学びの内容

英語英文学科

異文化を深く理解するとともに、日本の魅力を世界の人々に伝える力と
広い視野を持ったグローバルに活躍できる人材を育てます。

3つの特色

英語の力を伸ばす

実践的な英語の力を段階的に養うカリキュラム

英語の4つの技能(読む・書く・聞く・話す)を中心に、考えを相手に伝える技術を培う「プレゼンテーション」の授業で、英語の発信力を磨きます。充実した留学制度、選択制のプログラムを組み合わせ、国際感覚を養いながら実践的な英語力を身に付けることができます。


多彩な学びの領域

専門性の高い4コースから好きな分野を選択

3年次に、英語圏の文学・文化をイギリス中心に研究するコース、アメリカ中心に研究するコース、英語という言語と異文化コミュニケーションを研究するコース、歴史や文化、文学の国際的な比較研究を行うコースから1つを選択し学びを深めます。4年次に卒業論文または卒業レポートを執筆します。


実践的なキャリア支援

夢を実現するための実践的なプログラムを用意

語学力と専門分野の知識を養う授業に加え、一人ひとりのキャリア形成を支援する実践的なプログラムを設けています。「ホスピタリティ」「児童英語指導者養成」「グローバルビジネス」の各プログラムで、ホスピタリティ業界や教育分野へ貢献する力、海外企業や英語を使う職種への対応力を養います。

学びの目的

  • 高度な英語の運用能力とともに発信力を身に付ける
  • 英語圏の文学・文化を専門的に学び教養を深める
  • グローバルなコミュニケーション能力を養う

学びのキーワード

アメリカン・スタディーズコース 比較文化・文学コース ことばとコミュニケーションコース ブリティッシュ・スタディーズコース イギリス文学 異文化理解 アメリカ映画 移民 ジェンダー・セクシュアリティ プレゼンテーション ホスピタリティ インタラクション ポピュラーカルチャー 留学 グローバルビジネス 海外インターンシップ 英語音声 児童英語指導者

4年間の学び

1年次 フランス語の基礎を身に付け、フランスの歴史と地理を学びます。 フランス語圏文化概論 2年次 フランス語のレベルアップとともに文学・文化の入門科目を履修。 フランス文学概論 専門ゼミ準備研究 2年次アトリエ 3・4年次 選択必修科目は各プログラムに沿って履修。「専門ゼミ」で研究テーマを掘り下げ、意欲のある学生は4 年次に卒業論文を執筆します。 フランス語発展総合/フランス語発展読解 専門ゼミ + プログラム フランス語特別強化 フランス文学社会文化 フランス歴史芸術文化 フランス生活文化 1年次から2年次 フランス語総合/フランス語コミュニケーション

読む書く聞く話すに加え伝えるを養う授業

基礎から英語力を伸ばす授業を展開。発信力を磨く。

少人数クラスで英語の4技能を磨く授業に加え、自分の意思を他者にわかりやすく伝えるための技術習得をめざします。1年次から身近な題材を用いて、段階を踏んでプレゼンテーションを繰り返し行うことで技術の定着を図ります。また、スマートフォンやパソコンを使用したインタビューや、発表をすべて英語で行う授業を通して英語での発信力を磨きます。

写真:発信力を磨く授業風景

入門から論文執筆へとつながる少人数の演習

入門セミナー(1・2年次)3年セミナー(3年次)特別演習(4年次)

演習に取り組み、コース選択に備える。
専門を学び卒業論文・レポートを執筆。

英語の授業に合わせて、1年次から英語圏の言語・文学・文化に親しむ演習が始まります。「入門セミナー」では「イギリス」「アメリカ」「ことば」「比較」の各分野に触れて関心のあるテーマを見つけ、3年次からのコース選択に備えます。「3年セミナー」は興味がある領域を絞り研究。4年次「特別演習」では4年間の集大成となる卒業論文または卒業レポートを仕上げます。

写真:入門から論文執筆へとつながる少人数の演習風景

英語圏の言語・文化・文学を専門的に学ぶ4コースを設置

3年次からはコースを選択して研究。
専門的な知識と実用的な能力を修得。

3年次への進級時に、4コースの中から興味のある分野を選びます。一人ひとりの学生が、専門性の高い学習環境の中で学び、教員・TA(ティーチングアシスタント)の親身なサポートを受けながら知識と能力を段階的に養っていきます。また、自ら調べて研究した内容をまとめる技術も身に付けます。

写真:教員・TA(ティーチングアシスタント)との授業風景

イギリスを中心とする、
英語圏の文学・文化を学ぶ。

「ブリティッシュ・スタディーズ」コース

「イギリス史Ⅰ」では中世から近代にブリテン島で立憲君主制が成立した過程を学びます。「イギリス文学史A 」はシェイクスピア作品を中心に、社会や文化的な背景を考察。

扱うテーマ
  • イギリスの歴史
  • イギリスの文化
  • イギリスの文学
  • イギリスの社会

アメリカを中心とする、
英語圏の文学・文化を学ぶ。

「アメリカン・スタディーズ」コース

「アメリカ文学史Ⅰ」では20 世紀アメリカ文学と社会を考察。『グレート・ギャツビー』『キャッチャー・イン・ザ・ライ』などの作品を取り上げ、社会背景を踏まえて研究。

扱うテーマ
  • アメリカの歴史
  • アメリカの文化
  • アメリカの文学
  • アメリカの社会

コミュニケーションツールとしての、
英語を研究する。

「ことばとコミュニケーション」コース

ことばのしくみや働きについて学び、英語のコミュニケーション能力の向上をめざします。英語音声学では、英語の音声を日本語の音声と対照させて、体系的に学びます。

扱うテーマ
  • 英語の音声学
  • 異文化コミュニケーション

すべての授業を英語で行い、
グローバルな視点を養う。

「比較文化・文学」コース

すべての授業を英語で行い、歴史や文化、文学の比較研究を通して国際感覚を養います。日英の翻訳技術の基礎、日本の文化・社会を海外の視点から考察する授業など多彩な科目を用意。

扱うテーマ
  • 文化の比較研究
  • 世界の歴史

ピックアップ授業

モバイル機器で学ぶ双方向型の授業
「Digital Presentation A・B」

スマートフォンやパソコンを使用し、課題についての聞き取りや、成果の発表をすべて英語で行う授業です。ネイティブ教員とともに、英語で「聞く」「話す」能力を養い、人前で話す力や発表する力を身につけます。

3年次からのコース選択に備える科目
「入門セミナー(イギリス/アメリカ/ことば/比較)」

初年次から履修が始まる、「イギリス」「アメリカ」「ことば」「比較」の入門科目です。英語圏の文学・文化の基礎的な知識、英語という言語の捉え方、文化の比較・考察の仕方を学び、興味と関心を探ります。

ピックアップ授業風景

必修外国語

フランス語、ドイツ語、中国語( いずれか1 科目を選択)

実践的な3つのプログラム

4年間のカリキュラムに加えて、将来の選択に役立つ実践的なプログラムを設けています。ホスピタリティ業界で活躍したい人、子どもへの英語の指導者をめざす人、世界を舞台に働きたい人をサポートします。

ホスピタリティ・マネジメントプログラム

ホスピタリティの知識と技能を修得して、
さまざまな分野に貢献できる力を養う。

プログラムの特徴

航空・ホテル・観光などの職種で役立つ知識を学びます。ホスピタリティの意味を正確に理解し、異なる文化的な背景を持つ人への接し方や、実践的な英語力を習得します。

学べる内容

ホスピタリティ業界で必要となる実用的な英語や、基本的なビジネスマナーをはじめ、業界・企業の研究、外部講師の講演、海外研修など、4年間を通し実践的に学びます。

写真:ホスピタリティ・マネジメントプログラム

担当教員からのメッセージ(動画)
島田先生

受講学生からのメッセージ(動画)
学生1
学生2
学生3
学生4

卒業生からのメッセージ(動画)
卒業生Uさん

現在、国内大手旅行会社勤務4年目の卒業生Uさん。中国特別行政区マカオで駐在中です。旅行、ビジネス、CM撮影の手配と仕事内容は多岐にわたり、日夜、奮闘しています。学生時代は「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」を履修。授業では、生きた英語と女性と してどのように働きたいかを 学んでいました。海外で働くこと、人が喜ぶ仕事に興味がある皆さん!是非、「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」で一歩を踏み出しましょう!

児童英語指導者養成プログラム

英語学、指導理論、学習理論を学び、
子どもに英語を教えるための力を培う。

プログラムの特徴

「基礎コース」「実践コース」の2コースを用意。修了後は、小学校の英語科活動や支援者、児童英語教室の教員など、幅広い分野での活動が期待されます。

学べる内容

子どもに英語を教えるための理論と知識、教授法を学びます。「観察実習」では公・私立の小学校で授業を参観。「ワークショップ」では外国語活動の授業を実習し教える力を養います。

写真:児童英語指導者養成プログラム

グローバルビジネスプログラム(GBP)

海外で働く、グローバル企業で活躍する。
国際的な就業力を養うためのプログラム。

プログラムの特徴

将来は海外で働くことや、英語を使う職種で活躍したい学生に向けたプログラムです。専門の学びをもとにビジネスで求められる実践力を養います。

学べる内容

ビジネス英語、企業と協働する課題解決型授業、ビジネスの基礎知識とマナーを身に付ける授業など幅広い科目から学びます。海外企業でのインターンシップ研修も充実しています。

写真:グローバルビジネスプログラム(GBP)

一人ひとりの希望に応える留学制度

海外の協定校・認定校との留学制度を整備。
多様な価値観に触れ、英語の力を高める。

本学科を対象とする海外協定校・認定校は、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにあります。中・長期留学、短期留学など、多くの学生が海外留学を経験します。

留学費用をサポートする奨学金制度 半年 175,000円 ~ 1年 350,000円 本学の留学制度を活用し、協定校・認定校へ留学した場合、期間に応じて上記の奨学金を給付しています。

将来に役立つTOEIC 対策、ビジネス英語。

TOEIC対策

留学や就職活動に備える、外部英語試験対策の授業も用意しています。「TOEIC 入門」「TOEIC 初級」で基礎的な力を固め、「TOEIC 中級」「TOEIC 上級」で段階的にスコアアップをめざします。白百合ならではの少人数クラスで、丁寧に学びます。全学年対象。

ビジネス英語科目

「ビジネスコミュニケーション」ではビジネスの様々な場面で役立つ会話の仕方を修得。「ホスピタリティ・マネジメント」「グローバルビジネス」の各プログラムでもビジネス英語を学ぶことができます。

取得可能資格等

  • 中学校教諭一種(英語)
  • 高等学校教諭一種(英語)
  • 日本語教育副専攻 ※1
  • グローバルビジネスプログラム ※1
  • 児童英語指導者養成プログラム ※1
  • 司書
  • 司書教諭 ※2

※1 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※2 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。

履修モデル

※履修モデルは、何をどのような順に学んでいくかを示すために卒業要件や資格取得要件等を元に作成したものです。ここに掲載する履修モデルはあくまで一例です。

2018年度 卒業論文題目(一部抜粋)

英米文学・文化

  • 家庭の天使に反する家庭教師ジェーン・エアが表現する新しい女性像
  • 二つの飲み物から香るジョン・ロックの政治観 ─ 紅茶の支持とコーヒーの嫌悪 ─
  • 黒人音楽の大衆化 ─ ブルースとジャズの歩み ─

ことばとコミュニケーション

  • 異文化における、笑顔がもたらす非言語コミュニケーションの相違
  • バイリンガルニュースによる日英のコードスイッチング
  • 子どもの本の読み聞かせと英語教育
  • 誤答分析から学ぶ第二言語習得

比較文化・文学

  • 白百合女子大学におけるカトリック教育の意義について
  • 日本の“Kawaii”文化の根源
  • 翻訳過程はどれほど翻訳作品に影響するのか ─『 赤毛のアン』の場合
  • 日本において女性が管理職へ昇進する際の阻害要因とその実態

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top