学びの内容

留学制度

生きた語学を学び、国際的な視野を身につける

学生時代は、自分のやりたいこと、新しいことに挑戦する絶好のチャンスです。海外で学び、多くの人に出会う留学体験は、実践的な語学力向上につながるだけでなく、あなたを人間的に大きく成長させてくれるでしょう。
本学にはアメリカ、フランス、台湾、韓国にカトリック大学を中心とした協定校および認定校があり、留学を希望する学生をサポートしています。

白百合女子大学の海外協定校・認定校

フランス
アンジェ

  • Université catholique de l'Ouest(フランス語フランス文学科 協定校)

パリ

  • Université Paris Diderot-Paris 7 (交換留学協定校

     

  • Institut Catholique de Paris(フランス語フランス文学科 認定校)

ディジョン

  • Université de Bourgogne(フランス語フランス文学科 認定校)

トゥール

  • トゥレーヌ学院(フランス語フランス文学科 協定校/短期研修のみ)
ヴィシー
  • カヴィラム(フランス語フランス文学科 認定校/短期研修のみ)
イギリス
チェルトナム
  • グロスターシャー大学(英語英文学科 認定校/短期研修校)
アメリカ

カンザス州

  • Benedictine College(英語英文学科 海外協定校)※1

ミネソタ州

  • College of St.Benedict(英語英文学科 海外協定校)

インディアナ州

  • St.Mary-of-the-Woods College(英語英文学科 海外協定校)

カフォルニア州

  • カリフォルニア州立大学ポリテクニック大学ポモナ校 (英語英文学科 認定校)
  • カリフォルニア大学デーヴィス校 (英語英文学科 認定校)
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校 (英語英文学科 認定校)
  • サンディエゴ州立大学 (英語英文学科 短期研修校)
アリゾナ州
  • アリゾナ州立大学(英語英文学科 認定校)
ユタ州
  • ユタ大学 (英語英文学科 認定校)
カナダ
ブリティッシュコロンビア州
  • ヴィクトリア大学 (英語英文学科 認定校)
  • サイモン・フレーザー大学 (英語英文学科 認定校)
ニュージーランド
オークランド
  • オークランド大学 (英語英文学科 認定校)
オーストラリア
シドニー
  • オーストラリアンカトリック大学 (英語英文学科 認定校)
台湾

  • 静宜大学(交換留学協定校・日本語教育副専攻 海外実習協定校)

韓国

  • ソウル女子大学校 (交換留学協定校)

※1 Benedictine Collegeの学士号が取得できます。白百合卒業後、Benedictine Collegeにて専攻分野を学び、約30単位を修得することで、Benedictine Collegeの当該分野学士号を得ることができます。

交換留学

フランス、台湾、韓国の大学と交換留学協定を結んでおり、学内選考を経て、在学中に1学期間または1年間、交換留学生として現地の学部生とともに学ぶことができます。語学の修得だけでなく、語学を使って専門科目を学びます。留学先で修得した単位は30単位を限度として本学の卒業単位として認められます。

 

長期留学

フランス語フランス文学科、英語英文学科の学生を対象とした、海外協定校および認定校への長期留学制度があります。留学先で修得した単位は30単位を限度として本学の卒業単位として認められます。

フランス語フランス文学科

フランスにある海外協定校や認定校の4大学へ半年または1年の長期留学制度があります。フランス語フランス文学科研究室では、留学先大学や留学生活に関するさまざまな情報提供や、適切なアドバイスを行っています。

英語英文学科

アメリカにある協定校や英語圏の認定校への留学だけでなく、台湾の静宜大学への交換留学制度があります。留学についての相談には、情報提供を含め適切なアドバイスを行っています。

短期留学

夏休みと春休みを利用して行われます。原則として希望者全員の参加が可能で、短期留学で修得した単位は卒業単位として認められます。

フランス語フランス文学科

協定大学とその他認定校への短期留学を認めています。

英語英文学科

他学科の学生も参加できる短期留学を夏休みにアメリカとイギリスの協定校などで交互に実施しています。

海外実習

日本語教育副専攻

日本語教育副専攻を履修している学生を対象に、海外協定校にて実習を行っています(国内での実習を選択することもできます)。

長期留学に伴い、奨学金を給付する制度があります。

協定校等への長期留学(6ヶ月もしくは1年間)後、所定の手続きにより授業料の一部が奨学金として支給されます(留学先の授業料は別途必要です)。

Page Top