フランス語フランス文学科

フランス語をしっかり習得し、さらに4つのプログラムによって、
文学、歴史、芸術、映画、ファッション、食文化などを幅広く学べます。

3つの特色

一人ひとりの習熟度に合わせた少人数教育

フランス語科目は未習者と既習者、それぞれ1クラス20 人以下の少人数で授業を行います。日本人教員はもとより、学科研究室にはネイティヴ教員やフランス人TAもいて、一人ひとりの習熟度に合わせたきめ細かな指導を実施。3 年次までに540 時間の授業を受けることで確かなスキルが身に付きます。


演習でアカデミック・スキルと論理的に伝える力を養う

1 年次から演習形式の授業がスタートし、調査、研究の方法や発表の仕方など、大学での学びの基本( アカデミック・スキル)を身に付けます。また地理を知り、歴史をひもといて、フランスの文化と人々の生活の豊かさに触れます。発表する機会を多く設けることで、自身の研究を他者に分かりやすく伝える力も養います。


興味や関心のあるテーマを深く掘り下げる

研究テーマを深める「専門ゼミ」に加え、フランスの言語や文化に関連するテーマの中から選択する「4つのプログラム」を用意しています。この両者を組み合わせて、文学、芸術、ファッション、サブカルチャー、食文化など興味や関心のある分野を深く掘り下げます。

学びのキーワード

言語 歴史・芸術 生活 文学・社会 留学 フランス語検定 音楽 映画演劇 ルネッサンス アニメ 絵画 ファッション 文化研修旅行 食文化 ポップカルチャー 小説 哲学 詩

4年間の学び

1年次 フランス語の基礎を身に付け、フランスの歴史と地理を学びます。 フランス語圏文化概論 2年次 フランス語のレベルアップとともに文学・文化の入門科目を履修。 フランス文学概論 専門ゼミ準備研究 2年次アトリエ 3・4年次 選択必修科目は各プログラムに沿って履修。「専門ゼミ」で研究テーマを掘り下げ、意欲のある学生は4 年次に卒業論文を執筆します。 フランス語発展総合/フランス語発展読解 専門ゼミ + プログラム フランス語特別強化 フランス文学社会文化 フランス歴史芸術文化 フランス生活文化 1年次から2年次 フランス語総合/フランス語コミュニケーション

個別指導を実践する、フランス語カリキュラム

教員が、一人ひとりの習熟度を把握。
未習者でも安心なフランス語の授業。

入学時に未習者(6クラス)と既習者(1クラス)のクラス編成を行い、初心者も安心して学び始めることができるカリキュラムを用意。20名以下の少人数クラスで初歩から学び、フランス語を着実に身に付けます。1年次の授業は週5回。基礎から文法を学び、フランス人の教員による発話、会話の授業も始まります。授業以外の時間にも、教員・TAが親身になり一人ひとりの学びをサポートしています。

写真:フランス語の授業風景

フランス語の授業時間 3年次までに540時間 1年 225時間 2年 180時間 3年 135時間 語学レベル 約90% TCF-A2以上のレベル A1 9% A2 84% B1 7% 語学力を測るフランス国民教育省認定のテスト、TCFを毎年12月に学内で実施。2年生の90%以上がTCF-A2(仏検準2級相当)以上に到達。

研究の基礎知識と、調査・発表する力を培う演習

フランスの文化と文学を幅広く学び、
論理的に発表する力を段階的に高める。

1年次から演習形式の授業も始まります。フランスの文化・文学と歴史を広く学び、世界を見渡す新たな視点を養いながら、自分で調べて考え、発表する技術と、導き出した意見を論理的にまとめるレポート作成の仕方を修得。検定試験対策や会話力を高めるための「2年次アトリエ」もあります。

写真:演習風景

プレゼンテーションの基礎力を習得 「フランス語圏文化概論」(1年次) フランス語圏の地理・歴史・社会・文化の基礎をさまざまな角度から学ぶ演習です。テーマを見つけ、相手に分かりやすく伝える力も養います。 → 論理的なレポート作成の方法を学習 「フランス文学概論」(2年次) 中世から現代までのフランス文学史を俯瞰し、代表的な作品を読み解く力を身に付けるとともに、作品の社会的・歴史的な背景も学びます。 検定試験対策・フランス語での会話・作文 「2年次アトリエ」 必修のフランス語に加えて、目的に応じて履修できる授業です。資格試験に備える勉強やヒアリング・スピーキング、作文などを学びます。

「専門ゼミ」のテーマ研究 & 興味に応じて選ぶ「プログラム」による深い学び

選んだテーマについて対話と討論を重ね
研究の成果を発表する「専門ゼミ」。

テーマは文学作品の映画化や、フランスの精神史、17 世紀の演劇と神話など多彩です。1クラスの人数は3・4 年生合わせて20 名程度で、ディスカッションや発表の仕方、研究の方法、論文の書き方などを習得します。さらに、自分の興味・関心や目的に応じて選ぶ「プログラム」を選択して学ぶ領域を広げます。

写真: 専門ゼミの授業風景

専門ゼミのテーマ

  • めざせ、テツガク女子
  • サブカルチャーから見る戦後フランスと日本の精神史
  • 19 世紀パリ生活誌-文学・芸術作品と19 世紀の衣食住
  • 「フランス・フランス語圏のArt de vivre 」を考える
  • ことばと文化︲ カルチャー・ショックを/から考える:テーマ「甘え」
  • レトリックゼミ
  • 第二次世界大戦: 歴史と記憶
  • 作品分析とリライト・アダプテーション

好きなこと、興味のあること、新しく知りたいこと。
将来の目標も見据えて選択できる「4つのプログラム」。

フランス語の運用能力を高める

フランス語特別強化プログラム
[通訳・翻訳・留学・教育]

将来、フランス語に関わる職業や研究を目指す人に最適な、フランス語の能力を伸ばすプログラムです。

扱うテーマ
  • 翻訳
  • フランス語教育
  • フランス語コミュニケーション

現代社会を広く理解する

フランス文学社会文化プログラム

フランス文学、社会問題や政治にとどまらず、アニメやサブカルチャーなど現代文化の理解を深めます。

扱うテーマ
  • 文学
  • EU
  • フランスアニメ
  • ポップカルチャー

文化の教養を深める

フランス歴史芸術文化プログラム

歴史や美術・音楽・バレエ・映画などの教養を深めます。旅行・観光・文化事業分野を目指す人に。

扱うテーマ
  • バレエ
  • 歌曲
  • 映画・演劇
  • 絵画

衣・食・住を中心に学ぶ

フランス生活文化プログラム

フランス料理やファッション、日本とフランスの文化の比較など、私たちに身近な「衣・食・住」に関して学びます。

扱うテーマ
  • 料理
  • ファッション
  • 日仏生活文化比較

必修外国語

英語、ドイツ語、中国語(いずれか1科目を選択)

取得可能資格等

  • 中学校教諭一種(フランス語)
  • 高等学校教諭一種(フランス語)
  • 日本語教育副専攻 ※1
  • グローバルビジネスプログラム ※1
  • 司書
  • 司書教諭 ※2

※1 所定の単位を取得すると、本学発行の「修了認定書」が授与されます。
※2 司書教諭は、教職課程履修者(小・中・高)が履修できる課程です。

履修モデル

2020年度卒業論文題目(一部抜粋)

文学

  • 『八十日間世界一周』におけるアウダ夫人の存在意義 —女性たちの置かれた立場—
  • レ・ミゼラブルへのまなざし ユゴーがとらえた貧困の実存的な射程とは
  • デ・グリュの幻想と執着 マノン・レスコーは悪女だったのか
  • 『 シンデレラ』から読み解く女性像の変化

文化

  • 闇の中に光を見出した画家シャガール —連作《聖書の言葉》からみる平和への渇望—
  • パリ症候群 概念の誕生から今までの変化
  • フランスのことわざにおける動物
  • フランスチーズはなぜ魅力的なのか
  • 宝塚版『ベルサイユのばら』からみるマリー・アントワネット

アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー

Page Top