学びの内容

国語国文学科

日本固有の「文学」と「言葉」を専門性の高い教員から学び
古典から近代にいたる文学作品、日本語の成り立ち、日本語教育について研究します。

3つの特色

幅広い領域の文学研究

日本文学の多様な領域を興味に応じて研究

上代から近代にいたる、すべての時代の文学研究者がそろっています。時代を超えて読み継がれる古典から、現代の流行作家まで、一人ひとりの興味と関心に応じて好きな分野を学ぶことができます。また、演劇や落語、浮世絵に加え、映画化された作品と原作の比較など多様な領域を研究できます。


日本語の研究と分析

日本語の変遷としくみを学び理解を深める授業

ふだん何気なく使用している日本語の理解をめざします。文法や文節などから漢字や仮名、ローマ字、ことばの意味の変化など日本語の変遷と成り立ちをひもとくとともに、若者言葉や敬語などの言葉や表現についても考え、ことばの奥深さを研究します。


日本語教育・国際交流

日本語の教え方を基本から学ぶ副専攻を設置

今世界で日本や日本の文化に興味を持つ人が増えています。国語国文学科では、「日本語教育副専攻」を設置。教え方を学ぶ授業に加えて、留学生と一緒に学ぶ授業もあるので交流する機会もあります。また、実習は国内だけではなく海外で行うこともできます。


日本語教育副専攻

授業と実習を経験して、
日本語教員に必要な知識と教授法を学ぶ。

「日本語教育副専攻」(全学科対象)では日本語を母語としない方への、言語の教授法を学習します。ふだん、使い慣れている「日本語」を新たな視点から捉え直すとともに、海外協定校の学生との交流を通して、異文化理解についても考えます。国語国文学科では卒業単位と重なっている単位もあり、履修しやすくなっています。

写真:日本語教育副専攻の授業風景

学びの目的

  • 日本の各時代の文学の繊細な魅力に触れる
  • 日本語の特性を学び正しい日本語を身に付ける
  • 日本の文化を見つめ直し海外に発信する力を磨く

学びのキーワード

文学研究 日本語分析 日本語教育 映画演劇 ミュージカル アニメ 詩 流行語 異文化体験 短歌・俳句 源氏物語 海外留学 コミュニケーション J・POP 落語 恋愛小説 歌舞伎

4年間の学び

1年次 基礎演習で必要な知識を吸収し、研究する姿勢を培います。 基礎演習[古典][近代][変体仮名][漢文] 2年次 国語学・国文学の幅広い分野に目を向け、研究テーマを探ります。 総合研究 3年次 専門性の高い演習「テーマ別研究」を履修。研究活動をスタート。 テーマ別研究Ⅰ~Ⅳ 4年次 担当教員の指導のもと、4年間の集大成となる卒業論文を執筆。 テーマ別研究Ⅰ~Ⅳ 卒業論文 1年次から4年次 専門科目( 文学・歴史・日本語学など) 2年次から4年次 日本語教育副専攻

1年次[基礎演習]

少人数制の演習で古典近代変体仮名漢文の基礎を身につけます。

文学を読み、解釈する入口となる演習。
課題の取り組み方や発表の仕方も学ぶ。

「日本文学」「日本語」から、好きな分野を見つけて研究を進めるための基本的な知識と技術を身につける演習には「古典」「近代」「変体仮名( 古い仮名)」「漢文」の4科目があります。どの科目も、自分で調べて発表する機会を設けており、知識を得ながら相手の意見を聞く力、伝える力を養います。「古典」は『百人一首』『徒然草』などの講読を通して古典文学を読む視点を習得。「近代」は詩、小説、演劇などを研究し、考察する力を蓄積。「変体仮名」は古典の講読に必要な「くずし字」の読み方、「漢文」は漢詩・漢文に親しむための基礎を学びます。

写真:基礎演習の授業風景

2年次[総合研究Ⅰ・Ⅱ]

すべての専任教員が週替わりで登壇する授業。研究したい分野を探究します。

学問領域の全体像に触れ、
3年次以降の研究テーマを探し始める。

「総合研究」は広範な日本文学・日本語研究の全体像に触れる科目です。各分野に精通した専任教員が、全員登壇します。毎回の授業を通じて興味・関心を絞り込み、各分野の課題図書も精読します。3・4年次の専門的な研究に向けての基礎知識や心構えを養います。

写真:総合研究Ⅰ・Ⅱの授業風景

3・4年次[テーマ別研究Ⅰ~Ⅳ]

研究の集大成として卒業論文を完成させます。

研究課題を探究する専門性の高い演習。
卒業論文の執筆につながる学びを実践。

3年次からは研究テーマを専門的に探究する演習に進みます。10~15名ほどのクラスで、興味のある分野を掘り下げて学びます。文献を調べて、関連分野の研究論文を読み、発表と討論を行い、考察を深めていきます。担当教員のきめ細やかなサポートのもとで研究活動を続け、4年次に卒業論文を完成させます。

写真:テーマ別研究Ⅰ~Ⅳの授業風景

テーマ別研究で探究できる領域

古典文学

奈良時代から江戸時代までの文学作品が対象です。代表的なものでは、奈良時代なら『万葉集』『古事記』、平安時代なら『伊勢物語』『落窪物語』『源氏物語』『枕草子』、鎌倉時代なら『とりかへばや物語』『宇治拾遺物語』、室町時代なら『浦島太郎』『木幡狐』などのお伽草子、江戸時代なら西鶴や芭蕉があり、演劇・落語・浮世絵なども研究対象です。

近代文学

近代の文学作品は、簡単に手にとって楽しむことができますが、1・2年次の学びを体得したとき、新たな姿が見えてきます。『源氏物語』は現代小説や私たちの生き方にどんな影響を及ぼしているのか、『吾輩は猫である』からアニメ『猫の恩返し』に至るまで「猫」はどのように描かれてきたか、宝塚とディズニーの比較など、興味のあるテーマを掘り下げていきます。

国語学・日本語教育

『万葉集』の時代から現代に至るまでの文学作品や辞書などを活用しながら、漢字や仮名、ローマ字、係り結び、ことばの意味の変化など、日本語の特徴や歴史を探究します。また、日常生活で気になる言葉や表現( 若者言葉、流行語、方言、敬語など)、あるいは日本語を母語としない人が日本語を学ぶときに直面する問題点について考えます。
 

ピックアップ授業

作品から日本文学の歩みをたどる
「文学史」

『古事記』『万葉集』など奈良時代の作品、『源氏物語』『枕草子』など平安時代の作品から鎌倉・室町・安土桃山・江戸の各時代、明治から昭和以降の日本文学史を丁寧にたどり理解を深めます。

日本語を客観的に分析して理解する
「国語学概論」

日常的に使っている日本語を客観的に分析します。音声や文字の歴史、文法について理解を深めたり、方言や待遇表現など、これまでの国語の授業ではあまり取り上げられていない分野について学びます。

写真:ピックアップ授業の授業風景

必修外国語

英語、フランス語、中国語(いずれか1科目を選択)

取得可能資格等

  • 中学校教諭一種(国語)
  • 高等学校教諭一種(国語)
  • 日本語教育副専攻 ※1
  • グローバルビジネスプログラム ※1
  • 司書
  • 司書教諭 ※2

※1 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※2 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。

履修モデル

2018年度 卒業論文題目(一部抜粋)

古典文学

  • 『枕草子』の「をかし」の表現について — 植物の表現を中心に —
  • 八代集における雨を表す語彙の意味・用法についての研究
  • 紫の上が『源氏物語』最愛のヒロインになるまで — 光源氏と紫の上の関係について —
  • 鬼の生態について

近代文学

  • 樋口一葉が描く女性像 — 当時と現代の女性を労働状況から比べる —
  • 『風立ちぬ』論 — ジブリ映画『風立ちぬ』と小説『風立ちぬ』 —
  • 谷崎潤一郎『春琴抄』と『猫と庄造と二人のをんな』 — 過去を語ることで得られる自己愛 —
  • 司馬遼太郎「殉死」論 — 軍人としての乃木・詩人としての乃木 —

国語学・日本語教育

  • 日本語と韓国語のオノマトペの比較 — 食感に関するインタビュー調査をもとに —
  • 女子大学生が使用する「かわいい」の意味について
  • 日本語方言における挨拶言葉の研究
  • 類義語の使い分けについて — 「よほど」と「よっぽど」、「やはり」と「やっぱり」、「それなのに」と「なのに」の分析 —

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top