学びの内容

発達心理学科

人の生涯に渡る「心」の成長と発達を科学的な観点から研究。
心理学の理論、研究方法を学び、「心に関する問い」に応える力を養います。

3つの特色

心の成長や発達を研究

発達心理学・臨床心理学・発達支援を研究

心理学の基礎的な領域をはじめ、心の成長過程を学ぶ発達心理学、心の諸問題に応える臨床心理学、発達支援までを総合的に学べる学科です。学びから養われる人の発達への理解、相手の立場に立って人と接する力は、心理専門職をはじめ、社会のさまざまな仕事に応用ができます。


実践的な学び

科学的方法を用いて論理的に考える力を養う

人の心の動きについて実証的・科学的に分析する方法を学びます。実験や面接、調査など、一定の方法により得られた客観的な情報を数値化し、心理統計学の手法を用いて分析する方法を、1年次から始まる少人数の演習を通して着実に習得。論理的に考える力が身に付きます。


公認心理師カリキュラムに対応

心理専門職公認心理師を育てるカリキュラム

社会のさまざまな分野において、心理専門職としての貢献を目的とする国家資格が「公認心理師」です。白百合は臨床心理士の養成に取り組んできた実績を生かし、公認心理師の受験資格に必要なカリキュラムに対応。本学大学院への内部進学制度を活用し公認心理師をめざすことができます。


心理支援の職業に関わる、唯一の国家資格

公認心理師は保健・医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働などの幅広い分野の心理支援に関わる唯一の国家資格です。学校や病院、子育て支援や高齢者福祉など、将来、心理支援の専門家として、どのような領域・現場で働くにしても、公認心理師の資格が要件となる可能性が高いといえます。

[公認心理師として活躍が期待される分野] 教育 医療 福祉 産業 司法 子育て支援

学びの目的

  • 人の生涯を通じた「心」のメカニズムを探る
  • 観察・実験・調査により論理的な思考力を養う
  • 心の問題を支援するための知識と能力を培う

学びのキーワード

発達心理学 発達支援 臨床心理学 対人関係 生育環境 心理テスト 不登校 精神分析 発達障害 コミュニケーション 赤ちゃん 性格 自分らしさ 高齢化社会 異文化理解 虐待問題 カウンセラー

4年間の学び

1年次 心理学の概要を学び、基礎的な講義・演習がスタート。 2年次 演習形式の授業で理論や知識を学び、研究の方法を身に付けます。 3年次 講義や演習の履修に加え、プレ卒論で研究を深めます。 4年次 発達心理学の基本的なテーマに沿う課題を決定、卒業論文を執筆。 1年次 学部共通科目 1年次から2年次 心理学の基礎 発達心理学の基礎 2年次 調査・研究方法の基礎 3年次から4年次 発展・応用( 演習・特講・実習) 3年次 心理学研究法( プレ卒論) 4年次 卒業論文

発達心理学臨床心理学発達支援を総合的に学ぶカリキュラム

心の成長過程を
科学の観点から分析。

発達心理学とは、胎児期から老年期に至るまでの心の発達的変化とそれに関わる要因について明らかにしていこうとする心理学の一分野です。「発達」という言葉から、子どもが大人になるまでの発達だけをイメージする方が多いのですが、発達心理学では、人間を「一生発達し続ける存在」と捉え、遺伝や性格など個人の内的な要因と、環境的要因の両面から考察します。また、そこで得た専門知識を基に発達障害や精神疾患など、心の問題を抱えた人やその家族に対する支援につ いて学びます。

写真:カリキュラム風景

心理学の基礎および実験・観察と分析の方法を段階的に習得。

1年次

論文・文献を精読する演習。
5名以下で討論を重ねる。

「発達心理学基礎演習A・B」

心理学の文献講読を通して基礎的な知識と心理統計学の基本を習得するとともに、さまざまな研究方法を体験的に学ぶゼミ形式の授業です。初めて出会う用語や心理学の話題を、自ら調べて考え、5 名以下のグループで討論を行います。

写真:発達心理学基礎演習の授業風景

2年次

実験・観察・面接・心理テスト
研究方法を学びレポートを作成。

「心理学実験Ⅰ・Ⅱ」

心理学の研究に用いられる実験、観察などの方法を小グループに分かれて学びます。学生自身が被験者となりデータを収集。それを統計学の考えにより分析し、結果をレポートにまとめて提出。このプロセスを繰り返すことにより心理学研究を進める基本的な力を身に付けます。

写真:心理学実験の授業風景

3年次4年次

発達心理学研究の理論と技法。
プレ卒論・卒業論文を執筆。

「心理学研究法Ⅰ・Ⅱ」

発達心理学を研究するための理論と方法を学ぶ演習です。グループに分かれて実験や行動観察、質問紙による調査、面接などを学習。分析はTAがサポートします。2年次から学ぶ研究レポートの書き方も発展。3年次後期からは独自の主題をまとめる「プレ卒論」に取り組みます。

写真:心理学研究法の授業風景

知識と理論を積み重ねて、専門性を深める

生涯発達心理学・発達臨床心理学を、
基礎から応用に至るまで本格的に研究。

3年次からは選択科目を組み合わせて生涯発達心理学・発達臨床心理学を総合的に学びます。子どもの発達支援、親子の関係、発達障害者の支援、社会心理学などを学ぶ特講の授業を通して専門的な知識を得ていきます。

写真:生涯発達心理学・発達臨床心理学の研究

発達心理学・臨床心理学を多彩なテーマから学ぶ授業

さまざまな専門性を持つ教員が演習を展開。
少人数クラスで人の発達への理解を深める。

専門的な演習科目に参加して実践的に学び、3年後期に「プレ卒論」を執筆します。多彩なテーマで展開される「発達心理学演習」は1科目につき15名前後で、細やかな指導が特長。対象を多面的に学ぶ講義と演習から研究テーマを見出し、4年次に卒業論文を執筆します。

写真:少人数クラスでの授業風景

「発達心理学演習」の副題

  • 発達支援としての歌いかけ・読み聞かせ活動の意義と効用
  • 興味・関心に基づく文献研究の進め方
  • 自己の心理学を学ぶ
  • 発達障害のある児童生徒の理解と支援
  • 発達心理学の視点から学習・教育について学ぶ
  • 家族心理学を学ぶ
  • 乳幼児期の社会的認知発達 ‐比較発達心理学の視点から
  • 文学・映像作品から発達を探る

発達臨床センターを併設しています。

子どもの発達に関する研究、相談・治療を行う発達臨床センターを併設しています。長年にわたる臨床の実践は、社会貢献として、また臨床の専門家養成機関として高く評価されています。

教員・大学院生TAが学習をサポートします。

2年次、3年次では心理学の研究法を集中して学びます。教員の指導に加えて、TA(ティーチングアシスタント)がデータの分析やレポート作成をサポートします。

ピックアップ授業

心を科学する方法を身に付ける
「心理学統計法Ⅰ A・B」

心理学の方法論の一つとなる、心理統計学について学ぶ授業です。統計を行うためのソフトウェアを実際に動かしながら、収集したデータから意味のある情報を抽出するための考え方と方法を習得します。

写真:心理学統計法の授業風景

研究論文の基本的な読み方を修得
「論文講読基礎演習」

心理学に関する研究論文の基本的な読み方を学ぶ授業です。初学者でも読みやすい論文の講読を通して構成を理解し、書かれている内容の要点を押さえ、研究・分析の方法、考察の仕方を学びます。

写真:論文講読基礎演習の授業風景

「社会・集団・家族心理学」

人間は他者をどう理解するか、他者との関係がうまくいったりいかなかったりするのはなぜか、集団の中で人はどう行動するかについて学びます。

「知覚・認知心理学」

人間が感覚器官を通して外界の情報をどのように認識し、理解、判断するのか、心の中で行われる情報処理の仕組みについて学びます。

「臨床心理学特講B」

思春期、青年期の心の問題に焦点をあて、具体的な症例とともに代表的な精神疾患とそれへの対処法について学びます。

必修外国語

英語
選択外国語:フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語

取得可能資格等

  • 認定心理士
  • 公認心理師 ※1
  • 臨床発達心理士 ※1
  • 司書
  • 臨床心理士 ※1
  • グローバルビジネスプログラム ※2

※1 発達心理学科及び大学院にて所定単位を修得後に受験資格が得られます。
※2 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

2018年度卒業論文題目(一部抜粋)

発達心理学

  • 女子大学生のSNS依存と大学生活における不安感情との関連について
  • 大学生における共感性と適応感の関連について
    — 男女差に焦点を当てて —
  • 母親の食意識や食行動が幼児の食生活・生活習慣および健康状態に与える影響
  • 女子大学生における関係的自己の可変性が精神的健康に及ぼす影響
    - 自我同一性との関連から -
  • 両親の養育態度の差異と自己犠牲規範意識との関連
  • 児童期の感動体験が大学生のキャリア形成に及ぼす影響
  • 幼児期における日常的な想像物に対する認識の発達
    — アンパン好きからアンパンマン離れの背景 —
  • 特別支援学級に在籍する児童の行動観察
    — 児童の問題行動とそれに対する教員の指導と支援に着目して —
  • 暗い絵を描く作家の内面における抑圧と昇華について

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top