて文法項目の知識を定着させます。また、3・4年次における専門科目の授業にもしっかり対応できるよう、初期の段階からフランス語を和訳する練習にも積極的に取り組みます。さらに、授業内容の理解度を確認するため、単語のテストや書き取りなども定期的に行います。

フランス語総合 フランス語総合

フランス歌曲の魅力を探る
フランス文化研究B

フランス歌曲を通してフランス文化を考えます。代表的な作品を鑑賞した上で、その詩を読み、演奏を試みながら、フランス語の響き、リズム、音色といった、言葉の持つ音楽性と歌曲がどう結び付いているか探ります。さらにそれぞれの作品の詩人や作曲家、時代背景なども映像を交えながら学び、作品が誕生する過程への理解を深めていきます。テーマごとの作品研究も行うなど、さまざまな角度からフランス歌曲の魅力を探究します。

フランス文化研究 フランス文化研究

アドミッションポリシー

フランス語圏の社会、文化への関心をてがかりに、自分自身について、あるいは社会や世界についてしっかり考え、また関与していくことのできる人を求めます。
そして本学、とりわけ本学科での学習を通じて、フランス語をはじめとする複数の言語を身につけ、それらの言語圏の社会、文化を理解し、自分とは異なった文化的背景を持つ人たちとのコミュニケーションを円滑にすすめるための努力を怠らない姿勢や、他者との協調性を身につけていくことが期待されます。

カリキュラムポリシー

フランス語フランス文学科では、世界の共通語の一つであるフランス語を習得し、幅広い時代のフランス文学にアプローチしながら、フランス語圏の社会・文化・歴史を総合的に探究する。この学びをとおして、語学力だけでなく、バランスのとれた国際感覚と広い視野を育むため、以下のような方針でカリキュラムを編成する。

  • 「リーディング」「ライティング」「ヒアリング」「スピーキング」の4技能をバランスよく伸ばすため、未習者・既習者別の少人数クラスによる基礎科目(総合Ⅰ、コミュニケーションⅠ)を置く。
  • 基礎をさらに固めながら実践的なコミュニケーション力を身につけるため、フランス語学習の発展科目(総合Ⅱ・Ⅲ、コミュニケーションⅡ)を置く。
  • フランス語圏の文学・社会・歴史への関心を深め、基礎的知識を習得することを目的とした演習科目を1年次と2年次にそれぞれ置く。
  • 関連領域についての教養を身につけながら、それぞれの専門性を高めるため、各自の興味に応じた専門科目(専門演習、フランス文学・文化・社会研究)を置く。
  • 関心のあるテーマについての研究を掘り下げ、十分な時間をかけてレポート・卒業論文を執筆するため、3年次からゼミ(専門ゼミ)を置く。
Page Top