学びの内容

初等教育学科

2コースに分かれて専門性を養い教師・保育士の資格をめざす。
理論を学び体験を重ね、知力と実践力を兼ね備えた教育者・保育者を育みます。

3つの特色

目的別の資格を取得

幼児教育・児童教育の2コースで資格取得

幼稚園教諭・保育士をめざす「幼児教育コース」と、小学校教諭をめざす「児童教育コース」の2コース。入学時からコースに分かれ、時間をかけて専門性を養います。「幼児教育コース」では、ECEC※の観点から知識と技術を修得。「児童教育コース」では子どもの成長を支え、指導する力を養います。

※ Early Childhood Education and Care( 乳幼児期の教育とケア)


豊富な体験

教育・保育現場に赴いて学ぶ体験学習の科目が充実

2コースともに、初年次から実践の場に赴き、小学校や園で行われている教育・保育に触れる体験学習を用意。大学と教育・保育の現場を往復し、一人ひとりの学生が学びの循環のなかで成長することを目的としています。早期からの実地体験により、円滑に教育・保育実習に進むことができます。


子ども理解の深化

子どもの目線で学ぶ楽しさを体感できる授業

教育・保育現場での体験学習の授業をはじめ、指導法を学ぶ科目、地域の子どもたちとの交流イベントなどで、学生が子どもの目線に寄り添い、学ぶ楽しさを体感できる機会を豊富に設けています。子どもの心身ともに健やかな成長を促す教育者・保育者になることを目的としています。

学びの目的

  • 理論を実践につなげる力を身に付ける
  • 実践を理論に基づいて省察する力を身に付ける
  • 子どもの特性に沿った指導法・援助法を身に付ける

学びの体系

理論(大学) ・保育原理 ・教育原理 ・教師論 など 実践(現場) ・教育体験・保育体験 ・教育実習・保育実習 ・エデュテイメント大学 など 援助法 指導法(大学) ・保育内容総論 ・保育内容演習 ・教科の指導法 など

4年間の学び

大学での学びと現場での体験学習を反復する実践型のカリキュラム

2コースともに初年次から教育・保育現場に赴き、
理論と体験を結び付けて子どもを理解する。

初等教育学科は子どもの成長を温かく見守る心豊かな教育者・保育者を育みます。「幼児教育コース」「児童教育コース」ともに、早い時期から教育・保育現場と大学の往復を繰り返し、学んだ理論や指導法・援助法を、実際に子どもと触れ合うなかで実践します。この経験の積み重ねにより、実習に向けて子どもへの理解を深めていきます。

写真:現場での体験学習風景

幼児教育コース

めざす資格 幼稚園教諭一種・保育士

幼児教育コースでは、大学がある調布市の保育所と連携して1年次後期から体験学習を開始。2年次からは実習に進みます。

1年次 後期から保育体験が始まります。 2年次 後期から保育所実習が始まります。 3年次 後期に幼稚園実習(1回目)を行います。 4年次 前期に幼稚園実習(2回目)を行います。

児童教育コース

めざす免許 小学校教諭一種

児童教育コースでは、1年次前期から小学校等での学習体験を通して教育活動に参加します。子どもの成長過程を見て学びます。

1年次 後期から教育体験が始まります。 2年次 特別支援学校と社会福祉施設で介護等体験を行います。 3年次 後期に小学校で実習を行います。 4年次 夏季に教員採用試験(公立)を受験します。

4年間に渡り学生の成長を見守る、教員による丁寧なサポート体制

幼児教育・保育/児童教育の初歩から実践まで、
一人ひとりの学生を細やかに指導。

少人数でお互いの顔が見える教育環境を生かし、入学から卒業まで一人ひとりの学生に寄り添うように教員がサポートを続けます。学生は教員との距離が近く、質問しやすい環境で体験的に学ぶうちに、次第に教育者・保育者としての自覚が芽生えていきます。各コースに共通するのは、細やかな「事前指導」と「事後指導」。約半年間をかけ、模擬授業などで実習への準備を重ねます。実習後は「振り返り」を重視し、着実に理解を深めます。

写真:教員による丁寧なサポート体制

事前指導(模擬授業・模擬保育等) 実習前には模擬授業や教材研究を行い、指導案を確認。約半年間の準備を重ねてから実習に臨みます。 → 実習 → 事後指導(振り返り)個別、またはグループでの振り返りを通して、実習で得た学びを定着させます。

コース共通の演習科目

体験型・対話型・フィールドワーク。少人数の演習で教育への理解を深める。

2年次の「初等教育基礎演習」ではローテーションで担当教員が変わり、初等教育の基礎を複数の視点で学びます。3年次の「初等教育演習」は教員の専門により形式・内容が異なるゼミで、所属しているコース以外の教員の指導も受けられます。ここでの学びが卒業研究につながります。

4年次には卒業研究に取り組み、保育・教職課程での学びを振り返る

教育・保育現場から自分の課題を見つけ、
4年次に「卒業研究」に取り組む。

体験学習、実習、ゼミなどで教育・保育現場に触れる機会が豊富にあります。体験型の学びを経験するなかで、自分なりの視点で課題を見出し、そのテーマに応じて、調査や作品制作、教材開発等を実施し、4年次に卒業研究を完成させます。担当教員が一人ひとりを丁寧に指導します。

写真:卒業研究

地域連携の保育・教育活動

「人間総合学部 エデュテイメント大学」活動を企画して「教える楽しさ」を実感。

大学と地域の交流イベントとして初等教育学科では「サイエンス(理科)」と「運動遊び(体育)」等を学生が企画。先生役となり、大学を訪れた子どもや保護者と一緒に活動を楽しみます。

写真:地域連携の保育・教育活動

ピックアップ授業

基本を楽しく学びピアノ伴奏を練習
「音楽」

小学校、幼稚園で音楽活動をするための基本的な知識、技能を学びます。ピアノによる簡単なコード伴奏と弾き歌いも練習。グループで、表現することの心地よさを体感しながら、音楽を楽しく学びます。

小学校の「生活科」を体験的に学習
「生活」

小学校低学年に置かれた「生活科」を学びます。幼児教育・保育につながる「生活科」について知ることから始め、学校探検など学習活動の体験、動植物の飼育・栽培などを、保幼小連携を意識しながら学習します。

写真:ピックアップ授業風景

保育体験・教育体験

子どもの発達や学習活動に関わる体験。
初年次から教育・保育現場に入り、経験を重ねる。

子どもたちのなかに入り、実際の声かけや援助などの関わりを持つことにより、教育・保育を肌で感じる経験を積み重ねます。講義だけでは分からない学びを得て、大学での「振り返り」を通して学びを深めていきます。

写真:保育体験・教育体験

必修外国語

英語
選択外国語:フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語

取得可能資格等

  • 幼稚園教諭一種
  • 小学校教諭一種
  • 保育士
  • 司書
  • 司書教諭 ※1
  • 日本語教育副専攻 ※2
  • グローバルビジネスプログラム ※2
  • 児童英語指導者養成プログラム ※2 ※3

※1 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。
※2 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※3 児童英語教育は、教職課程履修者(小)が履修できる課程です。

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top