新着情報

本学国語国文学科・井上隆史教授の寄稿が読売新聞に掲載されました

2022年9月18日

本年9月10日付の読売新聞(夕刊)に、本学文学部国語国文学科の井上隆史教授による「ノーベル賞の社会的意味 検証」と題した寄稿が掲載されました。

この寄稿は、ドイツで行われた賞に関する国際シンポジウム "Literature in the Nobel Era: Regimes of Value" に参加した井上教授が寄せたもので、香港メトロポリタン大学のマイケル・カチー・チャーク氏とともに行った共同発表に触れながら、時代や社会の中でのノーベル賞の役割や抱える課題について語っています。

※紙面をクリックするとPDFの画面が開きます。


(国語国文学科研究室)
    Page Top