ウェルネスセンター


ウェルネスセンターのご紹介

【センター長あいさつ】
宮本信也
(※人間総合学部発達心理学科教授)
 
ウェルネスセンターは、2017年4月に設置されたセンターです。白百合女子大学の学生と教職員の心身の健康の維持・増進と、さまざまな支援を必要とする学生等への対応を大学全体として行うことを主な目的としています。
センターは、健康相談室・学生相談室・学生寮の3部門を統括し、3部門間に留まらず、3部門と大学教職員及び各組織間の連携を通して、上記目的のための活動を行っています。活動の具体的な内容としては、心身の健康に関する相談活動、心身の健康に関する啓発・研修活動、ニーズのある学生への教育支援活動などが主なものです。
ウェルネスセンターは、一義的には、学生が白百合女子大学で充実した学生生活を送ることのサポートと使命としています。一方、学生はサポートされるだけではなく、サポートする側にもなれるという認識のもと、学生支援の活動を通してすべての学生の多面的成長を目指すものでもあります。そのため、今後ボランティア育成等、自らの活動を広げていきたいと考えております。
ウェルネスセンターの活動へのご理解・ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【ウェルネスセンターの役割】
ウェルネスセンター(※以下センター)は、全学生及び全教職員のこころと体の健康を司り、本学の建学の精神であるカトリック教育理念に基づき、全ての人に生き生きと本学での生活を送ってもらうため、人間の尊厳を守り、支援や配慮が必要な人に対し適切な支援体制を整えることがセンターの最も大きな役割と考えています。
センターは統括組織として機能し、それ以外の組織は、その役割により、健康相談室、学生相談室、学生寮という3つの組織に分かれています。
センターは、全教職員や全学生に対する研修会をはじめとした全学に関わること、規程・規約の整備といったインフラ整備を主な活動としていると同時に、健康相談室と学生相談室の情報を集約し、各学科のアドヴァイザー教員との連携窓口として機能しています。常にきめ細かな情報連携を心がけ、充実した学生サポートを行っていきます。
健康相談室は、学生の定期健康診断とそのフォローを中心とした体への対応を司ります。2018年度からは予防医学事業や初等教育学科と連携した救命救急講習会の充実といった新しい事業にも取り組んでいきます。
学生相談室は、臨床心理士による相談業務やそのフォローといったこころの問題への対応を司ります。センターやアドヴァイザー教員を含めた情報連携により、これまで以上にきめ細やかな支援・配慮体制の構築に取り組んでいきます。
学生寮では、1人暮らしをする学生への生活支援をしています。恒久的な施設の維持管理施策や独自イベントなど、充実した学生サービスの提供はもちろんのこと、規程や規約の遵守や、共同生活でのルールを通じた社会教育を実施する場として、本学の教育理念でもある、知性と感性との調和のとれた女性の育成をめざします。

【支援・配慮の基本的な進め方や対応窓口】
ウェルネスセンターが提供する支援・配慮については、ウェルネスセンター事務室が窓口となり、センター長を中心に学生の所属学部学科の関係する教員や職員関係部門と連携を取りながら進めていきます。
健康相談室・学生相談室でも相談は受け付けていますので、まずはご相談下さい。
どこに相談すればよいかわからない場合は、ウェルネスセンター事務室にまずはご相談下さい。

※障害をお持ちで相談や支援をして欲しいと思われる方は、下記にご相談下さい。
・からだの相談・支援は健康相談室へ
・こころの相談・支援は学生相談室へ
・就職等進路の相談・支援、その他のお問い合わせはウェルネスセンター事務室へ
(2号館1階 TEL:03-3326-0107)

ウェルネスセンター事務室のページはこちら
健康相談室のページはこちら     学生相談室のページはこちら    学生寮のページはこちら


Page Top